事後操作

Insight 機能を Jira のワークフローに追加する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira ワークフローに事後操作を追加すると、ワークフロー内で課題がトランジションされた際にオブジェクトに対するアクションをトリガーできます。ここでは、Insight で利用可能な事後操作を確認できます。

利用可能な条件とバリデーターを表示するには、次の手順に従います。

  1. 事後操作を追加するワークフローを開きます。
  2. トランジションを選択します。事後操作は、ワークフロー ステップではなくトランジションに追加されます。
  3. [事後操作] > [追加] の順に選択します。
  4. [Insight 事後処理] を選択します。
  5. 利用可能なオプションのいずれかを選択します。次の表でオプションの詳細についてご確認ください。

利用可能なオプション

利用可能な事後操作については、次をご覧ください。

Insight 値を Insight オブジェクトに変更する

選択したオブジェクトが、ターゲット オブジェクトの対応する属性に追加、削除、または設定されます。

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
オブジェクトが選択されて追加、削除、または設定されるカスタム フィールドを指定します。
変更タイプを指定します。
オブジェクトを変更する必要があるカスタム フィールドを指定します。
Jira カスタム フィールドに基づいてオブジェクトを割り当てる

選択したユーザー カスタム フィールドが、そのユーザーに関連付けられている Insight オブジェクトを検索するために使用されます。    

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
情報 (メール アドレスまたは Jira ユーザー) を検索できるカスタム フィールドを指定します。
オブジェクトを割り当てるカスタム フィールドを指定します。
Insight オブジェクト タイプ属性名オブジェクトの絞り込みに使用するオプションのオブジェクト タイプ属性。
選択したオブジェクトの属性値で Jira カスタム フィールドを設定する

選択したオブジェクトのオブジェクト属性値を選択して、別のターゲット カスタム フィールドに設定します。サポートされているフィールドは、Jira テキスト、Jira ユーザー、Jira グループ、Insight カスタムの各フィールド (参照フィールドではない) です。 

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
オブジェクト属性の取得元となる Insight カスタム フィールドを指定します。
値を取得するオブジェクト タイプ属性の名前を指定します。
オブジェクト属性を保存する必要があるカスタム フィールドを指定します (参照フィールドは選択不可)。
選択したオブジェクトの属性に基づいて課題を割り当てる

Insight オブジェクトを選択して、担当者の取得元となる属性を指定します。

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
オブジェクト属性の取得元となる Insight カスタム フィールドを指定します。
ユーザーの取得元となるオブジェクト タイプ属性の名前を指定します。"User" または "Default / Email" 以外のタイプは無視されます。
選択した Insight オブジェクトの属性に基づくメール ユーザー

Insight オブジェクトを選択して、メールの送信先となる "User" または "Default / Email" 属性を指定します。     

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
オブジェクト属性の取得元となる Insight カスタム フィールドを指定します。
ユーザーの取得元となるオブジェクト タイプ属性の名前を指定します。"User" または "Default / Email" 以外のタイプは無視されます。
メール件名を指定します。課題プレースホルダーはサポートされます。
メール メッセージを指定します。課題プレースホルダーはサポートされます。
オブジェクト属性値を増減します。

オブジェクト属性値 (整数型) を設定した量だけ増減します。

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
オブジェクト属性の取得元となる Insight カスタム フィールドを指定します。
ユーザーの取得元となるオブジェクト タイプ属性の名前を指定します。"User" または "Default / Email" 以外のタイプは無視されます。
変更タイプ (増加または減少) を指定します。
変更値を指定します。数字以外の値は既定値 (1) に設定されます。
定義済みの値でオブジェクト属性値を設定する

選択したオブジェクトの指定した属性が、事前に定義された値に設定されます。

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
オブジェクト属性の取得元となる Insight カスタム フィールドを指定します。
値を設定するオブジェクト タイプ属性の名前を指定します。  
変更値設定する値を指定します。属性に対して検証されていないすべての値は無視されます。課題プレースホルダーはサポートされます。このフィールドを空のままにすると、空の値が設定されます。 
このトランジション内で Groovy スクリプトを実行する

定義済みの Insight 事後操作で処理できない特定の要件がある際に、Groovy スクリプトを記述します。Groovy エンジンへのパラメーターについては、通常の事後操作と同様にすべてのパラメーターを使用できます。最も一般的なものは、自由にクエリを実行できる "issue" です。Insight Groovy スクリプトの例をご確認ください。

名前説明
Groovy コードを入力します。
Jira 課題からオブジェクトを作成する

Insight オブジェクト スキーマとオブジェクト タイプを選択して、Jira 課題から入力される属性を設定します。

(warning)オブジェクト属性にマッピングされる課題フィールドのは、データ形式に互換性がある必要があります。互換性がないと、Insight では新しいオブジェクトを作成できません。失敗するマッピングの例: Jira URL ピッカー整数型のオブジェクト属性にマッピングする。 

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
課題に割り当てる新規作成されたオブジェクトは、課題に自動でリンクされません。オブジェクトを課題に割り当てるには、その参照を含める課題のカスタム フィールドを選択します。 
常に作成選択すると、Insight では必須のオブジェクト属性が正しくマッピングされていない場合でもオブジェクトが作成されます。
objectSchema目的のオブジェクト タイプを含むオブジェクト スキーマを指定します。
objectType作成するオブジェクトのタイプに対応するオブジェクト タイプを指定します。
 / 

オブジェクト タイプを選択すると、属性のリストが表示されて課題フィールドに対してマッピングできるようになります。

サポートされている Jira 課題フィールド

フィールドJira のタイプオブジェクト タイプ属性のタイプ予想されるオブジェクト タイプ属性値
影響を受けるバージョンバージョン
  • バージョン
  • 数値
  • その他
  • Jira バージョン
  • バージョン ID
  • Jira バージョン名
担当者ユーザー
  • ユーザー
  • メール
  • その他
  • Jira ユーザー
  • Jira ユーザー メール
  • Jira ユーザー表示名
説明テキスト
  • Textarea
  • その他
  • Wiki 形式の説明
  • 説明
期限日付
  • 日付
  • 日時
  • その他
  • 日付
  • 日時
  • 日付のシステム/ユーザー ロケール形式
修正バージョンバージョン
  • バージョン
  • 数値
  • その他
  • Jira バージョン
  • Jira バージョン ID
  • Jira バージョン名
課題タイプ課題タイプ
  • 数値
  • その他
  • 課題タイプ ID
  • 課題タイプ名
キー (課題)テキスト
  • すべて
  • 課題キー
ラベルラベル
  • すべて
  • ラベルの値
PriorityPriority
  • 数値
  • その他
  • priorityId
  • 優先度名
プロジェクトプロジェクト
  • プロジェクト
  • 数値
  • その他
  • Jira プロジェクト
  • Jira プロジェクト ID
  • Jira プロジェクト名
報告者ユーザー
  • ユーザー
  • メール
  • その他
  • Jira ユーザー
  • Jira ユーザー メール
  • Jira ユーザー表示名
ソリューションソリューション
  • 日付
  • 日時
  • その他
  • 解決日
  • 解決日時
  • 解決名
解決済み日付
  • 日付
  • 日時
  • その他
  • 日付
  • 日時
  • 日付のシステム/ユーザー ロケール形式
ステータス (課題)ステータス
  • すべて
  • ステータス名
要約テキスト
  • すべて
  • 要約
customfield_xxxxx未定義
  • すべて
カスタム フィールドの値。

カスタム フィールドを使用する際は、カスタム フィールド値をターゲット属性に設定できることをご確認ください。できないと破棄されます。

課題からのデータに基づいて、IQL クエリからオブジェクトを割り当てます。

設定された IQL クエリに応じて、オブジェクトをカスタム フィールドに割り当てます。課題値はプレースホルダーとして利用できます。Jira フィールドには、共通のフィールド定義を使用します。IQL クエリは、Insight カスタム フィールドが属するスキーマで実行されます。

名前説明
条件この事後操作を実行するための条件として使用する Groovy コードを指定します。値が空の場合、条件は無視されます。
次の設定で、指定したカスタム フィールドに設定するオブジェクトを絞り込む IQL を指定します。IQL は、いずれの課題フィールドからのプレースホルダーをサポートします。
絞り込まれたオブジェクトを添付必要がある Insight カスタム フィールドを指定します (参照 Insight カスタム フィールドはサポート対象外)。
最終更新日: 2022 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.