Jira Cloud のサイト インポートでサポートされるバージョン

Jira のサイト インポート機能を使用してサーバー製品からクラウド製品に移行する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex
description

Jira のクラウド サイト インポート プロセスでサポートされる、セルフホスト型 (サーバーおよび Data Center) 製品の Jira バージョンをご確認ください。

現在ご利用のセルフホスト型製品のバージョンによっては、Jira サイトのインポートを使用して Jira Server から Cloud に移行する前に、アップグレードが必要な場合があります。以下は、互換性のあるセルフホスト型バージョンのガイドラインです。

Jira Software または Jira Core

現在のサーバーまたは Data Center バージョンをご確認ください。

  • バージョン 7.13.1 以降: 移行前のアップグレードは不要です。

  • 7.6.0 ~ 7.13.0: アップグレードしてから移行することを推奨します。7.13.1 よりも前のサーバー バージョンでは、課題の作成日や履歴の日時を含むすべてのタイムスタンプが UTC として解釈されます。これらのタイムスタンプが重要で、サーバー システムが UTC ではない場合、バージョン 7.13.1 以降にアップグレードすることをおすすめします。詳細についてはバグ レポートをご確認ください

  • 7.0.0 ~ 7.6.0:7.13.1 以降にアップグレードしてから移行することを推奨します。7.0.0 と 7.6.0 の間のバージョンの移行は動作する可能性はありますが、これらのバージョンではアップグレードなしでの移行は保証されません。

  • ~ 7.0.0: 7.13.1 以降にアップグレードしてから移行する必要があります。

Jira Service Management

3.0.0 (初回リリース) 以降のすべての Jira Service Management または Jira Service Desk のバージョンがサポートされます。

Bitbucket

If you are migrating Jira and need to integrate Bitbucket Server or Bamboo, refer to the Application Links version matrix to make sure you are on the proper version of Bitbucket Server or Bamboo before starting your migration. 


詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

最終更新日: 2021 年 2 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.