スタンドアロンの Synchrony クラスタから管理対象の Synchrony に移行する

Data Center ライセンスを持っていて、Confluence 6.12 より前のバージョンで共同編集を有効化している場合、独自のクラスタ内または各 Confluence ノードで手動にて、スタンドアロンの Synchrony を実行している場合が多くあります。 

継続的なメンテナンスが少なく、よりシンプルなセットアップをご希望の場合、Confluence に Synchrony を管理させることを選択できます。Confluence は起動時に自動的に Synchrony プロセスを開始します。 

このプロセスには、Confluence のダウンタイムが必要です。

独自で管理している Synchrony クラスタを Confluence に管理させるように切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. すべての Confluence および Synchrony ノードからトラフィックをリダイレクトするようロード バランサを設定します。
  2. すべてのノードで Confluence および Synchrony を停止します。
  3. Remove the the synchrony.service.url system property. This property tells Confluence where to find your external Synchrony cluster.

    手順について

    このシステム プロパティの削除方法は、Confluence の実行方法によって異なります。このシステム プロパティは Synchrony 自体ではなく Confluence に渡されることにご注意ください。 

    Windows で Confluence を手動で起動する場合、<install directory>/bin/setenv.bat ファイルを編集して次の行を削除します。

    set CATALINA_OPTS=-Dsynchrony.service.url=http://example-synchrony.com/synchrony/v1 %CATALINA_OPTS%

    Linux で Confluence を手動で起動する場合、<install directory>/bin/setenv.sh ファイルを編集して次の行を削除します。

    CATALINA_OPTS="-Dsynchrony.service.url=http://example-synchrony.com/synchrony/v1 ${CATALINA_OPTS}"

    Confluence を Windows サービスとして実行している場合、サービスを編集し、Java オプションから以下を削除する必要があります。

    -Dsynchrony.service.url=http://example-synchrony.com/synchrony/v1

    コマンド ラインまたは Windows レジストリ経由でシステム プロパティを Windows サービスに渡す手順については、「システム プロパティの設定」を参照してください。 

  4. Set the synchrony.memory.max system property to increase the maximum heap memory available to Synchrony to 2gb (or the amount of memory previously allocated to the Synchrony standalone service).

    手順について

    The way you set this system property depends on how you run Confluence.  Note that this system property is passed to Confluence, not Synchrony itself. 

    Windows で Confluence を手動で起動する場合、<install directory>/bin/setenv.bat ファイルを編集して次の行を削除します。

    set CATALINA_OPTS=-Dsynchrony.memory.max=2g1 %CATALINA_OPTS%

    Linux で Confluence を手動で起動する場合、<install directory>/bin/setenv.sh ファイルを編集して次の行を削除します。

    CATALINA_OPTS="-Dsynchrony.memory.max=2g ${CATALINA_OPTS}"

    Confluence を Windows サービスとして実行している場合、サービスを編集し、Java オプションから以下を削除する必要があります。

    -Dsynchrony.memory.max=2g

    See Configuring System Properties for a step-by-step guide to passing system properties to Windows services via the command line, Windows Registry, or in AWS. 

  5. Start Confluence on one node. 
  6. Confluence でページを編集し、変更を正常に行えることを確認します。 
  7. このプロセスを各 Confluence ノードで繰り返します。ノードは一度に 1 つずつ起動します。 

すべてのノードを起動して実行し、共同編集が期待どおり動作していることを確認したら、設定した起動スクリプトやサービスの削除を含む、外部 Synchrony クラスタのでコミッションを行えます。 

接続先の Synchrony URL が変更されるため、この変更を加える前にエディタを開いていたユーザーは、編集を続行するためにページを更新する必要があります。 

また、ロード バランサの構成に変更を加える必要がある場合があります。詳細は、「Confluence および Synchrony で利用可能な設定」を参照してください。 


最終更新日 2020 年 8 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.