Confluence をサービスとして Windows 上で自動的に開始

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

長期間にわたるご使用に際しては、Confluence をオペレーティング・システムが再起動するとき自動的に起動するように設定することをお勧めします。Windows サーバーに関しては、Confluence を Windows サービスとして実行するように設定してください。

Confluence ディストリビューションをサービスとしてインストールするには次の2つの方法があります。Confluence インストーラーを用いる方法と以下に述べるように手動で行う方法です。

このページの内容:

64ビット Windows に関する問題

64 ビットの Windows をご使用の場合は、 64 ビット JDK を用いているときに Apache Tomcat を Windows サービスとして実行する際の問題が発生する可能性があることにご注意ください。詳細は弊社のナレッジベース記事をご参照ください。

Confluence をサービスとして起動する理由

Windows サービスとしてインストールすることには以下のようなメリットがあります。

  • onfluence が誤ってシャットダウンするリスクの軽減。 (Confluence を手動で起動した場合、コンソール・ウィンドウが開き、誰かがそのウィンドウを閉じることにより誤って Confluence をシャットダウンしてしまう危険性があります)。
  • サーバー再起動後の Confluence の自動リカバリ
  • サーバー出力のログ・ファイルを取ることによるトラブルシューティングの改善

詳細な情報は Microsoft デベロッパーネットワーク 内の Windows サービスについて、をご覧ください。

サービスを実行するユーザーの変更

If you wish to run the service as a non-administrator user for security, or if you are using network drives for backups, attachments or indexes, you can run the service as another user. To change users, open the Apache Tomcat Confluence properties, go to the 'Log On' tab and enter the required username and password. Go to your Windows Control Panel -> User Accounts and confirm that the user has write permissions for the <CONFLUENCE-INSTALL> and <CONFLUENCE-HOME> directories, and all subfolders. Note that any network drives must be specified by UNC and not letter mappings (eg. \\backupserver\confluence not z:\confluence).

より詳細は、こちらをご覧ください。 Confluence のを実行するためのオペレーティング·システム上の専用のユーザーアカウントを作成する

Confluence ディストリビューションをサービスとして手動でインストール

Windows:

  1. Open a command prompt and change directory to the <CONFLUENCE-INSTALL>/bin directory.
    You'll need to run the command prompt using 'Run as administrator' so that you can complete some of these steps.  
  2. JAVA_HOME 変数がコマンドの JDK ベースディレクトリに設定されていることを確認する

    echo %JAVA_HOME%
    

    If you installed the Java Runtime Environment (JRE) or used the Confluence installer, replace JAVA_HOME with JRE_HOME. See Setting the JAVA_HOME Variable in Windows for more info. 

    Note that any directory in the path with spaces (eg. C:\Program Files must be converted to its eight-character equivalent (e.g. C:\Progra~1).

  3. 次のコマンドを使ってデフォルトの設定でサービスをインストールしてください。

    service.bat install Confluence
    

    サービスは Atlassian Confluence と呼ばれ、デフォルトで自動的に起動するように設定されますが、次にサーバーが再起動するまで自動的に起動しません、

  4. 大きな Confluence インストールのユーザに関しては、Confluence の使用できる最大メモリを増加することができます (規定は 1024MB)。 例えば、以下のコマンドを使って最大メモリを 2048 MB に設定できます:

    tomcat9w //US//Confluence --JvmMx 2048
    
  5. Confluence のディストリビューションに渡す JVM パラメータを持っていない場合は、このステップをスキップできます。その場合は、JVM パラメータをサービスに以下のコマンドを使って追加してください:

    tomcat9w //US//Confluence ++JvmOptions="-Djust.an.example=True"
    

    あるいは、以下のコマンドを使用して、サービス プロパティ ダイアログを起動し、Java タブに移動して追加の JVM パラメータを追加することができます。

    tomcat9w //ES//Confluence


    これ以上の設定オプションについては、Tomcat Windows サービスヘルプの案内をご参照ください。

  6. コントロール パネル > 管理ツール > サービス > Atlassian Confluence に移動し、プロパティを右クリックして、設定が正しいことを確認します。コマンドで Confluence サービスを起動する:
  7. 最後に、Confluence サービスを起動します。これ以降、これはサーバーの再起動後自動的に行われます。 

    net start Confluence
    

Confluence をサービスとして管理

Confluence サービスをコマンド・プロンプトから管理することができます。

  • 下記ののコマンドで Confluence を停止してください:

    net stop Confluence
    
  • 下記ののコマンドで Confluence サービスをアンインストールしてください:

    service.bat remove Confluence
    

Confluence アップグレード

Confluence をアップグレードした後、その Windows サービスをアンインストールまたは再インストールしたり、StartPath パラメータを新しいフォルダーに変更したりできます。ヘルプは、Tomcat ドキュメンテーションを参照してください。

Windows サービスとして実行している間の Confluence のトラブルシューティングConfluence をアップグレード

  • 上記の情報を見ても問題が解決しない場合は、サポート技術情報にある既知の問題の一覧(英語)をご覧ください。
  • You can use a Sysinternals tool called Procmon.exe from the The Microsoft Windows Sysinternals Team, to check that the error occurred at the specific time when the Confluence service started. You need to match the time when Tomcat failed, as captured by this tool, against the time in the Windows Event Viewer.

    注意

    We do not recommend that you run this tool for too long as it may disrupt other Atlassian applications. Once you have captured the required information you will need to press Ctrl + E to stop capturing.

サポートを受ける

上記のトラブルシューティングの案内に従っても Confluence を Windows のサービスとして実行できない場合、あるいはサービス実行のための jvm 設定中にエラーが生じる場合は、こちらでサポート依頼を作成できます。

サポートに必要となりますので、下記の情報をご記入ください:

  • Give us the result of running java -version from Windows command line console.
  • Tomcat のスクリーンショットもしくは Windows レジストリ設定内容。
  • もし service.bat を変更しているのであれば、検証のためファイルのコピーを送ってください。
  • あなたの atlassian-confluence.log ファイル
最終更新日 2018 年 6 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.