課題に取りかかる

Jira Service Desk では、カスタマー リクエストは自動的にキューになるため、取り組む必要がある課題を簡単に見つけられます。このページでは、カスタマーの課題への取り組みとその課題の管理に関する詳細や、課題のコンセプトについて説明します。課題の作成、編集、および課題での共同作業については、次のステップで説明します。

このページの内容:

課題とは ?

様々な組織が Jira を利用して、異なる種類の課題を追跡します。 どの組織が Jira を使用しているかによって、課題はソフトウェアバグ、プロジェクトタスク、ヘルプデスクチケット、休暇取得依頼フォームなどを表します。

Jira Service Desk では、課題はエージェントが取り組む作業のパケットです。IT サービスデスクでは、これはインシデントや変更、サービス リクエストなどを表します。たとえば、「プリンターが動作しない」という顧客リクエストは、顧客ポータルでは以下のように表示されます。

エージェントは、内部的に取り組むサービスデスク プロジェクトの課題を選択します。すると以下のような画面が表示されます。

履歴とアクティビティタブには、どんなアクティビティが表示されますか?

課題の履歴タブには、次の情報が記録されます:課題の作成者(これは報告者と同じであることもありますが、明確です)、課題フィールドの変更、ファイルの添付、コメントの削除、作業ログの削除を、課題リンクの作成または削除などです。

アクティビティタブでは同じ情報に加えて、コメントといった追加情報を提供します。しかし、特に課題に関するアクティビティが多数ある場合は、こうした情報はゆっくりロードされます。

次のステップ

課題をマスターするため、以下のページをご覧ください:   

最終更新日 2019 年 3 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.