ワークフローを管理する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira 管理者は、チームがワークフローを使用してプロジェクト作業を合理化できるように、ワークフローをアクティブ化する必要があります。ワークフローをアクティブ化するには、ワークフローをワークフロー スキームに含めてから、そのワークフローをプロジェクトと関連付けます。また、チーム全体で共有するためにワークフローをインポート/エクスポートすることもできます。 

最初にお読みください。本ページでは、クラシック Jira プロジェクトのセットアップおよび構成方法について説明します。クラシック Jira プロジェクトには、次世代 Jira プロジェクトとは異なる機能があります。

次世代プロジェクトのセットアップに関する情報をお探しの場合は、次のドキュメントをご覧ください。

ワークフローをアクティブ化する

すべてのワークフローは、ワークフロー スキームと関連付けられるまでは非アクティブです。ワークフロー スキームはプロジェクトと関連付けることができます。ワークフローをアクティブ化する方法は次のとおりです。 

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [ワークフロー] から、[ワークフロー スキーム] をクリックして、アクティブ / 非アクティブなスキームの一覧を表示します。 
  3. ワークフロー スキームを作成するか、アクティブなワークフロー スキームを編集します。ヒント: [アクティブ] または [非アクティブ] 見出しをクリックして、ワークフローの一覧を展開および折りたたみます。
  4. スキームにワークフローを追加します。詳細は、「ワークフロー スキームの設定」を参照してください。 

  5. 上記の「ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付ける」セクションの手順に従います。

ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付ける

ワークフロー スキームを関連プロジェクトに関連付けることで、ワークフローをアクティブ化します。課題タイプがプロジェクトの課題タイプ スキームに定義されていない場合、ワークフローは利用できません。

  1. Jira アイコン (、または ) > [プロジェクト] を選択します。
  2. ワークフロー スキームと関連付けるプロジェクトを選択します。
  3. プロジェクトに移動して [プロジェクト設定] をクリックします。 
  4. [ワークフロー] をクリックします。プロジェクトが現在使用しているワークフロー スキームが表示されます。
  5. [スキームの切り替え] をクリックし、スキームの一覧から関連するワークフロー スキームを選択します。 

  6. [関連付け] をクリックし、移行プロセスを開始します。各課題には有効なステータスが必要です。そのため、ワークフロー スキームを切り替えた後で複数の課題にステータスを割り当てる必要がある場合があります。 

すべての課題はワークフローに従って進行するため、Jira プロジェクトは常にワークフロー スキームと関連付けられている必要があります。プロジェクトからカスタム ワークフロー スキームの関連付けを解除するには、そのプロジェクトを既定のワークフロー スキームに割り当てます。

ワークフローをインポートする

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [Marketplace からインポート] を選択します。
  3. 必要なワークフローを検索し、[選択] をクリックします。
  4. この時点で、ワークフローの手順を既存のワークフローのステータスにマッピングしたり、新しいステータスを作成できます。完了したら [次へ] をクリックして続行します。
  5. 変更を確認し、[インポート] をクリックします。 

ワークフローをエクスポートする

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [ワークフロー] で [ワークフロー] を選択します。 
  3. 共有するワークフローを探し、[表示] ボタンをクリックします。
  4. エクスポート > ワークフローとしてエクスポートを選択し、次へをクリックして次に進みます。
  5. インストールすべきプラグインの情報などの特筆事項があれば追記します。
  6. エクスポートをクリックしてダウンロード先を選択します。ダウンロード先がパブリックにアクセス可能であることを確認します。

Atlassian Marketplace からワークフローをエクスポートする

  1. Atlassian Marketplace でアカウントを作成します。
  2. Atlassian Marketplace にログインして [アドオンの管理] を選択します。詳細については、「Paid-via-Atlassian を登録する手順」を確認してください。 
  3. 新しいアドオンの作成をクリックします。
  4. [直接インストールできないアドオン] を選択します。タイプが「プラグイン以外」であることを確認します。 
  5. [バイナリ URL セクション] に、エクスポートしたワークフローにアクセスできる場所を追加します。
  6. 送信フォームに入力し、以下の点を確認します。
    1. サマリー フィールドはユーザが「Marketplace」で検索した際に表示される情報を含んでいます。 
    2. ワークフローを他の Jira アプリケーション ユーザーが参照できるようにするには、ワークフロー カテゴリがワークフロー バンドルである必要があります。
    3. アドオンキーは、アプリケーションURLとなりますので、あなたのアプリケーションを識別する一意である必要があります。

1度のセッションでフォームを完全に埋める必要はありません。フォームを保存し、後で編集することができます。Atlassian Marketplace Vendor Agreement に承諾すると、システムはAtlassian's Developer Relations team による審査のためアドオンを提出します。

最終更新日 2019 年 8 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.