Jira アプリケーション設定ツールの利用

Jira アプリケーション設定ツールは、便利な GUI からサーバーレベルの Jira 構成を行えるアプリケーションです。このツールでは次の操作を行えます。

このページの内容

はじめる前に

  • Jira 設定ツールの利用にあたっては、お使いの OS での Java プラットフォームのインストールおよび設定が必要です。本ツールを実行するにあたって Java プラットフォームのインストールが必要な場合は、Java platform supported by Jira の利用をお勧めします。詳しくは「Jira 要件」を参照してください。
  • Jira サーバーへのコンソール接続のみが有効な場合、これらのサーバーレベルの設定を手動で行う必要があります。
  • 本ツールを使用して Jira サーバーの設定あるいは再設定を行う際は、これらの変更点を反映するために Jira を再起動する必要があります

Jira 設定ツールの起動

Jira 設定ツールを使用するには、JAVA_HOME 環境変数を設定する必要があります。これがまだ設定されていない場合は「Java のインストール」の手順に従って設定します。

Jira 設定ツールは、グラフィカル ユーザー インターフェイスか、-c または --console 引数を使用してコマンドライン インターフェイス経由で実行できます。次のセクションでは、グラフィカル インターフェイスを示していますが、機能はインターフェイスを問わず同じものとなります。 

Jira ホーム ディレクトリの設定

Jira ホーム ディレクトリ には、Jira がさまざまなデータ ファイルを保存するためのフォルダを指定できます。

  1. [Jira ホーム] タブを開きます。
  2. [Jira ホーム ディレクトリ] フィールドで、ファイルの完全なパスをテキスト フィールド内に入力するか、[参照] ボタンを選択して Jira ホーム ディレクトリの場所を指定します。
  3. [保存] をクリックします。変更内容が、Jira アプリケーション インストール ディレクトリ<jira-application-dir> サブディレクトリにある jira-application.properties ファイルに保存されます。詳細は「Jira ホーム ディレクトリの設定」をご参照ください。

データベース接続の設定

Jira 設定ツールによって Jira のデータベース接続を設定するには、ご利用のデータベース タイプに対応する適切な手順に従います。 

Jira の Webサーバを設定する

また、Jira 設定ツールによって Jira の Web サーバー、具体的には TCP ポートと SSL を設定できます。設定するには対応する指示に従ってください。 

tip/resting Created with Sketch.

既知の問題

新しい接続 (SSL など) の追加時は、特殊文字を処理するプロパティを server.xml ファイルに手動で追加する必要があります。詳細はこちらの記事をご参照ください。  


Jira データベース コネクションのチューニング

すべての接続を [詳細設定] タブで調節できます。[詳細設定] タブ機能の詳細については「データベース接続の調節」をご参照ください。

最終更新日 2022 年 5 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.