高度な機能のためのユーザーへのデータの追加 - Jira アプリケーションのみ

You can add data to the properties of users to enable add-ons to execute advanced functions based on that data. For example, data added to a user can be used to automate post-functions in a workflow (such as those enabled by the Jira Misc Workflow Extensions add-on) so issues can be automatically assigned to a certain user based on its properties. This data can also be used to integrate Jira users with time tracking software.

ユーザー プロパティに割り当てられるデータは、以下の項目で構成されています。

  • A key – for example, 'Phone number' or 'Location'.
  • A corresponding value – for example, '987 654 3210' or 'Level Three'.

これらのユーザー プロパティは、プロパティ データを特定のユーザーに追加する以外は、プロジェクトの他の部分にはまったく影響しません。

You can only add data to Jira users; other products don't make use of this property.

ユーザーにデータを追加して、高度な機能を利用可能にするには、

  1. [サイト管理] に移動します。
  2. Select the user you want to set the data properties for.
  3. Click the down arrow to the right of the Change password button and select Edit Jira Properties.
  4. Enter the Key and Value for the user.


最終更新日 2018 年 4 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.