CSV インポーターを利用して課題を作成する

課題とサブタスクを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

関連プロジェクトに関して、課題の作成プロジェクト権限一括変更グローバル権限を持っている場合、コンマ区切り値 (CSV) ファイルを使用して課題を一括作成できます。お持ちの権限について知りたい場合は、Jira 管理者にお問い合わせください。

CSV ファイルは、表形式データを表すテキスト ファイルで、Microsoft Excel、Numbers、データベースなどの表形式データを処理するほとんどのアプリでサポートされています。

Jira の CSV インポーター (CSV ファイル インポート ウィザード) では、データを表形式でエクスポートする外部システムからデータをインポートできます。また、独自の CSV ファイルを作成して、課題を一括作成または更新することもできます。

Jira 管理者は課題をインポートするためのより高度な機能にアクセスできます。外部アプリから多数の課題をインポートする予定がある場合は Jira 管理者にお問い合わせください。

Jira 管理者向けの高度なインポート機能の詳細については、「他の課題トラッカーからの移行」および「CSV からのデータのインポート」をご確認ください。

CSV インポーターを利用するには 2 つの手順を実行します。

  1. CSV ファイルの準備
  2. CSV インポート ウィザードの実行

このページの内容

CSV ファイルの準備

CSV インポーターは、CSV ファイルが既定の Microsoft Excel 形式の CSV ファイルに基づいているものと想定します。

  • フィールドはコンマで区切ります
  • コンマや改行の/ (「キャリッジ リターン」など)、山括弧などの文字どおりに扱う必要があるコンテンツは引用符で囲みます。

Microsoft Excel と OpenOffice では、セル内の値を引用符で囲む必要はありません。これらのアプリでは自動でこの処理が行われます。

CSV ファイルの要件

CSV ファイルは「正しいフォーマット」であることに加えて、次の要件を満たす必要があります。

  • ファイルには見出し行が必要です。CSV インポーターは見出し行を使用してCSV ファイルの 2 行目以降のデータを Jira フィールドにマッピングする方法を決定します。
  • 見出し行には課題の要約が含まれる要約列が必要です。
  • 列やフィールドを区切るコンマを除いて、見出し行には句読点を含めないでください。インポートが正常に行われない場合があります。 
  • 列またはフィールドの区切り記号としてのコンマはファイルのどの場所でも省略できません。  
展開して、有効な例をご確認ください
Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue", admin, admin, 1, ,
展開して、無効な例をご確認ください
Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue", admin, admin, 1


CSV ファイルで Jira データ構造をカプセル化する

課題を正しくインポートするには、CSV ファイルにさまざまなデータをカプセル化する方法を知っておく必要があります。これにより、データを Jira で処理し、課題を正しく作成または更新できます。  

ここでは、複数行フィールド、特殊文字、複数選択フィールドなどを含む CSV ファイルを構築するためのヒントと例を紹介します。  

課題フィールドの詳細については、「CSV データを課題フィールドにインポートするためのヒント」をご覧ください

複数行にまたがるデータを取得する

複数行にまたがるデータを取り込むには、二重引用符 (") をCSV ファイルで使用します。たとえば、Jira はインポート中に、次のような例を単一レコードの有効な CSV ファイルとして扱います。

Summary, Description, Status
"Login fails", "This is on
a new line", Open

特殊文字を文字どおりに扱う

これらの文字を文字どおりに扱うには、特殊文字を含むテキスト部分を二重引用符 ("") で囲みます。Jira にインポートされると、これらの特殊文字は Jira のフィールド値の一部として保存されます。特殊文字の例としては、キャリッジリターンや改行文字、コンマなどがあります。

テキストに引用符で囲まれた単語または語句が含まれていて、Jira でこれらの引用符を文字どおりに扱う場合は、これらの単語またはフレーズを別の引用符で囲みます。 

  • CSV ファイルには、"Clicking the ""Add"" button results in a page not found error" のような値が含まれている場合がありますボタンの名前は 2 組の引用符で囲まれています。
  • インポート後、Jira はこの値を Clicking the "Add" button results in a page not found error として保存します。ボタンの名前は、本来あるべき姿の 1 組の引用符になっています。

複数の値を単一の課題フィールドに集約する

複数の値を受け入れる課題フィールドには複数の値をインポートできます。たとえば、修正 (対象) バージョン影響を受けたバージョンコンポーネントラベルなどです。これを行うには、マッピングされる課題フィールドに集約する各値について、CSV ファイルで同じ列名を指定する必要があります。列名の数は、マッピングされるフィールドに集約される値の最大数と一致している必要があります。

例:

IssueType, Summary, FixVersion, FixVersion, FixVersion, Component, Component
bug, "First issue", v1, , , Component1,
bug, "Second issue", v2, , , Component1, Component2
bug, "Third issue", v1, v2, v3, Component1,

上の例では、2 番目の課題のコンポーネントと 3 番目の課題の修正バージョンの各フィールドが、インポート後に該当する課題フィールドに複数の値を生成します。

複数の値をサポートしている JIRA フィールドは限定されているので注意してください。CSV インポートでは、単一の値のみをサポートしている JIRA フィールド上で集約したデータのインポートができません。

複数のプロジェクトに課題をインポートする

CSV ファイルのインポートを通じて、課題を CSV ファイルから様々な JIRA プロジェクトにインポートできます。この操作を行うには:

  • CSV ファイルには、 プロジェクト名プロジェクト キーの 2 つの列を追加する必要があります。これらは、CSV ファイルから特定の Jira プロジェクトに課題を正しくインポートするために必要な必須の値です。
  • CSV ファイルにあるすべての課題で、インポート先のプロジェクト用の列に適切な名前とキーが含まれていることをご確認ください。

    If you aren’t a Jira administrator, you won’t be able to map the fields Project Name and Project Key to Jira’s fields. You’ll need to select different fields for mapping. Learn more about this in Tips for importing CSV data into issue fields.

例:

IssueType, Summary, Project Name, Project Key
bug, "First issue", Sample, SAMP
bug, "Second issue", Sample, SAMP
task, "Third issue", Example, EXAM

この例では、CSV ファイル インポート ウィザードの実行中に、CSV ファイルの [プロジェクト名] と [プロジェクト キー] の各フィールドを [プロジェクト名] と [プロジェクト キー] の各課題フィールドに一致させている場合は、1 番目と 2 番目の課題が「Sample」プロジェクト (プロジェクト キー「SAMP」) に、3 番目の課題が「Example」プロジェクト (プロジェクト キー「EXAM」) にインポートされます。

作業ログエントリーをインポートする

CSV ファイルには作業ログのエントリを含めることができます。消費時間の追跡には秒を使用してください。次に例を示します。

Summary,Worklog
Only time spent (one hour),3600
With a date and an author,2012-02-10 12:30:10;wseliga;120
With an additional comment,Testing took me 3 days;2012-02-10 12:30:10;wseliga;259200

If you aren’t a Jira administrator, you won’t be able to map the Worklog field to Jira’s field. You’ll need to select different fields for mapping. Learn more about this in Tips for importing CSV data into issue fields.

複数選択カスタムフィールドへのインポート

Your CSV file can contain multiple entries for the one multi select custom field. Here’s an example showing how to populate the multi select custom field with multiple values:

Summary,Multi Select,Multi Select,Multi Select
Sample issue,Value 1,Value 2,Value 3

カスケード選択カスタム フィールドへのインポート

You can import values to a custom field with cascading choice by using the following syntax:

Summary, My Cascading Custom Field
Example Summary, Parent Value -> Child Value

The -> separator allows you to import the hierarchy.

Currently Jira does not support importing multi-level cascading select fields via CSV ( JRA-34202 - Getting issue details... STATUS ).

CSV ファイル インポート ウィザードを実行する

If your Jira installation has existing data, you should back it up before proceeding with the following steps. 


To import a CSV file with your Jira issues: 

  1. Select Issues > Import Issues from CSV  to open the Bulk Create Setup page. If you do not have the option Import issues from CSV, your Jira admin must update the Jira Importers plugin to version 6.2.3 or above.

  2. On the Bulk Create Setup page, select your CSV Source File.
    Leave the Use an existing configuration file checkbox cleared if you do not have a configuration file or if you want to create a new configuration file. Configuration files specify a mapping between column names in your CSV file's header row and fields in Jira.

    If you select Use an existing configuration file checkbox, you will be asked to upload an Existing Configuration File. If you don't select this option, Jira will automatically create a configuration file that you can use for further imports.

  3. Select Next to proceed to the Settings step of the CSV file import wizard.
  4. On the Settings page, populate the required fields and select Next.

    Expand to see the import settings
    • Import to Project: select a project where you want to create or update issues. 
    • File encoding: the type of character encoding in your CSV file. 
    • Delimiter: a character that separates columns or fields in your CSV file. If your delimiter is a tab, specify it as /t. 
    • Date format: the format of dates in your CSV file. 

  5. On the Map fields page, map the fields from your CSV file to issue fields in the selected project. If you also want to map values of these fields, select the Map field value checkbox. After you finish, select Next. 

    Make sure you map the Summary field. It’s mandatory for creating or updating an issue.  

    The Don’t map this field option means that you choose not to map a field from the CSV file to any issue field in the project. As a result, after the import, you won’t see the unmapped fields in issues. 

    Use this option if: 

  6. On the Map values page, you can check and reset the target values of the issue fields for which you’ve selected the Map field value checkbox on the previous page. If you haven’t selected the checkbox, proceed to the next step.
    Example
    Your issue types may have a CSV field value of Feature Request, which you may want to map to the issue type field value Feature.

    • On this page, you’ll see all values of all fields for which you’ve selected the Map field value checkbox on the Map fields page. 
    • If you want a field to be empty after the import, select Import as blank in Target value in Jira. 
    • If you haven’t chosen to map values for username-based fields like Reporter and Assignee, usernames from the file will be automatically mapped to existing usernames (lowercase) in Jira.
    • If you import descriptions with line breaks, don’t select the Map field value checkbox for the Description field. Otherwise, Jira may remove line breaks during the import.
    • Regardless of whether or not you select the Map field value checkbox, Jira will automatically create usernames based on the data in your CSV file if they have not already been defined in Jira. 

  7. You may want to check your configuration for errors or warnings before running the import. To do it, select Validate. If your file contains warnings or errors, we recommend fixing them and uploading the file again. To learn more, download the detailed log of the validation. 

    If you need to import another CSV file with the same (or similar) settings to what you used through this procedure, select the save the configuration link to download a CSV configuration file, which you can use at the first step of the CSV file import wizard. For example, you may want to use the same field or value mappings for the next imports.

  8. When you’re sure about the correctness of data in your CSV file, select Begin Import. The importer will display updates as the import progresses, then a success message when the import is complete.
    After the import is completed, you can check the created or updated issues in Jira. Also, you can download the detailed log of the import or save the configuration for future use.
  9. Congratulations! You have successfully imported your CSV data into Jira! If you have any questions or encounter any problems, contact Atlassian support.

CSV データを 課題フィールドにインポートするためのヒント

Here are some helpful tips on importing data from your CSV file into specific issue fields: 

課題フィールド

インポート時の注意

プロジェクト

CSV data is imported on a per-project basis. You can either specify an existing projects as the target, or the importer will automatically create new projects during the import.

要約

これは唯一の必須フィールドです。

コンポーネント

個別の列に各コンポーネントを入力することで、複数のコンポーネントを持つ課題をインポートできます。

影響バージョン

Import issues with multiple Affects Versions by entering each version in a separate column.

修正バージョン

Import issues with multiple Fix Versions by entering each version in a separate column.

期日

Make sure to use the date format specified on the second step of the CSV import wizard: dd/MMM/yy h:mm a.

課題タイプ

If not specified in your CSV file, imported issues will be givem the default (i.e. first) Issue Type as specified in your Jira system. For more information, see Defining issue type field values

You can also create new values on the fly during the import process.

ラベル

Import issues with multiple labels by entering each label in a separate column or by putting all labels in one column, deliminated by a space. 

Priority

If not specified in your CSV file, imported issues will be given the default (i.e. first) Priority as specified in your Jira system. For more information, see Defining priority field values

You can also create new values on the fly during the import process.

初期見積り

Set this value as a total number of seconds.

残余見積り

Set this value as a total number of seconds.

ユーザー

Choose to automatically create Jira users for any values of the Assignee or Reporter field.

Expand to see tips on user creation
  • Users will be created as active accounts in Jira. Users should receive emails with passwords for the first-time login to Jira. 
  • To create full names for users with no real names, Jira will take the part of their email addresses before the @ character. 
  • If you are using external user management system, Jira users won’t be created during the import. Instead, the import wizard will give you a list of any new users that need to be created. You will need to create the users in your external user repository before running the import.
  • If you have a user-limited license (a personal license), and the number of users is larger than the limit, then the import will be stopped. You’ll see the list of users that can't be created. 
  • 担当者および報告者がマッピングされない場合、ユーザー名は作成されません。

その他のフィールド

If you wish to import any other fields, you can choose to map them to one or multiple Jira custom fields. If your custom fields don't exist yet in Jira, the importer can automatically create them for you.

If your custom field is a date field, please use the date format specified n the second step of the CSV import wizard: dd/MMM/yy h:mm a.

If you aren’t a Jira administrator, you won’t be able to map the following fields in the CSV file to their equivalents in Jira: 

  • 添付ファイル 
  • コメント本文 
  • 作成日 
  • 更新日 
  • 解決日 
  • プロジェクト キー 
  • プロジェクト名 
  • プロジェクト タイプ 
  • ソリューション 
  • ステータス 
  • 作業ログ 

To complete the field mapping, select either any other available field or the Don’t map this field option. 

既知の問題

複数選択フィールドの入力についての問題

In case your issues get created but the multi-select fields are not populated, contact your admin. They can rerun the import by using Jira admin tools.

制限されたカスタム フィールドのインポート

CSV import may run incorrectly for a project with only one issue type and a required custom field with context. For details and the workaround, see JRASERVER-41584

最終更新日 2022 年 8 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.