Bitbucket Cloud で Git リポジトリから変更をプルする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Git リポジトリを作成する
  2. Git リポジトリをコピーしてファイルを追加する
  3. Bitbucket Cloud で Git リポジトリから変更をプルする
  4. Git ブランチを使用してファイルをマージする

宇宙ステーションの管理アクティビティの次の作業として、場所の詳細情報を含むファイルが必要です。この時点では場所の数があまりないため、Bitbucket から直接追加することになります。

ステップ 1. Bitbucket でファイルを作成する

新しいロケーション ファイルを追加するには、以下の操作を行います。

  1. BitbucketStationLocations リポジトリから、[ソース] をクリックしてソース ディレクトリを開きます。
    ディレクトリには locations.txt ファイルのみが表示される点をご確認ください。

      • A. ソース ページ: リンクをクリックしてこのページを開きます。
      • B. ブランチの選択: 表示したいブランチを選択します。
      • C. その他のオプション ボタン: クリックすると、[ファイルを追加] などのオプションを含むメニューが開きます。
      • D. ソース ファイル領域: Bitbucket のディレクトリまたはファイルを表示します。 
  2. ソース ページの右上で [その他のオプション] ボタンをクリックし、メニューから [ファイルを追加] を選択します。[その他のオプション] ボタンは、リポジトリに 1 つ以上のファイルを追加した後にのみ表示されます。

    次の画像のように、新規ファイルを作成するためのページが表示されます。


      • A. 新しいファイルのブランチ: 別のブランチにファイルを追加したい場合は変更します。
      • B. 新しいファイル領域: ここに、新規ファイルのコンテンツを追加します。 
  3. [ファイル名] フィールドに「stationlocations と入力します。

  4. [言語モード] リストから HTML を選択します。

  5. テキスト ボックスに次の HTML コードを追加します。

    <p>Bitbucket has the following space stations:</p>
    <p>
        <b>Earth's Moon</b><br>
        Headquarters
    </p>
  6. [コミット] をクリックします。[コミット メッセージ] フィールドに、stationlocations created online with Bitbucket.」というメッセージが表示されます

  7. メッセージ フィールドの下の [コミット] をクリックします。

これで、Bitbucket に新しいファイルができました。コミットの詳細を示すページが開き、ここで先ほど行った変更を確認できます。

ここまでに作成したコミットの一覧を確認したい場合は、サイドバーで [コミット] をクリックします。

ステップ 2. リモート リポジトリから変更をプルする

次に、この新規ファイルをローカル リポジトリに送る必要があります。プロセスは非常にシンプルで、基本的に、locations.txt ファイルを Bitbucket に送る際のプッシュと反対の操作になります。

ファイルをローカル リポジトリにプルするには、次の操作を実行します。

  1. ターミナル ウィンドウを開き、ローカル リポジトリの最上位に進みます。

    macOS / Linux / Git Bash

    $ cd ~/repos/bitbucketstationlocations/

    Windows コマンド プロンプト

    $ cd repos/bitbucketstationlocations/
  2. git pull --all  コマンドを入力して、Bitbucket からすべての変更をプルします(複雑なブランチ ワークフローの場合、すべての変更のプルやマージは適切ではない場合があります)必要に応じて Bitbucket パスワードを入力します。ターミナルは次のようになります。

    $ git pull --all
    Fetching origin
    remote: Counting objects: 3, done.
    remote: Compressing objects: 100% (3/3), done.
    remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
    Unpacking objects: 100% (3/3), done.
    From https://bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationlocations
       fe5a280..fcbeeb0 master -> origin/master
    Updating fe5a280..fcbeeb0
    Fast-forward
     stationlocations | 5 ++++++++++++++
     1 file changed, 5 insertions(+)
     create mode 100644 stationlocations

    git pull l コマンドは、リモート リポジトリ (Bitbucket) のファイルを 1 つのコマンドでローカル リポジトリにマージします。

  3. ローカル システムのリポジトリ フォルダに移動すると、追加したばかりのファイルが表示されます。

素晴らしい!宇宙ステーションの場所に関する 2 つのファイルを追加することで、Bitbucket とローカル システム間の基本的な Git ワークフロー (クローン、追加、コミット、プッシュ、プル) を実行しました。

次へ

最終更新日 2019 年 1 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.