Jira の個人設定を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

個人設定では、Jira のいくつかの要素を好みの設定にカスタマイズできます (言語、タイムゾーン、ウォッチ設定、メール タイプなど)。氏名やアバター、パスワード、メール アドレスなどのその他の設定については、「ユーザー プロファイルの管理」をご覧ください。

  1. [プロファイルと設定] () > [個人設定] を選択します。
  2. [設定] セクションでオプションを更新し、[設定の保存] を選択します。

個人設定では、次のオプションを更新できます。

  • 言語: ご使用の Jira アプリケーションの言語を利用可能な別の言語に変更します。
  • タイムゾーン: Jira アプリケーション全体で日時情報に使用されるタイム ゾーンです。選択したタイム ゾーンがコンピュータのタイム ゾーンと一致しない場合、この設定を自動的に更新するオプションがあります。
  • 自動ウォッチ: 自動ウォッチをオンにすると、ユーザーは作成した課題やコメントを追加した課題のウォッチャーになり、誰かがその課題を更新したり、課題にコメントを追加したりすると、メールが届きます。
  • メール タイプ: メール通知はプレーン テキストまたは HTML で送信できます。
  • 変更の通知: 自分自身の設定変更に対するメール通知を受信するかどうかを選択します。


表示例を以下に示します。

接続されたアプリの管理

個人設定ページで、自分の Jira アカウントへのアクセス権を持つアプリを表示および管理できます。これらのアプリは、Jira が発行した OAuth アクセス トークンを使用して、OAuth に準拠した外部の Web アプリケーションまたは Web サイト (「コンシューマー」) に、制限されたデータへのアクセスを提供します。

  1. [プロファイルと設定] () > [個人設定]を選択します。
  2. ページの一番下の [接続済みアプリケーション] セクションで [アプリケーションの管理]を選択します。

OAuth アクセス トークンの発行または取り消しのタイミングに関する詳細は、「OAuth アクセスの許可」を参照してください。

最終更新日 2018 年 7 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.