Bitbucket Cloud のサポート終了のお知らせ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

可能な限りのユーザー エクスペリエンスを提供するため、Bitbucket Cloud から既存の機能を削除することがあります。Atlassian では、このような変更が日々使用するワークフローや機能に与える影響を考慮しています。機能のサポート終了を決定する際には、使用の実態、製品の方向性との調整、および運用コストを慎重に検討します。

Atlassian では、機能のサポートを終了する前に、その機能を使用しているすべてのユーザーに事前通知を提供できるよう最善を尽くします。また可能な限り、代替機能を提供するか、廃止する機能に代わる新機能についてもお知らせします。

通知形式には、このページの更新に加えて、メール、アプリ内メッセージ、API 応答、および blog.bitbucket.org のブログ投稿が含まれる可能性があります。

サポートを終了する機能

以下の表は、今後の Bitbucket Cloud リリースでのサポート終了のお知らせを要約したものです。

機能サポート終了影響を受けるユーザー詳細
AWS CodeDeploy app removal

2020年6月1日 

Users that have the AWS CodeDeploy app installed

On  Bitbucket is sunsetting the AWS CodeDeploy app in favor of its AWS CodeDeploy pipe. That means the AWS CodeDeploy app will no longer be listed in the marketplace, and new installations will be disabled. On  any existing installations of the AWS CodeDeploy app will be removed. Read more about this change.

Mercurial サポート

2020年6月1日

Mercurial リポジトリを使用しているユーザーアトラシアンでは先日Bitbucket Cloud とその API からMercurial のサポートを削除することを発表しましたBitbucket で新しい Mercurial リポジトリを作成する機能は 2020 年 2 月 1 日で無効化されます。Mercurial の機能およびリポジトリは 2020 年 6 月 1 日に、Bitbucket および Bitbucket API から正式に削除されます。


This table summarizes the end of support announcements for past Bitbucket Cloud releases.

機能サポート終了影響を受けるユーザー詳細
サービス2019 年 7月 1 日

Services 機能を活用するリポジトリ。

Bitbucket webhook への移行をお勧めします。
すべてのチーム API キー2019 年 5 月 1 日API キーを使用して Bitbucket コンテンツにアクセスするチーム既存のチーム メンバーのアカウントまたは専用アカウントでアプリケーション固有のパスワードを使用するか、OAuth コンシューマーを作成することをおすすめします。
OAuth 1.02017 年 7月 31 日Bitbucket の認証に OAuth 1.0 を使用しているすべてのユーザー以降の認証方法としては OAuth 2 を使用することをお勧めします。
一般招待2017 年 5 月 1 日チームまたはリポジトリを指定せずに invitations エンドポイントを使用しているすべてのユーザーチームまたはリポジトリへの招待を使用して、新しいチームメイトを Bitbucket に簡単に追加し、必要なアクセス権を付与します。
個人アカウントやチームのフォローApril 15, 2017他のユーザーまたはチーム アカウントをフォローしているユーザーリポジトリ、プル リクエスト、および課題のフォローは引き続き同様に機能します。関連アクティビティを常に把握できるよう、関心のあるリポジトリをフォローすることをお勧めします。自分がフォローしている/フォローされているアカウントの完全な一覧は、引き続き API 経由で利用できます
チーム レベルのパスワード2017 年 3 月 31 日Bitbucket Web UI にパスワードを使用してサインインするチームこの変更は当初 2014 年に行なわれましたが、一部のチームに対し、チーム パスワードを使用したログインを一時的に許可していました。
クロスドメイン JavaScript 用 JSONP

2017 年 3 月 31 日

現在 JSONP を使用してクロスドメイン JavaScript を実行しているユーザーこちらに記載しているクロスオリジン リソース共有 (CORS) 実装を使用することをお勧めします。
チームレベルのソーシャル ログイン2017 年 3 月 31 日Bitbucket Web UI にソーシャル ログインを使用してサインインするチームチームレベルのパスワードと同様、この変更は当初 2014 年に実施しています。
Mercurial Queues2017 年 3 月 31 日Mercurial Queues リポジトリを使用しているユーザーブランチベースまたはフォークベースのワークフローを使用することをお勧めします。
Redirecting hosted sites from foo.bitbucket.org to foo.bitbucket.io2017 年 3 月 1 日ホストされたサイトを使用するチームホストされたすべてのサイトを引き続き https://foo.bitbucket.io で利用できます。必要な操作は外部リンクの更新のみです。
チーム API キーの作成2017 年 1 月 21 日API キーを使用して Bitbucket コンテンツにアクセスするチーム既存のチーム メンバーのアカウントまたは専用アカウントでアプリケーション固有のパスワードを使用するか、OAuth コンシューマーを作成することをおすすめします。
新しいレガシー サービス連携の作成2017 年 1 月 16 日サービスを使用する他の製品にリポジトリをリンクしたいユーザーBitbucket を他のサービスと連携させるには、Bitbucket の webhook または接続フレームワークを使用することをお勧めします。




最終更新日: 2019 年 12 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.