Confluence ホームおよびその他の重要なディレクトリ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence インストールディレクトリ

'Confluence インストールディレクトリ' は、Confluence がインストールされたディレクトリです。

インストールディレクトリ内の重要なファイル:

  • bin/setenv.bat または bin/setenv.sh
    このファイルは CATALINA_OPTS のメモリやガベージ コレクション設定を編集し、システム プロパティを定義するために使用されます。 
  • confluence/WEB-INF/classes/confluence-init.properties
    このファイルには Confluence ホーム ディレクトリの場所が含まれます。 

このページの内容:

Confluence ホームディレクトリ

Confluence のホーム ディレクトリとは、Confluence がその構成情報、検索用インデックス、およびページの添付ファイルを保存するフォルダです。"ホーム ディレクトリ" の別名は "data ディレクトリ" です。Data Center では "ローカル ホーム ディレクトリ" とも呼ばれます。

ホームディレクトリを見つける

Confluence ホーム ディレクトリの場所は、 Confluence のインストール時に定義されます。この場所は confluence-init.properties ファイルに保存されます。このファイルは、Confluence インストール ディレクトリの confluence/WEB-INF/classes ディレクトリ内にあります。 

Confluence の稼働時にホームディレクトリのロケーションを見つけるには、 > 一般設定 > システム情報 > Confluence 情報 - Confluence ホームに進みます。

Confluence Data Center (クラスタ化されたインスタンス) を使用している場合、共有ホーム ディレクトリもあります。ここには、クラスタ化が行われない場合はホーム ディレクトリ内に常駐する、一部のデータ (添付ファイルおよびバックアップ) が含まれます。共有ホーム ディレクトリの場所は、<local-home>/confluence.cfg.xml ファイルの confluence.cluster.home プロパティで見つけることができます。

ホームディレクトリのコンテンツ 

Confluence ホームディレクトリには、Confluence によって利用される構成データの一部が含まれています。このセクションは、Confluence ホームディレクトリにおけるファイルおよびディレクトリの目的を概説します。

ファイルまたはディレクトリ 目的

confluence.cfg.xml

このファイルには、Confluence をスタートアップする際に必要となる、次のようなあらゆる情報が含まれています:

  • 製品ライセンス
  • コンテキストパス
  • ロケーションおよび接続プール設定等のデータベースに関する詳細
  • 重要なディレクトリへのパス

attachments/

このディレクトリには、Confluence に保存されている各添付ファイルのあらゆるバージョンが含まれています。 

confluence.cfg.xmlattachments.dir プロパティを設定することで、添付ファイルの保存場所の代替ディレクトリを指定できます。

Data Center では、このディレクトリは通常、共有ホーム ディレクトリにあります。

backups/

Confluence は日次のバックアップ アーカイブと手動で生成されたすべてのバックアップをこのディレクトリに保管します。このディレクトリ内のバックアップ ファイルは、次のような形式になります: daily-backup-YYYY_MM_DD.zip

confluence.cfg.xmldaily.backup.dir プロパティを設定することで、バックアップの代替ディレクトリを指定できます。

Data Center では、このディレクトリは通常、共有ホーム ディレクトリにあります。

bundled-plugins/

Confluence には一連のプラグインが同梱されます。bundled-plugins ディレクトリは、Confluence が起動時にバンドル プラグインを保存する場所です。このディレクトリは再起動時に必ずリフレッシュされるため、このディレクトリからプラグインを削除してもそのプラグインのアンインストールが行われるわけではありません。変更内容は、Confluence の次回の起動時に置き換えられます。 

database/

これは、組み込みの H2 データベースを使用して Confluence を実行する設定にした場合に、データベースが保存される場所です。そのような場合、このディレクトリには全ての Confluence ランタイムデータが含まれます。MySQL 等の外部データベースを利用して実行するよう構成されているインストレーションは、このディレクトリを使用しません。

H2 データベースは Confluence を評価するために提供されており、本番用データベースとしてはサポートされていません。 

index/

Confluence インデックスは、コンテンツの検索や最近更新されたリストのためにアプリケーションによって頻繁に使用され、Confluence インスタンスを稼働するために不可欠です。このディレクトリのデータが失われたり、破損したりした場合、Confluence 内から完全インデックス再作成を実行することで復元できます。このプロセスは、Confluence のデータベースに保存されているデータの量によっては、かなりの時間を要する場合があります。

confluence.cfg.xmllucene.index.dir プロパティを設定することで、インデックス用の代替ディレクトリを指定できます。 

journal/

エントリは、変更が生じる (コメント、いいね、新規ページなど) とジャーナルに追加されます。次に、ジャーナルエントリが処理され、インデックスに追加されます (約 5 秒ごと)。クラスター構成では、ジャーナルは各ノードでインデックスを同期して維持します。

logs/ Confluence のアプリケーションログはこのディレクトリに保存されます。

plugin-cache/

すべての Confluence プラグインはデータベースに保存されます。プラグイン JAR 内に含まれるクラスに素早くアクセスできるよう、Confluence は plugin-cache ディレクトリ内にそれらのプラグインをキャッシュします。このディレクトリは、プラグインがシステムからインストール / アンインストールされるたびに更新され、Confluence が再起動されるたびにデータベースから完全に取り込まれます。このディレクトリからプラグインを削除しても、それらのアンインストールが行われるわけではありません。

temp/

temp ディレクトリは、エクスポート、インポート、ファイル アップロード、インデックス作成などのランタイム機能に使用されます。このディレクトリのファイルは一時ファイルで、Confluence がオフラインのときに安全に削除できます。Confluence 内の日次ジョブが、不要になったファイルを削除します。

必要に応じて、別の一時ディレクトリの場所を指定できます。<confluence-home>/confluence.cfg.xml を編集し、webwork.multipart.saveDir プロパティに新しい場所を設定します。

thumbnails/

画像サムネイル用に一時ファイルを保存します。このディレクトリは、基本的にサムネイルキャッシュで、このディレクトリから削除されたファイルは、次に画像にアクセスしたときに再生成されます。

Data Center では、このディレクトリは通常、共有ホーム ディレクトリにあります。

shared-home/

このサブディレクトリは、Confluence Server のインストール時にホーム ディレクトリに作成されます。Data Center に移動することを選択した場合、このディレクトリの内容を、すべてのノードがアクセス可能な別の共有ホーム ディレクトリに移動します。

Office ドキュメントや PDF プレビューなどの一部の機能のキャッシュ ファイルも、(Server と Data Center の両方で) このディレクトリに保存されます。


ホームディレクトリのロケーションの変更

Confluence は初回の起動時に confluence-init.properties ファイルを読み、ホーム ディレクトリを探す場所を確認します。 

ホーム ディレクトリの場所を変更するには、confluence-init.properties ファイルで confluence.home プロパティを次のように編集します。

  • Windows
    Windows では、パス C:\confluence\data は次のように表記されます。
    confluence.home=C:/confluence/data  
    すべてのバックスラッシュ (\) がフォワードスラッシュ (/) として表記されることにご注意ください。
  • Linux / Solaris
    Linux ベースのシステムでは、プロパティは通常のディレクトリ構文を使用して定義されます。
    confluence.home=/var/confluence/

Confluence ホーム ディレクトリ内にシンボリック リンクを配置することはできません。ユーザーは絶対パスを定義する必要があります。ディスク スペースに問題がある場合、confluence.home ディレクトリ全体を十分なスペースがあるディスク パーティションに配置します。生成されたファイル(エクスポートなど) の絶対パスは、URL 構築時に confluence.home ディレクトリの絶対パスと比較されます。サブディレクトリが別のパスを持つ場合、URL は誤りと見なされ、"ページが見つかりません" というエラー メッセージが表示される場合があります。これらは、ディレクトリ トラバーサル攻撃を防止するための対策です。

Confluence 設定の修正

ホーム ディレクトリ内の Confluence 設定ファイル confluence-cfg.xml には、Confluence ホームの元の場所への参照が含まれている場合があります。このファイルを編集してこれらの参照を更新し、新しい場所をポイントするようにする必要があります。このファイルの次の 2 つのプロパティを変更する必要があります。

  • daily.backup.dir: バックアップを他の場所に配置するように構成していない場合
  • hibernate.connection.url: 組み込みの HSQL データベースを使用している場合

データベース

ページ コンテンツを含むその他のすべてのデータはデータベースに保持されます。Confluence を評価用にインストールした場合、またはセットアップ中に組み込みの HSQL データベースを使用することを選択した場合、データベース ファイルは Confluence ホーム ディレクトリの database/ に保存されます。それ以外の場合、接続しているデータベース管理システムがデータを保存先と方法を決定します。

一時ディレクトリ (インストール ディレクトリ)

一時ディレクトリは Java ランタイムで設定され、一部の Confluence コンポーネントは一時ファイルまたはロックファイルをこのディレクトリに書き込みます。

temp ディレクトリはインストールディレクトリ内に /temp として配置されています。

このディレクトリのロケーションを変更するには、次の引数を指定して、Confluence を実行している Java 仮想マシンを開始します。

-Djava.io.tmpdir=/path/to/your/own/temp/directory.

(warning) 注意: これは、エクスポートなどが保存される Confluence ホームの temp ディレクトリとは異なります。<confluence-home>/temp ディレクトリの場所を変更する方法については、上記の表を参照してください。 

最終更新日 2019 年 6 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.