ビルドの失敗に対する責任の割り当て

このページの内容

Bamboo は失敗したビルドについて、責任が割り当てられたユーザーに自動的にアラートを送信し、チームの他のメンバーに、問題に対応している人がいることを知らせます。ビルドの失敗を調査すると、責任者を変更したり、自分自身のすべての責任を主張することができます。

失敗したビルドの修正を担当するように割り当てるには2つの方法があります。

  • ビルドの失敗時に、Bamboo が自動的に、失敗したビルドにコードをコミットしたユーザーをすべて責任者として割り当てます。
  • 手動でユーザーを責任者として割り当てることができます。

Bamboo は割り当てられたユーザーに通知を送信します。ビルドが成功すると、Bamboo はビルドから責任者を削除します - 彼らは困難を脱しました。

まず、通知は、「責任の変更」イベントおよび「責任を負うユーザー」受信者タイプを使用して設定する必要があることに注意してください。詳細については、「プランとジョブの通知の設定」を参照してください。

失敗したビルドに手動で責任を割り当てる方法:

  1. プランのビルド結果サマリに移動します。
  2. 責任の割り当てに移動し、ビルドの修正について、チームの別のメンバーに責任を割り当てます。
  3. すべての責任を負う場合は、すべての責任を主張をクリックします。

失敗したビルドの責任を負うユーザーは、ビルド結果サマリに表示されます。

割り当てられた失敗ビルドは、ダッシュボードから利用可能なマイ Bamboo ページに表示されます。

最終更新日 2013 年 11 月 4 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

お探しの情報が見つかりませんか?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.