カスタム フィールドの使用状況を分析する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

カスタム フィールドが多すぎると、Jira インスタンスが乱雑になってパフォーマンスに影響する可能性があります。管理者はテスト フィールド、重複、または使用されなくなったフィールドを作成するため、これらのフィールドが時間の経過とともに増加するのは当然です。ただし、インスタンスの速度と健全性を保つには、フィールドのモニタリングとクリーンアップが必要です。このページでは、カスタム フィールドの使用状況を分析して、今後も必要かどうかを判断するために使用できるいくつかのツールについて説明します。

使用されなくなったカスタム フィールドを見つける

[課題] 列には、フィールドの値を格納する課題の数が表示されます。これには、既定値を持つ課題とアーカイブ済みの課題の両方が表示されます。

クリーンアップ

  1. 昇順または降順で並べ替えるには、列名をクリックします。

  2. 課題の数が少ないカスタム フィールドは、削除の対象となる可能性が最も高いものです。フィールドを削除する必要があるかどうかがわからない場合は、ここで説明する他の列を使用して決定してください。

考慮事項

  • この列のデータは 1 日に 1 回更新されます。列の上に最後更新日付が表示されます (課題: 最終更新...)

  • アップグレード後は、データは約 24 時間ほど利用不能です。

長期間更新されていないカスタム フィールドを見つける

[最終の値更新] 列には、任意の課題でカスタム フィールドの値が最後に追加または更新された時刻が表示されますが、既定値は含まれません。このため、ユーザー自身でこのフィールドの値を選択するか追加する必要があります。

クリーンアップ

  1. [最終の値更新] で課題を絞り込んで、長期間更新されていないカスタム フィールドを見つけます。2 年間更新されていない場合は当社では古いと判断しますが、これは状況に応じて異なります。

  2. [課題] 列で、このフィールドを使用している課題の数を確認します。

  3. フィールドが古いにも関わらず何千もの課題で使用されている場合は、依然として重要である可能性があります。削除する準備ができていない場合は、使用中のプロジェクトだけにコンテキストを絞り込むことでパフォーマンスを向上させられます。

考慮事項

  • この列のデータは 1 時間ごとに更新されますが、既存の課題におけるカスタム フィールドの使用に関する履歴データは、アップグレード後約 24 時間使用できなくなります。アップグレード後に作成した新しい更新は、すぐに利用可能になります。

  • プロジェクトをインポートしているか、単にこのデータのフォールバック メソッドとして再計算する必要がある場合は、Jira の詳細設定で再計算できます。

判断材料として他の列と比較する

課題最終の値更新は少し古くなったフィールドを特定するのに最適なツールですが、そのようなフィールドをすべて削除する必要はありません。それらのいくつかは、参考用に保持できる過去のプロジェクトのデータを格納している可能性があります。このような場合には、他の列の内容が参考になります。

使用可能なコンテキスト

このフィールドを使用できる個々のプロジェクトが表示されます。このフィールドがすべてのプロジェクトで許可されている場合は、[グローバル] が表示されます。フィールドがどれくらい重要かを判断する際に役立ちます。

考慮事項

画面

[課題の作成] 画面や [既定の課題] 画面など、カスタム フィールドが表示される画面を表示します。カスタム フィールドを使用する画面の数と、それらの画面が何かを確認することが、本当にフィールドが必要かどうかを判断する際に役立ちます。

詳細情報

Jira インスタンスをクリーン アップしてその状態を維持することが目的の場合に、いくつかの役立つページを用意しました。

最終更新日 2021 年 8 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.