次世代ボードで利用可能なルールの概要

次世代ボードへのルールの追加

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、次世代ボードに追加できるルールについて詳細に説明します。このページの内容は、ボードを合理化したり、プロジェクトのワークフロー用に自動操作を設定したりする上で役立ちます。

課題を誰かに割り当てる

このルールを設定すると、適切なユーザーが、適切なタイミングで適切な課題に取り組むようにすることができます。これにより、ワークフローで 1 つのステージが完了した後に手作業でチーム メンバーを割り当てる必要がなくなります。  

Jira では、課題の列間での移動またはステータスの変更時に、課題の担当者を自動的に変更できます。

  1. [移動させる課題] ドロップダウンを使用して、課題の担当者フィールドを更新する列またはステータスを Jira に設定します
  2. [担当者] ドロップダウンで、課題を割り当てる担当者を指定します。

次の選択肢があります。

  • 報告者。通常は、課題の作成者。
  • 現在のユーザーまたは課題のステータスの更新者。
  • なし。したがって課題は割り当てられません。
  • プロジェクト内の特定のユーザー。

幅広い領域にわたるチームでは通常、プロセスのさまざまな段階でタスクを割り当てます。たとえば、小規模な機能チームでは、ボードに次のような列が配置されている場合があります。

作業前 → 設計中 → 開発中 → レビュー中 → 完了

ユーザーはボードの各領域に対して、課題を割り当てるためのルールを作成することができます。

  • 設計中列に移動する課題は、チームの設計者に割り当てます。設計者は、実装の詳細、仕様、および要件を指定します。

  • 開発中列に移動する課題は、チームの機能開発リードに割り当てます。リードはコードを記述したり、チーム内の他の開発者に作業を任せます。

  • レビュー中に移動する課題は、チームの品質保証担当者に割り当てます。品質保証担当者はテスト記録を作成したり、自動品質テストをビルドしたりします。

  • 完了列に移動する課題では、割り当てを解除します。

課題フィールドを更新

このルールを設定すると、課題に適切なタイミングで適切な情報を取り込むようにすることができます。これにより、データの入力エラーを減らし、一貫性を向上させることができます。

Jira では、課題の列間での移動またはステータスの変更時に、課題の担当者を自動的に変更できます。

  1. [移動させる課題] ドロップダウンを使用して、フィールドを更新する列またはステータスを Jira に設定します
  2. 自動更新するフィールドを選択します。

テキスト、数値、ラベル、日付、または期間フィールドやカスタム フィールドなど、プロジェクトに追加したすべてのフィールドを更新できます。カスタム フィールドについては、こちらを参照してください

挙動には次の違いがあります。

  • ルールを使用してテキスト フィールドを更新すると、 Jira は目的のテキストをフィールド内の既存のテキストに追加します。フィールド内の既存のテキストの置き換えは行いません。

  • 期間または日付フィールドを更新すると、Jira はボード上のカードの移動時の日付とタイムスタンプ (またはこのいずれか) でフィールド内のすべての要素を置き換えます。静的な時間または日付を指定することはできません。

幅広い領域にわたるチームでは通常、プロセスのさまざまな段階でタスクを割り当てます。たとえば、小規模な機能チームでは、ボードに次のような列が配置されている場合があります。

作業前 → 設計中 → 開発中 → レビュー中 → 完了

チームではトレーサビリティやレポートのために課題タイプに以下のカスタム日付フィールドを追加して、引き継ぎ日を追跡できます。

  • 設計部門による確認
  • 開発への引き継ぎ
  • QA 担当者への引き継ぎ

チームは簡単なルールを作成することで、課題が特定の列またはステータスに移動された時点で、このような引き継ぎ日付フィールドを最新の日付で更新するように設定できます。

  • [設計部門の確認中] に移動される課題の [設計部門による確認] フィールドを最新の日付/時間に更新します。
  • [開発部門の確認中] に移動される課題の [開発への引き継ぎ] フィールドを最新の日付/時間に更新します。
  • [レビュー中] に移動される課題の [QA 担当者への引き継ぎ] フィールドを最新の日付/時間に更新します。


最終更新日 2018 年 9 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.