詳細: プレースホルダー

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Insight はさまざまなプレースホルダーをサポートしているため、コンテキストに応じて、特定のプレースホルダーを課題フィールド値、Insight オブジェクト属性値、またはその他の Insight 関連情報から動的に置き換えられます。

プレースホルダーを使用するタイミング

プレースホルダーがどのように機能するかを示すいくつかのユースケースを紹介します。

  • ライセンスの有効期限が近づいた際に、その特定のライセンスの名前終了日を記載したメールを受信します。
  • 課題が特定のステータスに移動した際に、課題フィールドのでオブジェクト属性を設定/更新します。

これらのユースケースに共通しているのは、どこで値を見つけるかは把握しているものの、必要な時点でどのような値になるかは把握していないということです。プレースホルダーで正しい値を見つけます。

プレースホルダーの構造

プレースホルダーは次のように構成されます。

${Name of placeholder}
or
${Name of placeholder${Number}}

次の表では、プレースホルダーの使用方法といくつかの例を説明します。

プレースホルダーWhat it does

プレースホルダーの例

値に置き換える
${Name of placeholder}${Name of placeholder} のコンテンツをプレースホルダーの名前と一致する値に置き換えます。${Name}1 つのオブジェクト
${email}myemail@fakse.se,anotheremail@fakse.se
${Name of placeholder${0}}${Name of placeholder${0}} のコンテンツを、プレースホルダーの名前と一致するすべての値と置き換えます。これは複数の値を一致させるために使用されて (複数のカーディナリティを持つ属性を設定する際など)、すべての値はその属性の 1 つのインスタンスになります。テキストとして置き換えた際は上記の例に似ています。複数の値のコンテキストで置き換えた際はこの表記法によって複数の値がレンダリングされますが、上記の場合は 1 つの値をカンマ区切り文字列としてレンダリングします。${Price${0}}12
${Email${0}}myemail@fakse.se,anotheremail@fakse.se
${Name of placeholder${1}}${Name of placeholder${1}} のコンテンツをプレースホルダーの名前と一致する最初の値に置き換えます。これは、最初の値のみが必要な際に使用されます${Price${1}}12
${Email${1}}myemail@fake.se
${Name of placeholder${n}}${Name of placeholder${n}} のコンテンツを、プレースホルダーの名前と一致する n: 番目の値に置き換えます。これは、n: 番目の値のみが必要な場合に使用されます${Price${2}}<空の値>
${Email${2}}anotheremail@fakse.se
${Email${4}}<空の値>

プレースホルダーのコンテキスト

プレースホルダーは、コンテキスト (カスタム フィールド、自動化、事後操作) ごとに異なるデータを置き換えられます。

自動化ルール

自動化ルールの詳細については「自動化ルール」をご参照ください。

プレースホルダー名説明
属性名属性値プレースホルダーと同じ名前の属性の値。これによって、人間が読み取れる形式で属性がレンダリングされます。
Attribute Name.id格納された属性値プレースホルダーと同じ名前の属性の値。これによって、格納された形式で属性がレンダリングされます。たとえば、属性がオブジェクト参照の場合は、参照されたオブジェクト ID がレンダリングされます。これは、提示された値とは別の値で格納された属性でのみ機能します。
ラベルオブジェクトのラベル値は、オブジェクトに設定されたラベルに置き換えられます。
objectTypeオブジェクトのオブジェクト タイプ名値はオブジェクト タイプ名で置き換えられます。
objectTypeIdオブジェクト タイプ ID値は、現在のオブジェクトのオブジェクト タイプ ID に置き換えられます。
objectIdオブジェクト ID (キー以外)このオブジェクトを識別する整数。
キーオブジェクトのキー現在のオブジェクトのキー値。

オブジェクトを作成/編集する

オブジェクト参照属性を使用してオブジェクトを作成するか編集する際は、オブジェクトの選択を制限するための IQL を指定できます。利用可能なプレースホルダーは、作成/編集ダイアログで使用できるすべての属性です。 

プレースホルダー名説明
属性名属性値プレースホルダーと同じ名前の属性の値。これによって、人間が読める形式で属性がレンダリングされます
Attribute Name.id格納された属性値プレースホルダーと同じ名前の属性の値。これによって、格納された形式で属性がレンダリングされます。たとえば、属性がオブジェクト参照の場合、これは参照されるオブジェクトの ID になります。

これがどのように動作するかについては、次のビデオをご覧ください。

事後操作

事後操作の詳細については「事後操作」をご参照ください。

次の事後操作はプレースホルダーをサポートしています。 

  • 選択した Insight オブジェクトの属性に基づくメール ユーザー
  • 定義済みの値でオブジェクト属性値を設定する
  • IQL クエリに基づいてオブジェクトを割り当てる

カスタム フィールド

カスタム フィールドの詳細については「Insight カスタム フィールド」をご参照ください。

標準の Insight カスタム フィールドである「Insight オブジェクト」は、あらゆる課題フィールドデータのプレースホルダーをサポートしています。これは「課題スコープ IQL」で設定されて、次の例のように構築できます。

Organisation = ${customfield_12345.name} AND Location = ${Country} AND "Issue Type" like ${issuetype.name}

プレースホルダーは、基礎となる特定のオブジェクトの識別子に置き換えられます。複数の値がある場合は、IQL で IN を忘れずにご利用ください。

カスタム フィールド キーCustomFieldName${placeholder.id}/$ {placeholder.key}
${customfield_xxxxx}<カスタム フィールド名>識別子ラベル/名前

次の表は、Jira フィールドに使用する課題プレースホルダーのキーを示しています。IQL を壊さないように、複数の値には必ず IN をご利用ください。

課題キーラベル/説明複数タイプ${key.id}${key.label}
鍵 (キー)課題キーfalse文字列鍵 (キー)鍵 (キー)
影響を受けるバージョン影響を受けるバージョンtrueバージョンID名前
担当者担当者falseApplicationUserユーザー キー表示名
description説明false文字列descriptiondescription
dueDate期日false日付dueDatedueDate
修正バージョン修正バージョンtrueバージョンID名前
課題キー課題キーfalse文字列鍵 (キー)鍵 (キー)
environment環境false文字列environmentenvironment
issuetype課題タイプfalse課題タイプID名前
creator作成者falseApplicationUserユーザー キー表示名
labelsラベルtrue文字列labelslabels
コンポーネントコンポーネントtrueProjectComponentID名前
attachments添付ファイルtrue添付ファイルIDfilename
優先度優先度false優先度ID名前
pidプロジェクトfalseプロジェクトID名前
reporter報告者falseApplicationUserユーザー キー表示名
resolutionソリューションfalseソリューションID名前
votes投票数trueLongvotesvotes
watchersウォッチャーtrueLongwatcherswatchers
resolutionDate解決日false日付resolutionDateresolutionDate
created作成日false日付createdcreated
updated更新日false日付updatedupdated
ステータスステータスfalseステータスID名前
要約要約false文字列要約要約

issuetype プレースホルダーは Jira Service Management リクエストでは機能しません。次のカスタム フィールドを代用する必要があります。

誤: issuetype
"Related Jira Projects" = currentProject() AND "Related Jira Issue Types"."Name" in (${issuetype.label}) AND Status = "Active"
正: カスタム フィールド
"Related Jira Projects" = currentProject() AND ("Related Jira Issue Types"."Name" in (${issuetype.label}) OR "Related Jira Issue Types"."Name" in (${customfield_10654})) AND Status = "Active"
最終更新日 2021 年 6 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.