インポートのコンセプトを理解する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Insight では、次の 3 つの要素で構成されるインポート設定を作成してデータをインポートします。

  • 基本のインポート設定
  • オブジェクト タイプ マッピング
  • 属性マッピング (オブジェクト タイプ マッピングと対になる)

設定を作成すると、データ (同期されている場合) が更新されたデータ ソースから引き続きインポートされて、いつでも編集して改善できます。このページは、インポート設定の一部と、作成する必要のあるマッピングを理解するのに役立ちます。データのインポートに取り掛かる前にご確認ください。

インポート設定を完了する

Insight で作成された後のサンプル インポート設定は、次のように表示されます。これは、このページで説明されている概念を理解するのに役立ちます。

  1. 基本のインポート設定: データがいつどこから収集されるかを設定します。これがデータ ソースとなります。
  2. オブジェクト タイプ マッピング: データのターゲット オブジェクト タイプ。データに関係するオブジェクト タイプごとに個別のマッピングを作成する必要があります。
  3. 属性マッピング: データ ソース内のデータ ロケーターと Insight 属性間のマッピング。これらの属性は特定のターゲット オブジェクト タイプ用であるため、このマッピングは常にオブジェクト タイプ マッピングと連動します。 
  4. 別のオブジェクト タイプ マッピング (折りたたまれている): 別のオブジェクト タイプ マッピングで、展開すると属性マッピングも含まれます。1 つのインポート設定には、必要な数のオブジェクト タイプ マッピング (および関連する属性マッピング) を含められます。

設定をインポートする

基本のインポート設定の作成は、オブジェクト スキーマの [インポート] にアクセスする際の最初のステップです。このステップに従う際は、次の詳細を設定します。

tip/resting Created with Sketch.

インポート タイプ、各タイプで利用可能なフィールド、定義済みの構造と設定を確認するには「1. インポート設定を作成する」に移動してインポート タイプを選択します。

インポート タイプ

データ ソースのタイプです。これには、CSV、データベース、Jira ユーザー、JSON などが含まれます。選択したインポート タイプによって、入力が必要な詳細は異なります。

インポート フィールド

インポート タイプを定義するフィールドです。単純な名前や説明から連結子や日付形式まで、これらのフィールドは Insight にデータ ソースの処理方法を指示します。インポート フィールドはインポート タイプに固有です。

スケジュール作成

オブジェクトを最新の状態に保つために、データ ソースを定期的に同期すべきかどうかに関する詳細が示されます。インポート準備の設定でいつでも有効にできます。

定義済みの構造と設定

インポート設定を作成する前の最後のステップは、Insight に定義済みの構造と設定を作成するかどうかを選択することです。これらはオプションで、作成された場合でもデータをインポートした後に変更できます。

  • 定義済みの構造: インポート モジュールは、データに基づいて属性とともに Insight オブジェクト タイプ構造を作成します。これは、オブジェクト タイプ マッピングを作成していない場合にのみ利用できます。
  • 定義済みの設定: インポート モジュールは、属性、データ ロケーター、IQL 参照、設定項目の間のマッピングを作成します。オブジェクト タイプの名前とインポート モジュールから提供された属性名に基づいて、Insight は設定に追加する必要があるオブジェクト タイプを決定します。構造なしでも、定義済みの設定を使用できます。

オブジェクト タイプと属性マッピング

Insight は、データがどこに向かっているのかを知る必要があります。作成して定義済みの構造と設定で十分な場合を除いて、オブジェクト タイプとそれに関連する属性マッピングを作成する必要があります。定義済みの構造を作成していても、ほとんどの場合でいくつか編集してレビューする必要があります。

tip/resting Created with Sketch.

マッピングを設定する際に必要となるフィールドとその意味の詳細については「2. オブジェクト タイプと属性マッピングを作成する」をご参照ください。


オブジェクト タイプと属性マッピングのペア

オブジェクト タイプ マッピングとその属性マッピングの例を次に示します。これらは常にペアになります。

上の例では、マッピングは従業員のオブジェクト タイプに対して指定されています。これは、属性マッピングがこのオブジェクト タイプにマッピングされた属性に対してのみ、データ ソースからデータをインポートすることを意味します。データが複数のオブジェクト タイプに属する場合は、そのようなマッピングをそれぞれ別々に (同じインポート設定内で) 作成する必要があります。 

この例は、次に示すような単純な CSV ファイルに基づいています。

ソース CSV ファイル
Name,Computer
Alex,PC
Sara,Mac

CSV ヘッダー (Name, Computer) は、関連する Insight 属性 (Name, Computer) にマッピングされます。"Name" はテキスト フィールドだったので、追加のオブジェクト マッピング (IQL) は不要です。"Computer" は別のオブジェクト タイプへの参照なので、IQLプレースホルダーと併用しました。

<Referenced object type identifier, Label> = {Header from the CSV file where Insight should look for data, Computer}

この例がどのように作成されたかを示す動画をご覧ください。

参照を含むオブジェクトのインポート

規定の属性 (テキスト、日付など) のデータをインポートすることは問題ではありませんが、他のオブジェクトへの参照を持つオブジェクトのデータでは扱いにくい場合があります。Insight でオブジェクト タイプの構造を作成しておくと、オブジェクト タイプを把握できて 1 つずつマッピングできます。問題がある場合は、いくつかの例に関する「オブジェクト タイプのリファレンス」をご参照ください。

次のステップ

準備ができたら「1. インポート設定を作成」に進みます。

最終更新日: 2022 年 2 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.