Jira Data Center の一般的な問題

Jira Data Center のトラブルシューティング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Jira Data Center のインストールのトラブルシューティングについて説明します。このページで問題に対する回答が見つからなかった場合、Jira Data Center FAQ をご確認ください。

ピアツーピアの接続性

症状: ノード間のデータの不統一 (例: メール設定が伝播されない)

潜在的な問題: アプリケーション ノード間でキャッシュが同期されていない

根本原因 テスト ソリューション
構成ミス: マルチキャストの構成ミス Oracle マルチキャスト テストまたは omping に合格: すべてのノードがクラスターに参加できる
不合格: 1 つ以上のノードがクラスターに参加できない
マルチキャストの再構成
構成ミス: ファイアウォール ルールによって、マルチキャスト メッセージが伝播されない ファイアウォール ログを確認する マルチキャスト トラフィックを許可するようにファイアウォールを再構成する
システム構成: マルチキャスト トラフィックが独自のサブネット上にない (他のネットワーク トラフィックが帯域幅を使い果たしている) すべてのノードの構成を確認する マルチキャスト トラフィックを独自のサブネット上に配置するようにネットワーク構成のリファクタリングを行う

症状: 新しいノードの起動時にインデックスが作成されない

潜在的な問題: 新しいノードがインデックスのホット コピーを取得できていない

根本原因 テスト ソリューション
データベース: 新しいノード上のデータベースの接続エラーにより、ホット コピーのリクエストを他のノードが受信できない インデックスのホット コピーに対するリクエストがデータベースに対して作成されていることを検証します。
例: db の clustermessage テーブルで「Index Backup」メッセージと、それに続く「Index backed up message」メッセージを確認します。
 
構成ミス: 1 つ以上のノードが共有ホーム ディレクトリの正しい場所を示していない cluster.properties ファイルで共有ホームの構成を検証する  
権限: 既存のノードが、インデックスのホット コピーを共有ホームに書き込めない 既存のノードが共有ホームに書き込みできることを検証します。
例: 他のノードの共有ホーム上に空白ファイルを作成し、共有ホームの接続性を検証します。
共有ファイル システムの接続性/有効性を復元する
権限: 新しいノードが共有ホームからインデックスを読み取れない 新しいノードが共有ホームから読み取れることを検証します。
例: 権限を確認する
アプリケーション ユーザーにファイルの読み込みを許可するよう権限を変更する

データの不一致

症状: ユーザーが課題に関連付けられた添付ファイルを取得できない

潜在的な問題: 1 つ以上のノードで、共有ホームから添付ファイルを書き込みまたは読み取りできない

根本原因 テスト ソリューション
権限: 1 つ以上のノードが共有ホーム ディレクトリに書き込みできない 既存のノードが共有ホームに書き込みできることを検証します。
例: 他のノードの共有ホーム上に空白ファイルを作成し、共有ホームの接続性を検証する
 
構成ミス: 1 つ以上のノードが誤った共有ホーム ディレクトリを示している cluster.properties ファイルで共有ホームの構成を検証する 構成を修正する
ファイル共有の構成を確認する (構成ミスの可能性) 構成を修正する

ノード間でのリクエストの分散

症状: リクエストがすべてのノードに分散されていない

潜在的な問題: ロード バランサの構成ミス

根本原因 テスト ソリューション
構成ミス: ロード バランサが適切なルーティング アルゴリズムを使用していない アプリケーション ログで loadbalancer アクセス ログを確認し、管理者インターフェイスで loadbalancer 構成を検証します。
例:ブラウザーでフッターを確認し、プールの他のメンバーに到達できていることを毎回手動で検証する 
構成を修正する
構成ミス: ロード バランサがリクエストのルーティングに使用する IP アドレスの範囲に 1 つ以上のノードの IP アドレスが含まれない アプリケーション サーバーでアクセス ロギングを有効にし、トラフィックがノードにアクセスできることを確認します
合格: 対象のノードにトラフィックが到達している
不合格: 対象のノードにトラフィックが到達していない
ルーティングを修正する


潜在的な問題
1 つ以上のノードでの接続性の問題

根本原因 テスト ソリューション
ロード バランサからノードに到達できない ノードの DNS 名が正しいことを確認し、ネットワーク接続
(例: ロード バランサからノードのコネクタ ポートへの Telnet ) を確認します
ネットワークを修正する

症状: リクエストがすべてのノードに均等に分散されていない

潜在的な問題: ロード バランサの構成ミス

根本原因 テスト ソリューション
構成ミス: ロード バランサが適切なルーティング アルゴリズムを使用していない アプリケーション ログで loadbalancer アクセス ログを確認し、管理者インターフェイスで loadbalancer 構成を検証します。
例: ブラウザーでフッターを確認し、プールの他のメンバーに到達できていることを毎回手動で検証する 
構成を修正する

潜在的な問題: ユーザーがロード バランサをバイパスしている

根本原因 テスト ソリューション
ユーザーが各ノードに直接接続できる構成になっている 信頼されていないメンバーがノードにアクセスできないことを確認する 認証されていないユーザーのノードへの直接アクセスを禁止するようなファイアウォール ルールを作成する


潜在的な問題
1 つ以上のノードでの接続性の問題

根本原因 テスト ソリューション
     

症状: クライアントごとのリクエストが同じノードにダイレクトされない

潜在的な問題: セッションがスティッキーではない

根本原因 テスト ソリューション
構成ミス: ロード バランサ ロード バランサのスティッキー セッションのトラブルシューティング 構成を修正する

症状: バックドアでノードにアクセスおよび操作できるが、ベース URL でエラーが返される

潜在的な問題: ロード バランサがダウンしている

根本原因 テスト ソリューション
  実行されている httpd プロセスとロード バランサのログを確認する  

潜在的な問題: ロード バランサの構成ミス

根本原因 テスト ソリューション
Tomcat 上のコネクタの接続プールが、ロード バランサがそのノードのために確保するリクエスト数よりも少ない コネクタ構成とロードバランサ構成を比較し、オープンな接続数を確認し、キープアライブ タイムアウトを調節する  
ロード バランサの受信接続プールがすべて使用されている grep を実行してオープンな接続の数を確認し、ロード バランサの構成と比較する  

パフォーマンス

症状: 1 つ以上のノードの応答時間が長い

潜在的な問題: ノードでリソース スタベーションが発生している

根本原因 テスト ソリューション
プロセスによりノード上のリソースがすべて消費されている (例: レポート、API コール) 個別ノード (db/cpu/iowait/swap) のリソースを確認する 個別ノードに追加リソースを割り当てるか、ロード バランサのトラフィックのリダイレクトを再構成する
ノード サーバーの構成が不足している サーバーのパフォーマンス監視データを評価してボトルネックを特定する  

潜在的な問題: ノードへのネットワーク リンクに帯域幅の問題がある

根本原因 テスト ソリューション
  ネットワーク インターフェイスとノード間の接続を確認する トラフィックに適切なインターフェイスがあることを確認する
最終更新日 2018 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.