開発ツールを設定する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Softwareは、さまざまな開発ツールと接続して開発作業と同期させながらプロジェクトを追跡できます。Jira Software を異なるツールに接続することでロックを解除できる機能をご紹介します。

  • BitbucketGitHubなどのレポジトリ マネージャーに接続すると、レポジトリでイベント、例えば、作成したコミットやブランチ、マージまたは拒否されたリクエストのプルなどが発生した際、課題を自動的にトランジッションすることができます。 Jira Software の課題から直接ブランチを作成することも可能です。また、各課題には関連するコミット、ブランチプルリクエストが表示されます。
  • コードをレビューするには、Crucible に接続すれば、レビューがステータスを変更したときに自動的にトランジッションされるよう、課題を設定することができます。また、各課題には関連するレビューが表示されます。
  • Bamboo に接続すれば、各課題に関連するビルドとデプロイが表示されます。

Jira Software を開発ツールに接続する

始める前に

  • 適切な権限があることを確認します。Jira Software を別のアプリケーションに接続するには、Jira 管理者である必要があります。また、開発ツールの管理者である必要もあります。

Jira Software と開発ツールの連携については、「開発ツールと連携する」(Jira 管理者向けドキュメント) の説明を参照してください。

Jira Software を開発ツールを設定する

Jira Software を開発ツールに接続すると、自動的に有効になる機能があります。それ以外の機能には追加設定が必要です。セットアップが必要な設定作業をはじめとする機能一覧は以下のとおりです。

課題の開発パネル

各課題に開発パネルが表示されるため、開発状況をひと目で評価することができます。さらに調査が必要な場合は、項目をクリックして詳細を表示するか、開発ツールを掘り下げます。

Jira Software を一旦開発ツールに接続すれば、詳細設定は必要ありません。ただし、開発ツールで 課題を参照する方法をチームに知らせる必要はあります。

さらに詳しく:開発作業から課題を参照する

開発ツールで課題情報を閲覧する

Bitbucket、Bamboo、Fisheye/Crucible などのサポートされている開発ツールのいずれかに Jira を接続した場合、それらのツールで課題に関する情報を表示できるようになります。たとえば、Bitbucket では、チェンジセットで参照された課題を確認できます。また、Bamboo では、計画のビルドにリンクされた課題を表示できます。

もっと詳しく: Bitbucket ServerBitbucket CloudBambooFisheteCrucible

課題からブランチを作成する

Bitbucket Cloud また Bitbucket Server を使用してコード リポジトリを管理している場合は、ブランチを作成するリンクから、Jira Software の課題上で直接コード ブランチを作成できます。リンクをクリックすると、レポジトリのアプリケーションにつながり、ブランチを作成する方法に誘導されます。複数のアプリケーションを接続している場合は、ブランチの作成先を選択できます。

  1. リポジトリの選択: ブランチを作成するリポジトリを選択します。
  2. ブランチの作成: 課題上でこのリンクをクリクします。


ワークフロートリガー

リンクする開発ツールのイベントに対応するワークフローに、トリガーを設定することができます。これを設定することで、後れを取ることなく開発作業と同期しながら課題のステータスを追跡することができます。例えば、開発者が Bitbucket でブランチを作成し課題に取り掛かると、ブランチ名に JIRA 課題を参照でき、課題が自動的に「作業前」から「進行中」に移動します。

ワークフローへのトリガーは、Jira Software を開発ツールに接続した後に追加してください。ワークフロー トリガーの設定に関するガイドを参照することをおすすめします。

さらに詳しく: ワークフロー トリガーを設定する (Jira 管理者向けドキュメント)

リリースハブにおける開発情報

ボードのリリースハブを見れば、リリースの進捗(リリースバージョン)を見て公開すべきものをひと目で決定できるようになります。バージョンではステータスごとに分類されたすべての課題を見ることができ、バージョンのリリースに影響しうる問題も把握できます(例えば、リリースするはずの課題にマージされていないプルリクエストや、コードレビューされていない、またビルドに失敗した課題が含まれている、など)。

Jira Software を一旦開発ツールに接続すれば、詳細設定は必要ありません。ただし、開発ツールで 課題を参照する方法をチームに知らせる必要はあります。

さらに詳しく:開発作業から課題を参照する

検索のリスト ビューの開発情報

検索リスト ビューの開発列では、接続した開発ツールの情報を確認できます。さらに情報が必要な場合、項目をクリックして詳細を表示するか、開発ツールを確認します。

開発パネルと同様に、Jira Software を開発ツールに接続したら、その後の構成は不要です。チームは開発作業で課題を参照する方法を知るだけで使用を開始できます。

次のステップ

(info) お困りですか?  必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。ヘルプの活用を参照ください。

最終更新日 2019 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.