ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

You can flag an issue to indicate that it's important. The card of a flagged issue is displayed in yellow in the Scrum backlogActive sprints of a Scrum board, Kanban backlog (if enabled), and Kanban board, with the 'flag' icon replacing the priority icon.

課題にフラグを付けるまたはフラグを解除する

  1. 目的のボードに移動します。
  2. スクラム バックログアクティブ スプリントカンバン バックログ(有効な場合)、またはカンバン ボードのいずれかをクリックします。 
  3. フラグを付ける課題またはフラグを解除する課題をクリックします。
  4. 課題詳細ビューで、「歯車」ドロップダウンからフラグを追加またはフラグを削除を選択します。課題を右クリックして、フラグを追加またはフラグを削除を選択することもできます。

フラグを課題に追加したり、課題からフラグを削除したりする場合にコメントも追加できます。コメントの追加はフラグの追加または削除の理由を示すために利用できます。

課題詳細ビューで、「歯車」ドロップダウンからフラグとコメントを追加またはフラグを削除してコメントを追加を選択します。課題を右クリックして、フラグとコメントを追加またはフラグを削除してコメントを追加を選択することもできます。コメントを追加すると、課題のコメントセクションにフラグの追加または削除の表示と共に、コメントが表示されます。

フラグのある課題を検索する

課題のフラグは、"Flagged" という名前のカスタムチェックボックスに保存されます。これは1つの値しかありません: Impediment

つまり、フラグの付いた課題を検索するために JQL を使用できます: Flagged = Impediment