認識済みのシステム プロパティ

システム プロパティを設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence は Java システム プロパティを使用して有効化できるいくつかの構成およびデバッグ設定をサポートしています。システム プロパティは通常、Confluence が稼働している Java 仮想マシンに -D フラグを渡すことで設定されます。完全な説明については「システム プロパティの設定」を参照してください。

利用可能バージョン

既定値

効果

atlassian.forceSchemaUpdate

1.0

false

既定では、Confluence はアップグレードされたことを検出したときにのみ、データベース スキーマの更新を実行します。このフラグによって、Confluence はシステム起動時にスキーマの更新を自動的に実行します。

confluence.home

1.0

任意のファイルシステム パス

このシステム プロパティが設定されている場合、Confluence は confluence-init.properties ファイルの内容を無視し、このプロパティを Confluence ホーム ディレクトリの設定として使用します。

confluence.dev.mode

1.0

false

Confluence 開発者の役に立つ追加のデバッグ オプションを有効にします(さらに、Spring Bean の作成を変更して、既定で遅延初期化を使用し、起動時間を短縮します)。本番システム上でこのフラグを有効にしないでください。

confluence.disable.mailpolling

2.4

false

"true" に設定されている場合は、Confluence がメールを取得してスペース内にアーカイブするのを妨げます。Web UI を使用する手動の "新規メールの確認" トリガーは動作します。このプロパティは送信メールには影響しません

confluence.i18n.reloadbundles

1.0

true

このプロパティを設定すると、Confluence は国際化文字列が検索されるたびに、i18 n リソース バンドルをリロードします。これは翻訳をテストするときには役立ちますが、Confluenceの実行が非常に遅くなります。

confluence.ignore.debug.logging

1.0

true

デバッグ レベル ログが有効であることを検出した場合、Confluenceでは重大なエラーメッセージがログに記録されるのが普通です。(一般的に、デバッグログはシステムのパフォーマンスを大幅に低下させる原因となるためです)。このプロパティを設定すると、エラーメッセージが抑制されます。

confluence.jmx.disabled

3.0

false

"true" に設定すると、Confluence の JMX モニタリングが無効になります。これには、WEB-INF/classes/jmxContext.xml で "enabled" プロパティを false に設定するのと同じ効果があります。

confluence.optimize.index.modulo

2.2

20

インデックスが最適化される前に、フラッシュするインデックス キューの数。

confluence.plugins.bundled.disable

2.9

false

バンドルされたプラグインなしで Confluence を起動します。開発環境で Confluence を速く起動するのに役立つ可能性はありますが、Confluence の主要な機能の一部はバンドルされたプラグインを必要とするため、このプロパティは、本番システムに設定するべきではありません。

atlassian.indexing.contentbody.maxsize
3.0 1048576

ファイルがアップロードされたら、テキストが抽出され、インデックスが作成されます。これにより、ユーザーはファイル名だけでなく、ファイルのコンテンツを検索することができます。

ファイルから抽出したコンテンツの量が、このプロパティによって設定された制限を超えている場合 (既定では、1 MB、バイト単位) でも、ファイルのコンテンツにはインデックスが作成されて検索可能ですが、検索結果にファイルが返されたときには表示されません。この制限値を増やすと、検索結果の表示に時間がかかる場合がります。詳細は、「添付ファイルサイズの設定」を参照してください。

atlassian.mail.fetchdisabled

3.5

false

IMAP と POP のメール フェッチ サービスを無効にします。

atlassian.mail.senddisabled

3.5

false

メールの送信を無効にします

atlassian.disable.caches

2.4

true

このプロパティを設定すると、Web リソース上のヘッダーに対する条件付き GET が無効になり、期限切れになります。これによってユーザーエクスペリエンスは大幅に遅くなりますが、静的リソースを頻繁に変更していて、ブラウザのキャッシュを継続的に消去したくない場合、開発では役に立ちます。

confluence.html.encode.automatic

2.9


このプロパティを設定すると、antixss エンコードを強制的にオンまたはオフにし、設定によって決定された動作が上書きされます。既定の動作は Confluence のバージョンによって異なります。

org.osgi.framework.bootdelegation

2.10

アプリケーションから OSGi プラグインを提供するパッケージ名をカンマ区切りで表示した一覧。Confluence のプロファイリング時に通常必要。例: "com.jprofiler.、com.yourkit. "。

confluence.diff.pool.size

3.1

20

同時差分の最大数。その数を超えると、差分を作成しようとする RSS フィードによる追加の試みは無視され、ログに記録されます。(RSS 要求は成功しますが、ただ差分が欠けています)。

confluence.diff.timeout

3.1

1000

差分の作成操作(2 つのページ バージョンを比較)を完了するまで待機するミリ秒数で、これを過ぎるとエラーメッセージを表示して操作を中止します。

confluence.html.diff.timeout
4.0
10000
差分の作成操作(2 つのページ バージョンを比較)を完了するまで待機するミリ秒数で、これを過ぎるとエラーメッセージを表示して操作を中止します。
atlassian.user.experimentalMapping

2.10

false

多数のユーザーを抱えるローカルグループにローカルユーザーを追加する際、このプロパティを設定することにより、ローカルユーザーとローカルグループの関係を変化させて、パフォーマンスの低下を軽減します。このプロパティを設定すると、他のユーザー管理機能を遅延させる可能性があることにご注意ください。大規模なローカルグループにローカルユーザーを追加する時にパフォーマンスの問題が発生する場合にのみ、このプロパティを設定することをお勧めします。Confluence 3.1.1.で修正済の CONF-12319 を参照してください。

confluence.import.use-experimental-importer

3.2

false

このプロパティを設定すると、試験的な XML インポーターを使用するよう Confluence を変更します。このインポーターはより安定した実装ができるように設計されていますが、3.2 リリース時にはほとんどテストされていないため、サポートされていません。

atlassian.webresource.disable.minification

3.3

false

Confluence がサービスを提供する JavaScript と CSS リソースの自動ミニフィケーションを無効にします。

index.queue.thread.count

3.3

"効果" を参照

再インデックス ジョブに使用されるスレッド数を設定します。値は 1 ~ 50 (境界を含む)の範囲内でなければなりません。すなわち、少なくとも 1 つのスレッドを使用し、50 スレッド以下のスレッドを使用します。つまり、既定値はありません。

  • index.queue.thread.count を設定しない場合、使用されるスレッド数は、再インデックスに必要なオブジェクト数および使用可能なプロセッサ数をもとに計算されます (最大 50 スレッドが使用されます)。
  • index.queue.thread.count=2 と設定している場合、再インデックスされるオブジェクト数や利用可能なプロセッサ数を問わず、2 つのスレッドがコンテンツの再インデックスに使用されます。
  • index.queue.thread.count=200 と設定している場合、10 スレッド (最大限度) がコンテンツの再インデックスに使用されます。

注意:Confluence バージョン 3.3 ~ 5.6 の最大スレッド数は 10 です。

index.queue.batch.size

3.3

1500

インデクサーが使用するバッチのサイズ。この値を小さくすると、インデクサーがシステムにかける負荷が軽減しますが、インデックス作成に時間がかかります。この値を大きくすると、インデックス作成が速く完了しますが、システムに高い負荷がかかります。通常、この設定はチューニングを必要としません。

password.confirmation.disabled

3.4

false

このプロパティは、Confluence が追加のセキュリティ対策として使用するパスワード確認機能を無効にします。このプロパティを設定すると、Confluence では次の操作のパスワード確認を必要としません管理操作、メールアドレスの変更、ログイン失敗に対応する Captcha。カスタム認証システムを使用している場合は、パスワードの確認を無効にすると便利です。

confluence.browser.language.enabled

3.5

true

このプロパティを 'false' に設定すると、ブラウザの言語ヘッダーの検出が無効になり、Confluence の動作を実質的に以前のリリースの動作に戻します。このプロパティを 'true' に設定すると、ブラウザから送られる言語ヘッダーの検出が有効になります。Confluenc はブラウザのヘッダーをもとに、UI 言語を変更します。言語設定の選択方法に関するドキュメントを参照してください。

upm.pac.disable

ユニバーサル プラグイン マネージャー 1.5

false

このプロパティが true に設定されている場合、UPM は Atlassian Marketplace にアクセスしません。この設定はインターネットにアクセスしないアプリケーションサーバーに便利です。UPM ドキュメントを参照してください。

confluence.reindex.documents.to.pop

3.5.9

20

完全な再インデックス中に、各インデックス スレッドが一度に処理するオブジェクト数を示します。この数には添付ファイル数が含まれませんので、ご注意ください

confluence.reindex.attachments.to.pop

3.5.9

10

完全な再インデックス中に、各インデックス スレッドが一度に処理する添付ファイル数を示します。

confluence.upgrade.active.directory

3.5.11

false

Confluence で username 属性 の sAMAccountName 検索に依存せず、移行した任意の LDAP ディレクトリを Active Directory として強制的に扱うようにします。Confluence 3.5 以前からアップグレードし、ユーザーを識別するのに sAMAccountName 以外の属性を使用する必要があり、ログで LDAP: error code 4 - Sizelimit Exceeded 例外が表示されている場合は、この設定が必要です。詳細については、「"LDAP error code 4 - Sizelimit Exceeded"" により Confluence 3.5 以降でログインできない」を参照してください。

confluence.context.batching.disable
4.0
false
コンテキスト内の Web リソース(例えば、エディター、メイン、管理)のバッチ処理を無効にします。javascript や CSS エラーの原因を診断するのに便利です。
com.atlassian.logout.disable.session.invalidation

4.0

false

ログアウト時のセッション無効化を無効にします。4.0 での既定の動作は、ログアウト時にクライアントに割り当てられた JSession を無効にすることです。これが true に設定されている場合、セッションはアクティブのまままになります(ただし、ユーザーはログアウト)。これは外部の認証システムを使用する場合に役立ちますが、一般に必要とされるものではありません。

officeconnector.spreadsheet.xlsxmaxsize
4.0.5 2097152  viewxls マクロを使用して表示可能な Excel ファイルの最大サイズをバイト単位で示します。空欄の場合は、最大サイズは既定値の 2 Mb になります。詳細については、CONF-21043 を参照してください。
com.atlassian.confluence.extra.calendar3.display.events.calendar.maxpercalendar

200 カレンダーあたりのイベントの最大数を指定します。このプロパティは、チームカレンダープラグインが Confluence サイトにインストールされている場合にのみ有効です。
com.atlassian.confluence.allow.downgrade
4.3.2 false Confluence が新しいバージョンの Confluence のホーム ディレクトリに対して起動できるようにします。そのような方法による Confluence の実行はサポートされていないことにご注意ください。実行していることの意味がわかっている場合にのみ、この設定をオンにするべきです。詳細については、ダウングレード後、Confluence の実行ができない を参照してください。
confluence.skip.reindex

false "true" となっている場合、Confluence のアップグレード時、Confluence に対して検索インデックスの再構築をスキップすることを許可します。大規模なサイトがあり、アップグレードの完了後までインデックスの再構築を遅らせたい場合に役に立つ可能性があります。
reindex.thread.count
5.2
1 回限りのインデックス再作成ジョブに使用されるスレッド数を設定します。値は 1 ~ 50 (境界を含む) の範囲内でなければなりません。すなわち、使用するスレッドは、1 スレッド以上、50 スレッド以下です。既定値はありません。このシステムプロパティは、Confluence が実行する増分インデックス作成に影響を与えません。
reindex.attachments.thread.count
5.2 4

添付ファイルのインデックス再作成に使用されるスレッド数を具体的に設定します。また、これらのメモリを集中的に消費するインデックスアイテムの同時実行を減らすことができます。

atlassian.confluence.export.word.max.embedded.images
5.2 50 このプロパティは、Confluence ページを Word にエクスポートする際に含まれる画像の数を制限します。多くの画像が添付されたページを Word にエクスポートすると、すべての画像がメモリに読み込まれるため、Confluence サイト全体でメモリ不足エラーが発生する可能性があります。多数の画像が添付されたページをエクスポートする必要がある場合、このシステム プロパティを使用して制限を一時的に増やすことができます。
confluence.mbox.directory
5.4.1
このプロパティを設定すると、Confluence Mail Archiving システム アプリを使用する際のメールボックスのインポート元として Confluence Server のディレクトリが定義されます。メールボックスをその他の場所からインポートすることはできません。Confluence ホーム ディレクトリに、専用のディレクトリを作成することをおすすめします。このシステム プロパティが設定されていない場合、サーバーからメールをインポートすることはできません。
confluence.search.max.results
5.5 1000 このプロパティを設定すると、Confluence 検索が返す項目の最大値が変更されます。
confluence.upgrade.recovery.file.enabled
5.5 true 既定では、Confluence はアップグレード前と後にアップグレード リカバリ ファイルを作成します。大規模なデータベースでの作業は長時間を要することがあり、またアップグレードを実行する前にデータベースをバックアップし、バックアップを検証するプロセスがある場合、作業を安全に停止できます。このプロパティを false に設定すると、アップグレードリカバリ ファイルの作成が無効になります。
confluence.junit.report.directory
5.5
このプロパティを設定すると、(Confluence JUnit レポート アドオンで使用する目的で)JUnit レポートがインポートされてきた Confluence サーバー上のディレクトリが定義されます。その他の場所は許可されていません。特にこの目的のために、管理者が Confluence ホームディレクトリ内にディレクトリを作成することをおすすめします。このシステム プロパティが設定されるまで、サーバーから JUnit テスト結果ファイルをインポートできません。
officeconnector.textextract.word.docxmaxsize
5.5.3 16777216

ファイルがアップロードされたら、テキストが抽出され、インデックスが作成されます。これにより、ユーザーはファイル名だけでなく、ファイルのコンテンツを検索することができます。

Confluence は、このプロパティで設定された上限 (既定では 16MB、バイト単位) を下回る Word ドキュメントからのみコンテンツを抽出してから、インデックスの作成に進みます。つまり、検索できるのはファイルの内容の一部のみです。詳細は、「添付ファイルサイズの設定」を参照してください。

cluster.login.rememberme.enabled
5.6

False

クラスタで、このプロパティを True に設定すると、ログインページの "Remember Me" チェックボックスが有効になります。この設定はクラスタでは推奨されず、既定で無効になっています ("Remember Me" は常に有効で、ユーザーはノード間をシームレスに移動できます)。

このシステムプロパティは、スタンドアローンの Confluence では効果がありません。

confluence.cluster.hazelcast.listenPort
5.6 5801

たとえば、ポートが使用できない場合、または同じホスト上で複数のノードを実行する(推奨されない)必要がある場合、クラスタでは、このプロパティを使用すれば、 Hazelcast がバインドする既定のポートを上書きできます。既定の設定は 5801 です。

confluence.document.conversion.threads
5.7
ファイル変換サービスに割り当てられるスレッド数は、インスタンスに割り当てられるメモリ量と CPU コア数をもとに動的に計算されます(通常、4 から 6 スレッド)。このプロパティを使用して、スレッド数を変更できます。OOME 問題を解決するにはスレッドを減らし、ドキュメントがキューで待機する時間が長すぎる問題を解決するにはスレッドを増やします。
confluence.document.conversion.threads.wait
5.7 1000 このプロパティを設定して、変換待ちのキューに入る項目の最大値を変更します。この上限に達したときに出されたファイル変換リクエストはすべて中止されます。
confluence.cluster.node.name
5.7
このプロパティを設定して、データセンター クラスターの各ノードに人が読める形式の名前(電子メール通知およびフッターに表示)を付けます。この設定を未設定にした場合、Confluence は各ノードにノード識別子を割り当てます。
confluence.document.conversion.fontpath
5.8.7

このプロパティを設定して、ファイルを(プレビューとサムネイルで)レンダリングする際に使用するフォントを追加するディレクトリを定義します。

この設定は、特定のフォント、または(日本語など)マルチバイト文字のフォントを使用するファイルのプレビューをサポートする必要がある場合に便利です。

confluence.document.conversion.words.defaultfontname
5.8.7

このプロパティを設定して、Confluence で Word (.doc および .docx) ファイルのレンダリングに使用する既定のフォントを変更します。

フォント名を指定するだけです (パスではありません) 

confluence.document.conversion.slides.defaultfontname.regular
5.8.7

このプロパティを設定して、Confluence で Powerpoint (.ppt および .pptx) ファイルの標準フォントのレンダリングに使用する既定のフォントを変更します。

フォント名を指定するだけです (パスではありません)

confluence.document.conversion.slides.defaultfontname.asian
5.8.7 TakaoPGothic

このプロパティを設定して、Confluence で Powerpoint (.ppt および .pptx) ファイルのアジア言語用フォントのレンダリングに使用する既定のフォントを変更します。

フォント名を指定するだけです (パスではありません) 

confluence.document.conversion.slides.defaultfontname.symbol
5.8.7

このプロパティを設定して、Confluence で Powerpoint (.ppt および .pptx) ファイルの記号のレンダリングに使用する既定のフォントを変更します。

これは Symbol フォントが見つからない場合に、箇条書きの中黒や他の記号に使用されるフォントです。

フォント名を指定するだけです (パスではありません) 

confluence.clickjacking.protection.disable
5.8.15 false セキュリティ機能により、Confluence は <iframe> に組み込まれないようになっています。この保護を無効化するには、このプロパティを true に設定します。これにより、Confluence は <iframe> に組み込み可能になります。
confluence.cluster.index.recovery.query.timeout
5.9.1 10 Confluence Data Center では、インデックス リカバリーを必要とする confluence ノードが、別のノードからインデックス スナップショットが提供されるのを待機し、インデックスの復元をあきらめて試行を停止するまでの時間 (秒単位)。
confluence.cluster.index.recovery.generation.timeout
5.9.1 120 Confluence Data Center では、インデックス リカバリーを必要とする confluence ノードが、別のノードによってインデックス スナップショットが作成されるのを待機し、インデックスの復元をあきらめて試行を停止するまでの時間 (秒単位)。
confluence.cluster.index.recovery.num.attempts
5.9.1 1 Confluence Data Center では、インデックスリカバリーが必要なノードがインデックスのリカバリーを試行する回数です。このプロパティを 0 に設定することで、そのノードのインデックスリカバリーが無効化されます (たとえば、起動時に自動的にインデックスを再構築するようにノードに強制する場合など)。
com.atlassian.confluence.officeconnector.canary.memory_value
5.9.1 1024 Office Connector Canary プロセスに利用可能なメモリを設定します (メガバイト単位)。これは、Word オプションからのインポートに伴う既知の問題に対する回避策です。詳細は、「Confluence において Word からのインポート中に JVM がクラッシュする」を参照してください。
com.atlassian.confluence.officeconnector.canary.timeout
5.9.1 120000 Office Connector Canary プロセスのタイムアウト最大値を設定します (ミリ秒)。 これは、Word オプションからのインポートに伴う既知の問題に対する回避策です。詳細は、「Confluence において Word からのインポート中に JVM がクラッシュする」を参照してください。
atlassian.plugins.enable.wait
5.9.5 300 このプロパティを設定して、プラグイン起動までの既定の待機時間を増やします。これは、プラグインが時間どおりに起動しないために、Confluence の起動に失敗する場合に有効です。
confluence.cluster.hazelcast.max.no.heartbeat.seconds
5.9.7 30 Confluence Data Center では、これは、ノードがクラスターと通信できない時間 (秒) を設定します。この時間を過ぎるとそのノードはクラスターから削除されます。この設定を変更する場合、詳細は「アップタイムとデータ保全性の平衡化」を参照してください。
confluence.startup.remigration.disable
5.10.8 False
Confluence で、プラグインをインストールまたは更新するたびに、移行されていない wiki マークアップ マクロを含むページの移行が試行され、新しいページ バージョンが作成される問題が繰り返し発生する場合、このプロパティを true に設定します。 詳細は、 CONF-37710 - 問題の詳細を見る... ステータス を参照してください。
cluster.safety.time.to.live.split.ms
6.0.0 60000

Confluence Data Center では、クラスターのセーフティ ジョブがスピリット ブレインが検出された後でノードの再結合を許可するまで待機する期間 (ミリ秒) です。この時間を経過した後に、ノードがキャッシュ内でクラスターのセーフティ番号を見つけられなかった場合、ノードがパニックになります。

confluence.cph.max.entries
6.0.0 2000 これは、ページとその子をコピーする場合、各バッチでコピーされるページの最大数です。子ページの既定数より多くページをコピーしたい場合は、この数字を増やしてください。
confluence.cph.batch.size
6.0.0 10 これは、ページとその子をコピーする場合、各バッチでコピーされるページ数です。子ページが多く存在するページのコピーで問題が発生する場合、この数値を増減します。
synchrony.port(formerly known as reza.port)
6.0.0 8091

Synchrony (共同編集を実現するサービス) が実行されるポートです。このポートは、ポート 8091 を利用できない場合にのみ変更する必要があります。6.0.4 から、Confluence Server は reza.port または synchrony.port のいずれかを許可するようになります。

synchrony.memory.max(formerly reza.memory.max)
6.0.0 1g これは、Synchrony に割り当てられた最大ヒープ サイズ (Xmx) です。Synchrony は、共同編集を実現するサービスです。ヒープ サイズを増減する必要がある場合、この値を変更します。6.0.4 から、Confluence Server は reza.memory.max または synchrony.memory.max のいずれかを許可するようになります。
synchrony.stack.space
6.0.0 2048k

これは、Synchrony JVM のスタックサイズ (Xss) を設定します。Synchrony でスタックオバーフローエラーが発生する場合はこの値を増やし、メモリ不足エラーが発生する場合はこの値を減らします。

このプロパティは、Synchrony が Confluence で管理されている場合にのみ適用されます。

synchrony.enable.xhr.fallback
6.0.0 True XML HTTP Request (XHR) フォールバックは、WebSocket 経由で Synchrony へ接続できないユーザーが、Confluence Editor を使用できるようにします。Confluence 6.1 以降、この機能は既定で有効化され、WebSocket 接続を利用できない場合にのみ使用されます。サポート チームから指示されない限り、これを無効化しないでください。
synchrony.database.test.connection.on.checkin
6.0.0 True データベースへの接続が、すべての接続 checkin で有効かどうかを検証します。ページを非常に頻繁に編集するサイトでパフォーマンスの問題が発生した場合、アトラシアン サポートは、このプロパティを "False" に設定するよう提案することがあります。
synchrony.proxy.enabled
6.0.0 True

既定では、Confluence は Confluence JVM および Synchrony JVM 間の通信に内部プロキシを使用します。詳細は、「共同編集の管理」を参照してください。

Confluence 6.0 で内部プロキシを有効化するには、このプロパティを true に設定します (リバース プロキシを設定していて、内部l Synchrony プロキシも使用したい場合に便利です)。

Confluence 6.1 以降では、Confluence がプロキシの使用タイミングを判断するため、このシステム プロパティを使用する必要はありません

このプロパティは、Synchrony が Confluence で管理されている場合にのみ適用されます。Synchrony のスタンドアロン クラスタには影響しません。

synchrony.bind (旧 reza.bind)
6.0.0 0.0.0.0 Synchrony がリッスンする特定のネットワーク インターフェイスです。Synchrony が Confluence Data Center で管理されている場合、これを変更する必要は基本的にはありません。Confluence Data Center で Synchrony のスタンドアロン クラスタを実行する場合、これを synchrony.cluster.bind と同じ値に設定する必要があります。
6.0.4 以降、Confluence Server では reza.bind または synchrony.bind が許可されます。 
synchrony.context.path
6.0.0 /synchrony Synchrony のコンテキスト パスです。Synchrony が Confluence で管理されている場合や Confluence Server ではこれを変更する必要はありません。
confluence.pdfexport.permits.size
6.0.0 (コアの数) このプロパティを使用して、PDF のエクスポートの同時実行数を設定します。既定では、サーバーまたはクラスタ ノード上のコア数に設定されています。
confluence.pdfexport.timeout.seconds
6.0.0 30 このプロパティを使用して、confluence.pdfexport.permits.size で設定された同時実行 PDF エクスポートの最大数に到達している場合の、新しい PDF エクスポート リクエストを失敗するまでの待機時間を設定します。
confluence.flyingpdf.default.characters.per.line
6.0.3 80 ページを PDF にエクスポートする際、表の列見出しの総文字数がこのプロパティの値を超えていると、Confluence はすべての列が 1 ページ内に収まるように、自動的に表の残りの列幅を調整します。
synchrony.host
6.0.4 127.0.0.1

Confluence が Synchrony への接続に使用する IP。既定は localhost です。Confluence に対し、カスタムのホスト名または IP アドレス経由で Synchrony への接続を許可する必要がある場合、この値を変更します。

このプロパティは、Synchrony が Confluence で管理されている場合にのみ適用されます。Synchrony のスタンドアロン クラスタには影響しません。

synchrony.proxy.healthcheck.disabled
6.1.0 false Synchrony プロキシのヘルス チェックは、Synchrony プロキシが実行中で、リクエストに対応しているかどうかを確認するために使用されるものです。http 接続が必要です。server.xml に http コネクタが存在しない場合 (https または AJP コネクタを使用している場合など)、Synchrony プロキシが動作していてもヘルス チェックは失敗します。必要に応じ、このシステム プロパティを使用してヘルス チェックを無効化することができます。
page.index.macro.max.pages
6.1.4 5000 ページ インデックス マクロで表示可能なページの最大数を設定します。ページ インデックス マクロを多数のページがあるスペースで使用した場合、Confluence インスタンスの速度が大幅に低下し、out of memory エラーが発生します。スペース内のページ数がこの上限を上回る場合、ページ インデックス マクロには、ページ数と、表示するページ数が多すぎるというメッセージが表示されます。
atlassian.indexing.attachment.maxsize 
6.2.2 104857600

ファイルがアップロードされたら、テキストが抽出され、インデックスが作成されます。これにより、ユーザーはファイル名だけでなく、ファイルのコンテンツを検索することができます。

アップロードされたファイルがこのプロパティで設定された上限 (既定では 100 MB、バイト単位) より大きい場合、テキスト抽出とインデックス作成はスキップされます。詳細は、「添付ファイルサイズの設定」を参照してください。

officeconnector.excel.extractor.maxlength
6.2.2 1048576

ファイルがアップロードされたら、テキストが抽出され、インデックスが作成されます。これにより、ユーザーはファイル名だけでなく、ファイルのコンテンツを検索することができます。

Confluence は、このプロパティで設定された上限 (既定では 1MB、バイト単位) を下回る Excel スプレッドシートからのみコンテンツを抽出してから、インデックスの作成に進みます。つまり、検索できるのはファイルの内容の一部のみです。詳細は、「添付ファイルサイズの設定」を参照してください。

confluence.collab.edit.user.limit
6.3.0 12 共同編集が有効になっている場合は、同時にページを編集可能なユーザーの最大数を設定します。多くの人が編集を行う際、パフォーマンスが低下した場合は、この数値を減らします。
jobs.limit.per.purge
6.4.3 2000

古いジョブ実行の詳細を削除する スケジュール ジョブは、データベースから古いスケジュール ジョブを一括して削除します。

このプロパティを設定して、各バッチで削除するレコードの数を変更します。

all.jobs.ttl.hours
6.4.3 2160

既定では、古いジョブ実行の詳細を削除 スケジュール ジョブは、90 日 (または 2160 時間) より古い、成功したスケジュール ジョブの詳細を削除します。

データベース内の成功したジョブの詳細を保持時間を変更するには、このプロパティを設定します。

unsuccessful.jobs.ttl.hours
6.4.3 168

既定では、古いジョブ実行の詳細を削除 スケジュール ジョブは、7 日 (または 168 時間) より古い、成功しなかった (失敗または中断された) スケジュール ジョブの詳細を削除します。

データベース内の失敗したジョブの詳細の保持時間を変更するには、このプロパティを設定します。

hide.system.error.details
6.5.0 False Confluence を起動できない場合にブラウザに表示されるエラー画面で詳細を非表示にする場合、このプロパティを true に設定します。この設定は、問題の詳細を表示したくない公開サイトで便利です。
atlassian.recovery.password
6.6.1

管理者に対し、Confluence をリカバリ モードで起動し、一時管理者パスワードを指定することを許可します。これは、サイト インポート後に管理者がインスタンスにアクセスできなくなり、他の方法ではパスワードをリセットできない場合に便利です。詳細は、「パスワードを復元して管理者ユーザー権限を回復する」を参照してください。

このシステム プロパティは、管理者アカウントを復旧したり、新しい管理者アカウントを作成したりしたらすぐに削除する必要があります。

confluence.extra.userlister.limit
6.6.3、
6.7.1
10000 このプロパティを設定して、ユーザー リスト マクロで表示できるユーザーの最大数を変更します。このマクロには、大量のユーザーを表示しようとした場合にメモリ不足エラーが発生する既知の不具合があります。  
conversion.sandbox.pool.size
(以前の document.conversion.sandbox.pool.size)
6.10.0 2

外部プロセス プール内のプロセス (サンドボックス) の数を増やすには、このプロパティを使用します。プロセスの数が増えると同時実行できるタスクも増えますが、各ノードでのメモリや CPU リソースの消費量も増加します。 

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。Confluence 6.12 でこのプロパティの名前が変更されました。

conversion.sandbox.startup.time.limit.secs
(以前の document.conversion.sandbox.startup.time.limit.secs)
6.10.0 30

ページにドキュメント ファイルを挿入すると、インラインでの表示やプレビュー用にコンテンツのサムネイルが作成されます。Confluence Data Center では、これは外部プロセス プール内で行われます。

このプロパティは、プロセスを終了するまでの、プロセスがドキュメント変換の開始を待機する時間 (秒単位) を設定します。

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。Confluence 6.12 でこのプロパティの名前が変更されました。

document.conversion.sandbox.request.time.limit.secs
6.10.0 30

ページにドキュメント ファイルを挿入すると、インラインでの表示やプレビュー用にコンテンツのサムネイルが作成されます。Confluence Data Center では、これは外部プロセス プール内で行われます。

このプロパティは、プロセスでのドキュメントの変換の完了の待機時間 (秒単位) を設定します。この時間が経過すると、そのファイルのサムネイル生成は失敗として扱われます。 

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

sandbox.termination.tolerance
6.10.0 5

このプロパティは、上記の request.time.limit.secs プロパティで設定したリクエスト時間の上限を超過したかどうかを外部プロセス プールが確認する頻度を指定します。(リクエスト時間の上限) ÷ (このプロパティの値) で計算されます。例えば、リクエスト時間の上限が 30 秒で、このプロパティで定めた許容値が 5 の場合、プロセスは 6 秒毎に、リクエスト時間の上限超過を確認します。

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

conversion.sandbox.memory.limit.megabytes
(以前の document.conversion.sandbox.memory.limit.megabytes)
6.10.0 512

ページにドキュメント ファイルを挿入すると、インラインでの表示やプレビュー用にコンテンツのサムネイルが作成されます。Confluence Data Center では、これは外部プロセス プール内で行われます。

このプロパティは、外部プロセス プールの各プロセスが消費できるヒープ メモリの量を制限します。 

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。Confluence 6.12 でこのプロパティの名前が変更されました。

document.conversion.sandbox.log.level
6.10.0 INFO

このプロパティを使用して、外部プロセス プールのドキュメント変換のログ レベルを WARNING、INFO、または FINE に変更します。これは、サンドボックスの問題をトラブルシューティングする際に便利です。

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

sandbox.error.delay.millis
6.10.0 50

このプロパティは診断のために使用し、ドキュメント変換のエラーの取得頻度をミリ秒単位で設定します。 

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

document.conversion.sandbox.disable
6.10.0 false

ドキュメント変換 (サムネイル生成) を外部プロセス プールで処理したくない場合は、このプロパティを true に設定します。

無効化すると、ドキュメント変換は、Confluence Server の場合と同様に、Confluence JVM で処理されます。

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

diagnostics.os.check.period.secs
6.11.0 120

オペレーティング システムの診断チェックの実行頻度 (秒単位) を変更するには、このプロパティを設定します。

このプロパティは、Low free memory (OS-1001) および Low free disk space (OS-1002) アラートにのみ適用されます。

diagnostics.os.min.free.memory.megabytes
6.11.0 256

このプロパティは空きメモリの診断アラート (OS-1001) に適用されます。

このアラートをトリガーするメモリ空き容量 (メガバイト単位) のしきい値を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.os.min.free.disk.space.megabytes
6.11.0 8192

このプロパティは、ディスクの空き容量の診断アラート (OS-1002) に適用されます。

このアラートをトリガーする、ローカルまたは共有ホーム ディレクトリのディスク空き容量 (メガバイト単位) のしきい値を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.slow.http.request.secs
6.11.0 60

このプロパティは HTTP リクエスト診断アラート (HTTP-1001) に適用されます。このアラートはデフォルトで無効になっています。

低速な HTTP リクエストについてこのアラートをトリガーするしきい値 (秒) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.slow.long.running.task.secs
6.11.0 300

このプロパティは、長時間実行されるタスク 診断ツール (JOB-1001) に適用されます。

長時間実行されるタスクについてこのアラートをトリガーするしきい値 (秒) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.slow.macro.rendering.secs
6.11.0 30

このプロパティはマクロ レンダリング診断アラート (MACRO-1001) に適用されます。このアラートはデフォルトで無効になっています。

ページのマクロのレンダリングについてこのアラートをトリガーするしきい値 (秒) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.jvm.memory.check.period.secs
6.11.0 10

JVM 診断チェックの実行頻度 (秒単位) を変更するには、このプロパティを設定します。

このプロパティは、スレッド メモリ割り当て率 (JVM-1001) およびガベージ コレクション (JVM-1002)アラートにのみ適用されます。

diagnostics.jvm.memory.allocation.rate.percent
6.11.0 5

このプロパティは、スレッド メモリ割り当て率診断アラート (JVM-1001) に適用されます。このアラートはデフォルトで無効になっています。

監視期間 (diagnostics.jvm.memory.allocation.monitoring.period.secs で設定) 中の、特定のスレッドへのメモリ割り当てについて、このアラートをトリガーするしきい値 (パーセンテージ) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.jvm.memory.allocation.monitoring.period.secs
6.11.0 20

このプロパティは、スレッド メモリ割り当て率診断アラート (JVM-1001) に適用されます。このアラートはデフォルトで無効になっています。

このアラートの監視期間 (秒単位) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.jvm.garbage.collector.percent
6.11.0 10

このプロパティはガベージ コレクション診断アラート (JVM-1002) に適用されます。このアラートは、監視期間中 (diagnostics.jvm.garbage.collector.monitoring.period.secs で設定) にガベージ コレクションに割り当てられたメモリ量をチェックします。

ガベージ コレクションに割り当てられたメモリについて、このアラートをトリガーするしきい値 (パーセンテージ) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.jvm.garbage.collector.monitoring.period.secs
6.11.0 20

このプロパティはガベージ コレクション診断アラート (JVM-1002) に適用されます。

このアラートの監視期間 (秒単位) を変更するには、このプロパティを設定します。

diagnostics.alert.retention.period.days
6.11.0 30 診断アラート データをデータベース内に保持する期間 (日数) を変更するには、このプロパティを設定します。
diagnostics.alert.truncation.interval.minutes
6.11.0 30 30 日より古い診断アラート データの確認および削除頻度を変更するには、このプロパティを設定します (日数の制限は diagnostics.alert.retention.period.days) で設定されます)。
pdf.export.sandbox.disable
6.12.0 false

PDF エクスポートを外部プロセス プールで処理しない場合、このプロパティを true に設定します。

無効化すると、PDF は、Confluence Server の場合と同様に、Confluence JVM で処理されます。

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

pdf.export.sandbox.request.time.limit.secs
6.12.0 180

スペースを PDF にエクスポートする場合、Confluence は各ページのコンテンツを HTML にエクスポートし、その HTML を PDF に変換してから、すべてのページを 1 つの PDF ファイルに統合します。Confluence Data Center では、これは外部プロセス プール内で行われます。

このプロパティは、プロセスの終了までにプロセスが完了を待機する時間 (秒単位) を設定します。この時間制限は、HTML から PDF へのコンテンツの変換時間と、最終的な PDF ファイルの統合時間の両方に適用されます。  

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

pdf.export.sandbox.memory.requirement.megabytes
6.12.0 64

Confluence Data Center では、PDF エクスポートは外部プロセス プールで処理されます。 

このプロパティは、PDF エクスポートを開始するためにサンドボックス プロセスで必要な最小メモリ数 (メガバイト単位) を設定します。conversion.sandbox.memory.limit.megabytes の設定がこのプロパティの値より小さい場合、PDF のエクスポートは開始しません。このプロパティは 64 MB 以上に設定することをお勧めします。 

このプロパティは Data Center にのみ適用されます。

最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.