カスタム フィールドをメールに追加する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

課題でのカスタム フィールドの更新に関する通知を受け取るほか、メールに追加のカスタム フィールドを表示することもできます。フッター、ヘッダー、およびメールの件名など、メールのあらゆる場所にカスタム フィールドを表示できます。

このチュートリアルは、高度なユーザー向けの内容を含み、アトラシアン サポートの対象外です。メール通知が基づく、Velocity テンプレートのコードを編集することで、カスタム フィールドを追加できます。

概要

メール通知では、課題のフィールド (標準のフィールドとカスタム フィールドの両方) の変更が通知されます。フィールドの値が変更されなかった場合、通知する情報がないため、そのフィールドは通知に含まれません。通知は変更を伝えることにのみ焦点を当てています。

ここでは、このフィールドが更新されなかった場合も、課題に関する各通知にカスタム フィールドとその値を含める方法を紹介します。これを使用すると、通知される課題についてより正確に説明できます。たとえば、課題のセキュリティ レベルを指定するカスタム フィールドを含めることで、それらを適切に分類したり、その課題に関する通知を非表示にしたりすることができます。 

使用するメール通知の種類

使用する通知を確認します。いずれのタイプも複数のテンプレートに基づきます。

タイプ 説明
個別通知

Jira 8.4 より前では、個別通知が既定の通知タイプでした。このタイプでは、課題に対するすべての更新が個別のメールで送信されます。

これらの通知を使用したい場合、バッチ処理を無効化する必要があります。そのためには、 > [システム] に移動し、[メール通知のバッチ処理] を開きます。

個別メール通知にカスタム フィールドを追加できます。

バッチ

バッチ処理されたメール通知は既定の通知です。このタイプでは、一定の期間中に発生した課題の更新がグループ化され、1 つのメールで送信されます。

バッチ通知は Jira 8.0 で導入されましたが、カスタム フィールドは Jira 8.1 以降でのみ追加できます (これらのバージョンではバッチ通知が有効化されている必要があります)。

一括メール通知にカスタム フィールドを追加

最終更新日 2019 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.