CSV インポートを利用して課題を作成する

課題とサブタスクを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

コンマ区切り (CSV) ファイルは、表形式データを表すテキスト ファイルで、スプレッドシートやデータベースなどの表形式データを処理するほとんどのシステムでサポートされています。CSV インポーターを使用することで、表形式でデータをエクスポートできる外部システムからデータをインポートできます。また、独自の CSV ファイルを作成して、課題の一括作成および更新を実行することも可能です。

課題を作成するプロジェクトに対する、課題の作成プロジェクト権限と一括変更グローバル権限が必要です。管理者はより高度な一括インポートを実行できます。管理者の場合、「データのインポートとエクスポート」で詳細を確認してください。

CSV ファイルを準備する

既定の Microsoft Excel CSV 形式からご使用の CSV ファイルの構造を作成できます。フィールドはコンマで区切り、文字どおりに扱われる必要のあるコンテンツ (コンマ、改行、キャリッジ リターンなど) は、引用符で囲む必要があります。Microsoft Excel と OpenOffice は自動的にセル内の値を引用符で囲みます。このため、手動でこれらの値を引用符で囲む必要はありません。 

CSV ファイルの要件: 

  • CSV ファイルは整形式である必要があります。
  • 各 CSV ファイルには、要約列を持つ見出し行が存在しなければなりません。CSV ファイルの見出し行は、CSV ファイルの 2 行目以降のデータをプロジェクトの課題のフィールドにどのようにマッピングするか決定するために使用されます。見出し行には、句読点が含まれないようにします (各列を区切るコンマは除く)。そうしないと、インポーターは正しく機能しない可能性があります。
  • 列またはフィールドの分離するコンマは省略できません。

    以下は有効な例です。

     Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority "Test issue", admin, admin, 1, ,

    以下は有効な例ではありません

    Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
    "Test issue", admin, admin, 1

CSV ファイルのデータを構造化する方法

データ タイプ CSV ファイル構造
複数行にまたがるデータ

複数行にまたがるデータを取り込むには、CSV ファイルで二重引用符 (") を使用します。たとえば、インポート時に、Jira は以下を単一レコードの有効な CSV ファイルとして扱います。

Summary, Description, Status
"Login fails", "This is on
a new line", Open
文字通りに扱われる必要がある特殊文字 テキスト部分を二重引用符 (") で囲むと、その範囲の特殊文字を文字どおりに扱うように指定できます。このデータがインポートされると、これらの特殊文字は Jira のフィールド データの一部として保存されます。特殊文字の例としては、キャリッジ リターン / 改行文字 (上記に例示)、コンマなどがあります。

二重引用符を文字どおり扱うようにするには、もう1つ二重引用符を追加して「エスケープ」します。したがって、CSV 値は次のようになります。

  • "Clicking the ""Add"" button results in a page not found error"
    これをインポートすると、次のように Jira に保存されます。
  • Clicking the "Add" button results in a page not found error
1 つの課題フィールドに集約する必要がある複数の値 

複数の値を受け入れる JIRA フィールド (修正対象バージョン影響バージョンコンポーネントラベルなど) には、複数の値をインポートできます。これを行うには、マッピングされる JIRA フィールドに集約する各値について、 CSV ファイルで同じ列名を指定する必要があります。指定される列名の数は、マッピングされるフィールドに集約される値の最大数と一致しなければなりません。例えば以下のようなものがあります。

IssueType, Summary, FixVersion, FixVersion, FixVersion, Component, Component
bug, "First issue", v1, , , Component1,
bug, "Second issue", v2, , , Component1, Component2
bug, "Third issue", v1, v2, v3, Component1,

上記の例では、2 番目の課題のコンポーネントフィールドと 3 番目の課題の 修正対象バージョンフィールドは、インポート時に、該当する JIRA フィールドに複数の値を生成します。

複数の値をサポートしている課題フィールドは限定されているため注意が必要です。CSV インポーターでは、単一の値のみをサポートしている課題フィールドに集約データをインポートすることはできません。

添付ファイル

CSV ファイルから作成された課題には、ファイルを添付できます。これを行うには、CSV ファイル内の「添付ファイル」列で、添付ファイルの URL を指定します。

Assignee, Summary, Description, Attachment, Comment
Admin, "Issue demonstrating the CSV attachment import", "Please check the attached image below.", "https://jira-server:8080/secure/attachment/image-name.png", "01/01/2012 10:10;Admin; This comment works"
Admin, "CSV attachment import with timestamp,author and filename", "Please check the attached image below.", "01/01/2012 13:10;Admin;image.png;file://image-name.png", "01/01/2012 10:10;Admin; This comment works"

添付ファイルの URL は HTTP と HTTPS プロトコルをサポートしており、JIRA インスタンスが必ずアクセスできる任意の場所を設定できます。 

複数のプロジェクトにインポートする必要のある課題

CSV ファイルのインポートを通じて、課題を CSV ファイルから様々なプロジェクトにインポートできます。これを行うには、CSV ファイルに見出しとして「プロジェクト名」および「プロジェクト キー」の 2 列を追加します。

CSV ファイルのすべての課題で、関連する列にプロジェクト名とプロジェクト キーがあることを確認します。プロジェクト名とプロジェクト キーは、課題を CSV ファイルから特定のプロジェクトにインポートするために必要な最小プロジェクト データです。

次の例では、最初と 2 番目の課題は 'Sample' プロジェクト (プロジェクト キー 'SAMP') にインポートされますが、3 番目の課題は 'Example' プロジェクト (プロジェクト キー 'EXAM') にインポートされます。

IssueType, Summary, Project Name, Project Key
bug, "First issue", Sample, SAMP
bug, "Second issue", Sample, SAMP
task, "Third issue", Example, EXAM
作業ログ エントリー

CSV ファイルには作業ログ エントリーを含めることができます。経過時間の追跡には秒を使用します。例:

Summary,Worklog
Only time spent (one hour),3600
With a date and an author,2012-02-10 12:30:10;wseliga;120
With an additional comment,Testing took me 3 days;2012-02-10 12:30:10;wseliga;259200
複数選択のカスタム フィールド

CSV ファイルに複数のエントリーを含めて、複数の値を持つ複数選択カスタム フィールドにデータを追加することができます。例:

Summary,Multi Select,Multi Select,Multi Select
Sample issue,Value 1,Value 2,Value 3
カスケード選択カスタム フィールド

次の構文を使用すると、カスケード選択カスタム フィールドに値をインポートできます。'->' セパレーターを使用すると階層をインポートできます。

Summary, My Cascading Custom Field
Example Summary, Parent Value -> Child Value

Please note that Jira does not support importing multi-level cascading select fields by CSV. You can track the suggestion here: JRACLOUD-34202 - Getting issue details... STATUS

CSV ファイルインポート ウィザードを実行する

  1. JIRA Cloud アプリケーション ヘッダーで、[課題] > [課題を検索] をクリックします。
  2. 詳細表示 (•••) > [CSV からの課題のインポート] をクリックします。 
  3. インポートする CSV ソース ファイルを選択します。[設定ファイルがない場合または新しい設定ファイルを作成する場合] にチェック マークを付け、[既存の設定ファイルを使用する] オプションにはチェック マークを付けないようにします。設定ファイルは、CSV ファイルの見出し行の列名と JIRA インストールのフィールド間のマッピングを指定します。インポート プロセスの最後で設定ファイルを作成するオプションがあります。 
  4. [次へ] をクリックして必要な情報を入力します。CSV ファイルでコンマ以外の区切り文字を使用する場合、CSV 区切り記号フィールドでその文字を指定します。区切りが Tab の場合、「/t」という形式で入力できます。
  5. [次へ] をクリックし、CSV ファイルの列見出しを選択したプロジェクトのフィールドにマッピングします。特定の CSV 値のマッピング先として、特定の JIRA フィールド値を選択する場合、[フィールド値のマッピング] オプションにチェック マークを付けます。作成されるすべての課題には要約が必要なため、CSV フィールドは課題の要約フィールドにマッピングする必要があります。 

  6. もう一度 [次へ] をクリックして、前のステップで選択した CSV フィールド値のどれを特定の課題フィールド値にマッピングするかを選択します。たとえば、"Feature Request" という CSV フィールド値を JIRA 課題タイプ フィールド値 "New Feature" にマッピングすることもできます。

  7. CSV データを Jira にインポートする準備ができたら、[インポート開始] をクリックします。エラーや警告があるかどうか確認する場合は、インポートを開始する前に [検証] をクリックします。似た設定 (類似のフィールド値マッピングなど) で別の CSV ファイルをインポートする場合、CSV 設定ファイルをダウンロードして設定を保存できます。 

注意:

  • 値を現状のままインポートしたい場合は、フィールド値のマッピング時にフィールドを空欄のままにしておくか、フィールド内のコンテンツを消去します。
  • ユーザー名ベースの CSV フィールド (報告者または担当者など) のインポートで、このフィールドの [フィールド値のマッピング] オプションにチェック マークを付けない場合、CSV ファイルからインポートされるユーザー名は、インポート プロセスで自動的に Jira ユーザー名 (小文字) にマッピングされます。

  • インポートに問題が発生したときや、プロセスについて詳細が必要な場合は、詳細ログをダウンロードできます。


CSV データを 課題フィールドにインポートするためのヒント

データを CSV ファイルから特定の JIRA フィールドにインポートする場合に役立つヒントを以下に示します。

課題フィールド

インポート時の注意

Project

CSV データはプロジェクト単位でインポートされます。対象として既存の JIRA プロジェクトを指定できますが、指定しなくても、インポート時にインポーターが自動的に新規プロジェクトを作成します。

要約

これは唯一の必須フィールドです。

コンポーネント

単独の列に各コンポーネントを入力することで、複数のコンポーネントを持つ課題をインポートできます。

影響バージョン

単独の列に各バージョンを入力することで、複数の「影響バージョン」を持つ課題をインポートできます。

修正バージョン

単一の列に各バージョンを入力することで、複数の「修正バージョン」を持つ課題をインポートできます。

コメント本文

単独の列に各コメントを入力することで、複数のコメントを持つ課題をインポートできます。

期限

CSV インポート ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

課題タイプ

CSV で指定されていない場合、インポートされた課題は Jira のインスタンスで指定された規定の(例: 最初)の課題タイプに設定されます。詳細については、課題タイプのフィールド値を決めるをご覧ください。 

インポートの過程で、まとめて新しい値を作成することもできます。

ラベル

単独の列に各ラベルを入力することで、複数のラベルを持つ課題をインポートできます。

優先度

CSV で指定されていない場合、インポートされた課題は Jira のインスタンスで指定されたデフォrとの(例: 最初)の優先度に設定されます。詳細については、優先フィールド値を決めるをご覧ください。 

インポートの過程で、まとめて新しい値を作成することもできます。

初期見積 (Original Estimate)

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

残余見積 (Remaining Estimate)

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

所要時間 (Time Spent)

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

ユーザー情報

ユーザーを作成

担当者または報告者フィールドの値として、インポーターに Jira ユーザーを自動で作成させることも可能です。

  • ユーザーは、Jira のアクティブなアカウントとして作成されます。ユーザーは Jira への初回のログイン時にパスワードをメールで通知してもらう必要があります。
  • 実名でないユーザーは、メールアドレス (ログイン名) の "@" 文字の前の部分を Jira でのフルネームとして取得します。
  • 外部ユーザー管理 を使用している場合、 インポート処理で JIRA ユーザーは作成できません。代わりに、インポーターは作成が必要な新規ユーザーのリストを提供します。ユーザーは、インポートを開始する前に外部のユーザーリポジトリでユーザーを作成する必要があります。
  • ユーザー数制限付きライセンス(例: パーソナルライセンス)で、必要なユーザー数が制限数を超える場合、インポートは停止されます。作成できないユーザーのリストを示すページが表示されます。
  • 担当者および報告者がマッピングされない場合、ユーザー名は作成されません。

ユーザーの更新

Jira Service Desk のポータル専用カスタマーのデータは、ほかのユーザー アカウント データとは異なる挙動となります。ポータル専用カスタマーのデータがインポート データと宛先サイトとで異なる場合、宛先サイトのデータが使用されます。

Mandatory fields

When importing to projects with mandatory fields, you must include the field in the *Create issue* screen associated to the issue type being used. For more information, see Specifying field behavior.

その他のフィールド

その他のフィールドをインポートする場合は、特定の Jira カスタムフィールド へのマッピングを行うことができます。JIRA にカスタムフィールドがまだ存在していない場合、インポーターは自動的にカスタムフィールドを作成します。カスタムフィールが日付フィールドの場合、CSV インポーター ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

ご不明な点がある場合または CSV インポート プロセス中に問題が生じた場合は、アトラシアン サポートにご連絡ください。

最終更新日 2019 年 4 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.