チームのための計画

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. チームのための計画
  2. チーム ボードのカスタマイズ
  3. ストーリー ポイントによる見積もり
  4. チーム レポートの分析
  5. 将来の計画の最適化

よく練られた計画は必ず失敗すると言われていますが、実際にそうなる場合もあります。それでも、計画はよく練る必要があります。少なくとも JIRA Software で作成する計画は非常に柔軟性があり、カスタマイズ可能で、設定もできます。

バックログから開始する

すべてのアジャイル プロジェクトは、完了する必要のある作業を表す課題のバックログから開始します。これらの課題には、ユーザー ストーリー、タスク、バグ修正などがあります。これらすべてが個別の作業です。

  • バックログでは優先順位がすべてです。もっとも重要なことを最初に実行するようにします。
  • クイック フィルターを使用して必要な課題のみを表示します。
  • バックログで新しい課題を作成し、スプリントを開始します。

バックログに移動には、ボードを開いて [バックログ] をクリックします。表示されるボード詳細を、ボード メニューのオプションを使用して制御します。

バックログの一覧の下にある [+ 課題の作成] をクリックすると、課題を素早く追加できます。

「遠すぎる将来のスプリントを計画しようとすれば、失敗は必定です。数週間でほとんど確実にスコープまたは優先度が変更される事柄について決定を下すことは、エネルギーの浪費です。バックログでは必ず優先付けをやり直すものなのです」

~ アトラシアンのチーム リード

コンテキストにエピックを使用する 

エピックはより大きなストーリを伝えることを目的に設計されています。エピックは、"パフォーマンス" や "ユーザー インターフェイス" などの幅広い作業テーマの収集や、より大きな作業項目の追跡に使用されます。エピックを使用するメリットは次のとおりです。

  • エピックは複数のプロジェクトにまたがることも可能で、ボードが複数のプロジェクトの課題を表示するようにセットアップされている場合に特に便利です。
  • 設計仕様、ビジネス ケース、要件などの詳細情報を提供するようために、Confluence ページにエピックをリンクできます。

エピックの作成方法

  1. ボードのバックログで、ボードの左側にある [エピック] をクリックしてから、[エピックの作成] をクリックします。
  2. 表示されるウィンドウでエピックの詳細を入力し、[作成] をクリックします。
  3. バックログの課題を、それが所属するエピックにドラッグ アンド ドロップします。

詳細は、「エピックで作業する」を参照してください。

「バージョンはサービス レベル アグリーメントに適合するように調整されるため、長期的な計画にもっとも有効です。弊社のお客様は週単位のリリースを期待しています」

~ アトラシアンのリリース マネージャー

バージョンはリリース順を保持

多くのチームが製品のバージョンを、お客様向けの一連の更新または機能としてリリースします。課題を複数のバージョンに割り当てることで、チームは準備からリリースまでのスプリント作業を計画しやすくなります。

バージョンの作成方法

  1. ボードの左側にある [バージョン] をクリックしてから、[バージョンの作成] をクリックします。
  2. 詳細を入力して [作成] をクリックします。

これで、バックログの課題を、それが所属するバージョンにドラッグ アンド ドロップできます。

詳細は、「スクラム プロジェクトでバージョンを構成する」を参照してください。

ランクと優先付け

バックログの課題が優先度順に表示されると、次に完了する必要がある作業に基づいたスプリントを非常に作成しやすくなります。

ランク付けは、バックログで課題をドラッグ アンド ドロップして簡単に実行できます。

「ランク付けにより、次に完了する必要がある作業を全員が確認でき、スプリント計画を素早く完了するのに役立っています」

~ アトラシアンの開発リード

洗い出しと繰り返し

スクラム プロジェクトの最大のメリットは、いくつものスプリントを消化するにつれて、チームの能力が明確にわかるようになることです。

チームの生産率を把握するために参照できる多くのレポートやグラフがあります。ここではこれらの一部を取り上げ、計画の作成を改善するための活用方法をご紹介します。

tip/resting Created with Sketch.

実習

ダミー プロジェクトを作成し、プロジェクト タイプとして [スクラム ソフトウェア開発] を選択します。

  1. 課題のバックログを作成します。新しい課題に追加するタイトルのみが必要です。
  2. ドラッグ アンド ドロップして、バックログを再度優先付けします。
  3. エピックを作成して、いくつかの課題を追加します。
  4. バージョンを作成して、いくつかの課題を追加します。

次へ

最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.