4. オブジェクトを作成する

オブジェクトは実際のアセットです。すべてのオブジェクトは、特定のコンピューター、従業員、勤務先のオフィス、またはソフトウェアのライセンスなど、Insight でマッピングするすべてのものをデジタル表現したものです。

オブジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. オブジェクト タイプを選択します。
  2. 右上の [オブジェクトを作成] をクリックします。名前と属性を指定する必要があります。必要な属性は、選択したオブジェクト タイプによって異なります。
  3. 以下の表を基にオブジェクトを作成して、サンプル属性をいくつか考えてみてください。
objectTypeオブジェクト
製造元

Oracle
アトラシアン
Apple
Microsoft
Dell
IBM
HP (Hewlett Packard)

ソフトウェアJAVA 1.8
Jira
Confluence
Server Type仮想、物理
場所

ニューヨーク
ストックホルム
マドリード

コンピューター タイプ

ラップトップ
デスクトップ

ユーザー

[お名前]

コンピューター

MacBook Pro (15")
MacBook Air (13")
ThinkPad (15")
Latitude (15")
Vostro (13") 

サーバーDell PowerEdge VRTX
HPE ProLiant DL580 Gen9

オブジェクトの作成が完了すると、次のように表示されます。

  1. オブジェクト数: オブジェクト タイプに含まれるオブジェクトの数が表示されます。
  2. オブジェクト: 選択したオブジェクト タイプのオブジェクトです。
  3. 表示: これを表示するには、オブジェクトに再度切り替える必要があります。
  4. 詳細: ここでは、詳細とリストの各ビューを切り替えられます。
  5. これを表示: ラベルまたは QR コードを印刷して物理的なアセットに貼り付けることで、これをスキャンして Jira でこのアセットに直接アクセスできます。

次へ

準備が整ったら「5. オブジェクト グラフを表示する」に移動します。

最終更新日 2021 年 6 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.