詳細検索 - 演算子リファレンス

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、詳細検索で使用される演算子の情報について説明します。

An operator in JQL is one or more symbols or words that compare the value of a field on its left with one or more values or functions on its right. So, only valid results are retrieved by the clause. Some operators may use the NOT keyword.

EQUALS: =

The = operator is used to search for issues where the value of a specified field exactly matches a specified value.

To find issues where the value of a specified field exactly matches multiple values, use multiple EQUALS (=) statements with the AND keyword. 

The operator can't be used with text fields. See the CONTAINS operator.

  • Find all issues that were created by jsmith:

    reporter = jsmith
  • John Smith が作成したすべての課題を検索:

    reporter = "John Smith"

^ ページのトップへ

On this page:

NOT EQUALS: !=

The != operator is used to search for issues where the value of a specified field doesn't match a specified value.

  • The operator can't be used with text fields. See the DOES NOT MATCH (!~) operator instead.
  • field != value is the same as NOT field = value.
  • field != EMPTY is the same as field IS_NOT EMPTY.
  • The operator won't match a field that has no value (an empty field). For example, component != fred will only match issues that have a component and this component isn't "fred". To find issues that have a component other than "fred" or have no component, you should type component != fred or component is empty.
  • Find all issues that are assigned to any user except jsmith:

    not assignee = jsmith

    または

    assignee != jsmith
  • Find all issues that are not assigned to jsmith:

    assignee != jsmith or assignee is empty
  • Find all issues that were reported by you but aren't assigned to you:

    reporter = currentUser() and assignee != currentUser()
  • 報告社または担当者が John Smith 以外のすべてのユーザーであるすべての課題を検索:

    assignee != "John Smith" or reporter != "John Smith"
  • Find all issues that aren't unassigned:

    assignee is not empty

    または

    assignee != null

^ ページのトップへ

GREATER THAN: >

The > operator is used to search for issues where the value of a specified field is greater than a specified value.

The operator can only be used with fields that support ordering and can't be used with text fields. For example, date fields and version fields.

フィールドがサポートする演算子については、個々のフィールド参照を確認してください。

  • Find all issues with more than four votes:

    votes > 4
  • 期限切れのすべての課題を検索:

    duedate < now() and resolution is empty
  • 優先度が "Normal" より高いすべての課題を検索:

    priority > normal

^ ページのトップへ

GREATER THAN EQUALS: >=

The >= operator is used to search for issues where the value of a specified field is greater than or equal to a specified value.

The operator can only be used with fields that support ordering and can't be used with text fields. For example, date fields and version fields.

フィールドがサポートする演算子については、個々のフィールド参照を確認してください。

  • Find all issues with four or more votes:

    votes >= 4
  • 期限が 2008 年 12 月 31 日以降のすべての課題を検索:

    duedate >= "2008/12/31"
  • 過去 5 日間に作成されたすべての課題を検索:

    created >= "-5d"

^ ページのトップへ

LESS THAN: <

The < operator is used to search for issues where the value of a specified field is less than a specified value.

The operator can only be used with fields that support ordering and can't be used with text fields. For example, date fields and version fields.

フィールドがサポートする演算子については、個々のフィールド参照を確認してください。

Find all issues with less than votes:

votes < 4


^ ページのトップへ

LESS THAN EQUALS: <=

The <= operator is used to search for issues where the value of a specified field is less than or equal to a specified value.

The operator can only be used with fields that support ordering and can't be used with text fields. For example, date fields and version fields.

フィールドがサポートする演算子については、個々のフィールド参照を確認してください。

  • Find all issues with four or fewer votes:

    votes <= 4
  • Find all issues that haven't been updated in the last month (30 days):

    updated <= "-4w 2d"

^ ページのトップへ

IN

The IN operator is used to search for issues where the value of a specified field is one of multiple specified values. The values are specified as a comma-separated list, surrounded by parentheses.

Using IN is equivalent to using multiple EQUALS(=)statements, but is shorter and more convenient. That is, reporter IN (tom, jane, harry) is the same as reporter = "tom" OR reporter = "jane" OR reporter = "harry".

  • Find all issues that were created by either jsmith, jbrown, or jjones:

    reporter in (jsmith,jbrown,jjones)
  • 報告者または担当者が Jack または Jill であるすべての課題を検索:

    reporter in (Jack,Jill) or assignee in (Jack,Jill)
  • バージョン 3.14 またはバージョン 4.2 のすべての課題を検索:

    affectedVersion in ("3.14", "4.2")

^ ページのトップへ

NOT IN

The NOT IN operator is used to search for issues where the value of a specified field isn't one of multiple specified values.

NOT IN を使用すると、複数の NOT_EQUALS(!=) ステートメントを使用した場合と同じ結果を返しますが、より短く、便利です。なお、reporter NOT IN (tom, jane, harry)reporter != "tom" AND reporter != "jane" AND reporter != "harry" と同じです。

また、NOT IN 演算子は値のない (フィールドが空である) フィールドを照合しません。たとえば、assignee not in (jack,jill) は、担当者を持っている課題の中で、その担当者が "jack" または "jill" ではない課題を照合します。

"jack" または "jill" 以外に割り当てられた課題や未割り当ての課題を検索するには、assignee not in (jack,jill) or assignee is empty と入力します。

  • Jack、Jill、または John 以外の担当者を持つすべての課題を検索:

    assignee not in (Jack,Jill,John)
  • 担当者が Jack、Jill、または John ではないすべての課題を検索

    assignee not in (Jack,Jill,John) or assignee is empty
  • A、B、C、または D 以外の修正バージョンを持つすべての課題を検索

    FixVersion not in (A, B, C, D)
  • 修正バージョンが A、B、C、または D ではない課題、または修正バージョンが指定されていないすべての課題を検索

    FixVersion not in (A, B, C, D) or FixVersion is empty

^ ページのトップへ

CONTAINS: ~

~ 演算子は、指定したフィールドの値が指定した値と一致する課題の検索に使用します (完全一致またはあいまい一致のいずれか。次の例をご参照ください)。 

バージョンとテキストの各フィールドでのみ使用します。

テキスト フィールド:

  • 要約
  • 説明
  • 環境
  • コメント
  • フリー テキスト検索を使用するカスタム フィールド。次の組み込みカスタム フィールド タイプのカスタム フィールドが含まれます。
    • フリー テキスト フィールド (無制限のテキスト)
    • テキスト フィールド (255 文字未満)
    • 読み取り専用テキスト フィールド

バージョン フィールド:

  • 対象バージョン
  • 修正バージョン
  • バージョン ピッカーを使用するカスタム フィールド
tip/resting Created with Sketch.

JQL フィールド "text" (例: text ~ "some words",) は、課題の要約、説明、環境、コメント、すべてのカスタム テキスト フィールドを検索します。

多数のテキスト カスタム フィールドがある場合は、特定のフィールドを検索することでクエリのパフォーマンスを改善できます。例: Summary ~ "some words" OR Description ~ "some words"

"~" 演算子の使用時に、演算子の右側の値は Jira テキスト検索構文によって指定できます。

  • 要約に "win" (または "wins" などの単純な派生語) という単語が含まれている課題をすべて検索

    summary ~ win
  • [バージョン] フィールドの場合は、"~" 演算子が完全一致を返すことにご注意ください。たとえば、バージョン 9.0 を検索するには次のクエリを使用します。

    fixVersion ~ "9.0"
  • 要約に "win" という単語に対するワイルドカード一致が含まれる課題をすべて検索

    summary ~ "win*"
  • Summary (概要) に ”issue" および "collector" という単語が含まれる課題をすべて検索する:

    summary ~ "issue collector"
  • 要約に "full screen" と完全に一致するフレーズを含むすべての課題を検索。引用符とその他の特殊文字をエスケープする方法に関する詳細は「テキスト フィールドの構文を検索する」をご参照ください。

    summary ~ "\"full screen\""
  • [修正バージョン] フィールドに、バージョン "9" のワイルド カード一致を含むすべての課題を検索 (例: 9.1 または 9.0.1)

    fixVersion ~ "9*"
  • [修正バージョン] フィールドに "9" を含むすべての課題を検索 (例: 1.9)

    fixVersion ~ "*9"

^ ページのトップへ

DOES NOT CONTAIN: !~

!~ 演算子は、指定したフィールドの値が指定した値と一致する課題の検索に使用します。 

バージョンとテキストの各フィールドでのみ使用します。

テキスト フィールド:

  • 要約
  • 説明
  • 環境
  • コメント
  • フリー テキスト検索を使用するカスタム フィールド。これには次の組み込みカスタム フィールド タイプのカスタム フィールドが含まれます。
    • フリー テキスト フィールド (無制限のテキスト)
    • テキスト フィールド (255 文字未満)
    • 読み取り専用テキスト フィールド

バージョン フィールド:

  • 対象バージョン
  • 修正バージョン
  • バージョン ピッカーを使用するカスタム フィールド
tip/resting Created with Sketch.

JQL フィールド "text" (例: text !~ "some words",) は、課題の要約、説明、環境、コメント、すべてのカスタム テキスト フィールドを検索します。

多数のテキスト カスタム フィールドがある場合は、特定のフィールドを検索することでクエリのパフォーマンスを改善できます。例: Summary !~ "some words" OR Description !~ "some words"

!~ 演算子の使用時に、Jira テキスト検索構文によって演算子の右側の値を指定できます。

  • 要約に "run" の単語 (または "running" や "ran" などの派生語) を含まないすべての課題を検索

    summary !~ run
  • [バージョン] フィールドの場合は、"~" 演算子が完全一致を返すことにご注意ください。たとえば、修正バージョンが 9.0 ではない課題を検索するには、次のクエリを使用します。

    fixVersion !~ "9.0"
  • [修正バージョン] フィールドに 9.x 系のバージョンを含まないすべての課題を検索

    fixVersion !~ "9.*"

^ ページのトップへ

IS

IS 演算子は EMPTY または NULL の各キーワードとのみ併用できます。つまり、指定したフィールドに値がない課題の検索に使用されます。

すべてのフィールドがこの演算子に対応しているわけではありません。詳細は個々のフィールド参照をご参照ください。

  • 修正バージョンを持たないすべての課題を検索

    fixVersion is empty

    または

    fixVersion is null

^ ページのトップへ

IS NOT

IS NOT 演算子は EMPTY または NULL の各キーワードとのみ併用できます。つまり、指定したフィールドに値を持つ課題の検索に使用されます。

すべてのフィールドがこの演算子に対応しているわけではありません。詳細は個々のフィールド参照をご参照ください。

  • 投票数が 1 票以上のすべての課題を検索:

    votes is not empty

    または

    votes is not null

^ ページのトップへ

WAS

WAS 演算子は、指定したフィールドに指定した値が存在するか、過去に存在した課題の検索に使用します。

検索クエリでは、この演算子によって次を使用できます。

  • AFTER "date"
  • BEFORE "date"
  • BY "username"
  • DURING ("date1","date2")
  • ON "date"

WAS  演算子は、フィールドの変更時にシステムで設定された値の名前 ("解決済み" など) を照合します。

また、この演算子は値の名前に関連付けられた値 ID を照合します。たとえば、"4" と "解決済み" を同時に照合します。

この演算子は次のフィールドのみで使用できます: 担当者、修正バージョン、優先度、報告者、解決状況、ステータス。

  • 現在または過去に "進行中" のステータスになった課題を検索

    status WAS "In Progress"
  • Joe Smith が 2 月 20 日より前に解決した課題を検索

    status WAS "Resolved" BY jsmith BEFORE "2011/02/20"
  • Joe Smith が 2010 年に解決した課題を検索:

    status WAS "Resolved" BY jsmith DURING ("2010/01/01","2011/01/01")

^ ページのトップへ

WAS IN

WAS IN 演算子は、指定したフィールドに指定した複数の値のいずれかが存在するか、過去に存在した課題を検索するために使用します。値は、括弧で囲んだコンマ区切りのリスト形式で指定します。

検索クエリでは、この演算子によって次を使用できます。

  • AFTER "date"
  • BEFORE "date"
  • BY "username"
  • DURING ("date1","date2")
  • ON "date"

WAS IN 演算子は、フィールドの変更時にシステムで設定された値の名前 ("解決済み" など) を照合します。

また、この演算子は値の名前に関連付けられた値 ID を照合します。たとえば、"4" と "解決済み" を同時に照合します。

WAS IN によって、複数の WAS ステートメントを使用した場合と同じ結果を返しますが、より短く便利です。なお、status WAS IN ("Resolved","Closed")status WAS "Resolved" OR status WAS "Closed" と同じです。

この演算子は次のフィールドのみで使用できます: 担当者、修正バージョン、優先度、報告者、解決状況、ステータス。

  • 現在または過去に "解決済み" または "進行中" のステータスになったすべての課題を検索

    status WAS IN ("Resolved","In Progress")

^ ページのトップへ

WAS NOT IN

WAS NOT IN 演算子は、指定したフィールドの値が複数の指定した値のいずれかを持ったことがない課題を検索するために使用します。

検索クエリでは、この演算子によって次を使用できます。

  • AFTER "date"
  • BEFORE "date"
  • BY "username"
  • DURING ("date1","date2")
  • ON "date"

WAS NOT IN によって、複数の WAS_NOT ステートメントを使用した場合と同じ結果を返しますが、より短く便利です。なお、status WAS NOT IN ("Resolved","In Progress")status WAS NOT "Resolved" AND status WAS NOT "In Progress" と同じです。

この演算子は次のフィールドのみで使用できます: 担当者、修正バージョン、優先度、報告者、解決状況、ステータス。

  • 過去に "解決済み" または "進行中" のステータスに一度もなっていない課題を検索

    status WAS NOT IN ("Resolved","In Progress")
  • 2 月 20 日より前に "解決済み" または "進行中" のステータスに一度もなっていない課題を検索

    status WAS NOT IN ("Resolved","In Progress") BEFORE "2011/02/20"

^ ページのトップへ

WAS NOT

WAS NOT 演算子は、指定したフィールドが指定した値を持ったことがない課題の検索に使用します。

検索クエリでは、この演算子によって次を使用できます。

  • AFTER "date"
  • BEFORE "date"
  • BY "username"
  • DURING ("date1","date2")
  • ON "date"

WAS NOT  演算子は、フィールドの変更時にシステムで設定された値の名前 ("解決済み" など) を照合します。

また、この演算子は値の名前に関連付けられた値 ID を照合します。たとえば、"4" と "解決済み" を同時に照合します。

この演算子は次のフィールドのみで使用できます: 担当者、修正バージョン、優先度、報告者、解決状況、ステータス。

  • 過去または現在に "進行中" のステータスになったことがない課題を検索

    status WAS NOT "In Progress"
  • 2 月 20 日より前に "進行中" のステータスになっていない課題を検索

    status WAS NOT "In Progress" BEFORE "2011/02/20"

^ ページのトップへ

CHANGED

CHANGED 演算子は、指定したフィールドの値が変更された課題の検索に使用します。

検索クエリでは、この演算子によって次を使用できます。

  • AFTER "日付"
  • BEFORE "日付"
  • BY "ユーザー名"
  • DURING ("日付1","日付2")
  • ON "日付"
  • FROM "古い値"
  • TO "新しい値"

この演算子は次のフィールドのみで使用できます: 担当者、修正バージョン、優先度、報告者、解決状況、ステータス。

  • 担当者が変更された課題を検索

    assignee CHANGED
  • ステータスが "進行中" から"オープン" に戻った課題を検索

    status CHANGED FROM "In Progress" TO "Open"
  • 現在の週の間にユーザー freddo が優先度を変更した課題を検索

    priority CHANGED BY freddo BEFORE endOfWeek() AFTER startOfWeek()

^ ページのトップへ

最終更新日 2022 年 8 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.