課題での編集とコラボレーション

Jira Service Desk 課題における編集とコラボレーションを進めるのに役立つ、以下のヒントとコツを利用して、顧客のリクエストを効率的に解決しましょう。

このページでは、課題の編集とコメントの基本的な方法を確認できるほか、次の操作の参考情報を確認できます。

  • Wiki ツールバーを利用してコメントや説明を装飾する
  • チームと課題を共有し、リクエスト参加者を追加する
  • ラベルと課題のウォッチャーで課題を追跡する

このページの内容

ファイルやスクリーンショットの添付

管理者が添付ファイルを有効化している場合、ユーザーやカスタマーはファイルやスクリーンショットを作業中の課題に添付できます。詳細は、「ファイルやスクリーンショットを課題に添付する」を参照してください。

課題でのコラボレーション

ボタンを使用して他の Jira ユーザーと課題を共有することで、チームに情報を継続的かつ簡単に提供できます。管理者が匿名アクセスを有効にしている場合、Jira ユーザーではないユーザーのメール アドレスを入力して課題を共有することもできます。

課題について他のメンバーの助けが欲しい場合、課題の説明またはコメントに「@」とユーザー名を入力することで彼らにメンションできます。ユーザー一覧の先頭には、素早く選択できるよう、報告者やコメント作成者など、課題に既に携わっているユーザーが表示されます。課題の説明やコメントを保存しないとメンションしたユーザーへの通知は行われないことに注意してください。Jira Service Desk では、管理者はリクエスト参加者を有効にし、別の課題フィールドとして表示できます。顧客リクエストの解決を支援するために、サービス デスク プロジェクトから他のエージェントや顧客を追加することもできます。

課題の詳細を編集する

どのような権限が必要ですか?

課題を編集するには、その課題が関連するプロジェクトの課題の編集プロジェクト権限が必要です。この権限を持っていない場合、管理者に連絡してください。 

既存の課題を編集するには、[編集] を選択して課題の編集ダイアログボックスを開きます。編集する必要があるフィールドを変更したい場合、[フィールド設定] > [カスタム] を選択し、表示または非表示にしたいフィールドを選択します。[更新] を選択して変更を保存します。

課題にコメントする

どのような権限が必要ですか?

課題にコメントを追加 (コメント ボタンを表示) するには、その課題の関連プロジェクトで次の両方のプロジェクト権限を持っている必要があります

  • プロジェクトの参照権限でコメント対象の課題を表示します
  • コメントの追加権限で課題にコメントを追加します

コメントを追加すると、自動的にその課題のウォッチャー になります。これは、プロファイルの [基本設定] > [自動ウォッチ オプション] で無効化できます。

 対象方法 
コメントの追加

[クリックしてコメントを追加] を選択し、課題に対するコメントを入力します。

コメントの削除
削除したいコメントで、コメントに表示されるごみ箱アイコンを選択します。プロンプトで [削除] を選択して、課題からコメントを削除することを確認します。
コメントの編集

コメントの上にある を選択し、必要に応じて、テキストまたは制限 (表示可能ユーザー) を編集します。修正済みのコメントを保存すると、コメントが編集されたことを示す「編集済み」が表示されます。

[編集済み] にカーソルを合わせると、誰がいつコメントを編集したかを表示できます。

コメントへのリンク

コメントのパーマリンク () アイコンを右クリックして、コメントへの固定リンクをコピーします。コピーした固定リンクをメールまたはチャット メッセージに貼り付けます。

固定リンクをクリックすると、Jira 課題内の特定のコメントにジャンプします。Jira 課題に含まれているコメントのリストが広範囲に及ぶ場合、課題のページは自動的にスクロールダウンされ、リンクされているコメントが表示されます。

コメントの制限

[内部コメントを追加] タブ (他の内部エージェントやコラボレーター用) または [カスタマーと共有する] タブ (カスタマー用) を選択します。


コメントの定型返信

定型返信機能では、課題表示画面からいつでも直接使用できる回答を、作成、編集、および管理できます。プロジェクト内のすべてのエージェントは、保存した定型返信にアクセスできます。エージェント間で互いが作成した定形返信を有効に活用できます。定型返信の一般的な例には次のようなものがあります。

  • 顧客への追加情報の提供依頼
  • 作業が進行中であり、次の更新が 24 時間以内に行われることを伝える簡単なメッセージ
  • 作業を続行する前に契約や合意への承認を顧客に依頼する、長文の返信

定型返信アイコン を選択してコメントを追加すると、定型返信を表示できます。[人気] または [高頻度] 使用メニューから直接返信を追加したり、検索フィールドに返信名を入力して自分の返信を検索し、選択したりすることができます。定型返信はコメント フィールドに追加されます。コメントは必要に応じて編集できます。コメントを追加するまで課題には追加されません。

定型返信を編集するには、 > [返信を編集] を選択してから、変更したい返信を選択して [編集] をクリックします。

定型返信を追加するには、コメント フィールドに追加済みのテキストを使用して開始するか、空白のコメント フィールドから開始します。 > [返信として保存] を選択してから、フォームに返信名と返信を入力し、[保存] を選択します。

あらかじめ用意された応答で変数を使用する

変数は、応答をカスタマイズする強力な方法です。応答で変数を使用することで、課題に関連する情報を応答に自動的に含めることができます。たとえば、報告者の名前を追加したり、課題キーを追加することで、応答をカスタマイズできます。変数の最新のリストは次の画像のとおりです。

wiki マークダウンでテキストを書式設定する

Jira アプリケーションのテキスト書式の表記によって、以下のようなリッチテキスト機能を使用できます:

  • 斜体、太字、下線付きテキスト
  • さまざまなレベルの見出し
  • 箇条書き、番号付きリスト、表、引用
  • 画像
  • マクロ

課題の説明やコメント、リッチテキストフィールドを編集する場合、シンプルな wiki エディターツールパーを開いてテキストをフォーマットし、プレビューを選択して、フォーマットされたテキストがどのように表示されるか確認することができます。レンダラーが使用できる wiki マークダウンは Jira 管理者が有効化、無効化、設定できるため、オプションが少し異なることがあります。

HTMLマクロ

課題に HTML コードを追加できる HTML マクロを使用する際は、{{<body>}} 内に直接含める場合と同じ形式を使用する必要があります。これにより、誤ってページの書式設定が壊れたり、Jira の CSS が上書きされるのを防ぎます。

管理者がリッチ テキスト エディタを有効にしている場合でも wiki マークダウンを使用してコンテンツの書式設定を行うことはできますが、ビジュアル エディタを選択するとマークダウンが直接適用されるようになります。

ラベルで課題を追跡する

ラベルは、課題を分類して検索するのに役立ちます。課題を表示し、[その他] > [ラベル]を選択して、ラベルの追加または削除を行います。ラベルは [詳細] セクションに表示されます。


ラベル (例: 上記のスクリーンショットの doc) をクリックして課題ナビゲーターにジャンプし、 このラベルを持つすべての課題の一覧を確認できます。また、ラベル ガジェットをダッシュボードに追加して、あなたやチームに関連するラベルを持つ課題を素早く検索することもできます。

課題のウォッチと投票

どのような権限が必要ですか?

課題をウォッチしたり課題に投票したりしている他のユーザーを表示するには、投票者とウォッチャーの表示プロジェクト権限とウォッチャー一覧の管理プロジェクト権限が必要です。

管理者が必要な通知スキームを設定している場合、この課題のウォッチを開始する を選択して、課題の更新通知を自動的に受け取ることができます。課題上でウォッチャーの数をクリックして、他の Jira ユーザーをウォッチャーに追加することも可能です。 

管理者が課題に対する投票を有効化した場合、[この課題に投票する] を選択して、担当チームに課題の解決や完了を促すことができます。

課題上のサブタスクの並び替え

課題にサブタスクを追加したあとに並び替える必要がある場合、親課題の課題ナビゲーター ビューでドラッグ アンド ドロップすることができます。Jira Software のボードを使用している場合、ボード ビューでもサブタスクを並び替えることができます。ただし、これら 2 つの方法は、互いに独立しています。親課題上でサブタスクを並び替えても、既存のボード上のタスクは並び替えられず、逆も同様です。

最終更新日 2019 年 3 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.