ワークフロー

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

すべての Jira プロジェクトには課題が含まれ、チームはこの課題を表示し、作業を行い、作成から完成までの作業段階を通じてトランジションさせていきます。こうした課題がたどるパスはワークフローと呼ばれます。それぞれの Jira ワークフローは、 課題がそのライフサイクルの間に通過する一連のステータスとトランジションからなっており、通常は組織内の作業工程を表しています。

また、Jira ではワークフロー スキームを使用して、課題タイプとワークフローの関係を定義します。ワークフロー スキームはプロジェクトに関連付けられており、プロジェクトと課題タイプの組み合わせに応じて異なるワークフローを使用できます。チームまたは組織の作業に合う、より高度なワークフローを編集または作成する必要がある場合、グローバルのアクセス権限を持った Jira 管理者としてログインしてワークフローを作成できます。作業をシンプルにするには、Jira で選択したプロジェクト タイプに付属する既定のワークフローを使用します。ワークフローは、いつでも変更したり、後から新しく作成したりすることができます。

可能な操作 関連ドキュメント
  • 既存ワークフローの編集
  • 新規ワークフローの作成
  • 既存ワークフローの設定 

ワークフローで作業する

  • ワークフロースキームの追加
  • ワークフロースキームの設定
  • ワークフロー スキームの管理

ワークフロースキームの設定をする

  • ワークフローのインポートとエキスポート
  • 無効ワークフローの有効化設定

ワークフローを管理する

  • カスタム イベントの追加
  • 初期ステータスの設定
  • テキストモードで作業する
  • ワークフロー トリガーの設定
  • バリデーターとカスタム フィールドの使用
  • XML を使用してワークフローを作成する
  • ワークフロー プロパティの設定

高度なワークフローの設定

最終更新日 2018 年 5 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.