Azure で Jira Data Center の使用を開始する

デプロイ方法としての Azure Resource Manager テンプレートに対するアトラシアンのサポートや保守はすでに終了しました。ただし、ご自身の用途に合わせてカスタマイズを行い、Azure に Data Center 製品をデプロイすることは引き続き可能です。

より効率的で堅牢なインフラストラクチャと運用のセットアップのために、Helm チャートを使用して Data Center 製品を Kubernetes クラスタにデプロイすることをお勧めします。Kubernetes へのデプロイの詳細をご確認ください。

Data Center インスタンスをクラスタ環境でデプロイする場合は、Microsoft Azure の利用をご検討ください。このプラットフォームでは、追加のノードをサイズ変更してすばやく起動することでデプロイを柔軟にスケーリングできます。また、Data Center 製品ですぐに使える多数の管理サービスが用意されています。これらのサービスによって、デプロイのクラスタ インフラストラクチャの設定、管理、保守がより容易になります。

Helm チャートを使用して Data Center インスタンスを Kubernetes クラスタにデプロイすることをお勧めします。これにより、最新のインフラストラクチャを使用しながら、データを管理し、コンプライアンス ニーズを満たすことができます。Kubernetes での Data Center 製品の実行の詳細をご確認ください。

Data Center を利用することで何が実現できるかの詳細に興味がある場合は、Data Center の概要をご確認ください。

非クラスタ環境とクラスタ環境

高可用性やゼロダウンタイム アップグレードが不要な場合、ほとんどの "Small" または "Medium" サイズのデプロイには単一ノードが適しています。 

既存の Server インストールがある場合は、Data Center にアップグレードする際にそのインフラストラクチャを引き続き使用できます。Data Center 専用の多くの機能 (SAML シングル サインオンレート制限によるシステムの保護CDN サポートなど) では、クラスタ インフラストラクチャは不要です。Server インストールのライセンスをアップグレードするだけで、Data Center のこれらの機能の使用を開始できます。

クラスタ化が必要かどうかの詳細については「アトラシアンの Data Center 製品のアーキテクチャとインフラストラクチャのオプション」をご参照ください。

動作の仕組み

下図は、Azure を使用して Data Center 製品をデプロイした場合に実現されることを構造的に簡単にまとめたものです。

Azure を使用してインスタンスをデプロイする

コンポーネントの作成

Azure を使用して Data Center 製品をデプロイする前に、必要なインフラストラクチャ コンポーネントを作成する必要があります。データベース、Kubernetes クラスタ、共有ストレージが該当します。前提条件の詳細をご確認ください。

Helm チャートを活用する

Kubernetes を使用して Azure に Data Center インスタンスをデプロイする場合は、必ずアトラシアンの Helm チャートを使用してください。Helm チャートを使用して Data Center 製品をインストールする方法をご確認ください。

最終更新日: 2021 年 12 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.