オブジェクト スキーマを扱う

オブジェクト スキーマは実際の CMDB です。これは、オブジェクト タイプとその属性、オブジェクト、それらの間の参照のコレクションです。ロール、アイコン、ステータス、自動化ルールなどの設定項目も含まれます。オブジェクト スキーマは、すべてをまとめたマップのように機能します。さまざまなオブジェクト スキーマがあり、課題やリクエストからその中のオブジェクトを参照できます。

いくつでも自由に設定可能

たとえば、HR プロジェクトに付加価値を与える、すべての関連した HR データを収集する HR オブジェクト スキーマがあるとします。これには、従業員、職場、事業分野に関する情報と、キーボード、モニター、ラップトップなどの従業員の資産に関する情報を含められます。これらはまとめてリンクされるので、ある従業員をクリックすると、オフィス、個人に割り当てられたラップトップ、またはキーボードに関する情報を含む、その他のオブジェクトがすぐに表示されます。

ITSM テンプレートのサンプル スキーマは、次のように表示されます。

  1. オブジェクト タイプ: ツリー構造で編成された、スキーマ内にあるすべてのオブジェクト タイプのリスト。
  2. オブジェクト: 選択したオブジェクト タイプ内のオブジェクトのリストと、それらに関する詳細。ご覧のとおりこれらのオブジェクトはすべて異なりますが、名前モデルシリアル番号などの同じ情報を使用します。

Quick overview

簡単な概要については、オブジェクト スキーマの動画をご覧ください。


オブジェクト スキーマを開始する

次は、必要なすべての情報が掲載されているページ リストです。

最終更新日: 2021 年 10 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.