CSV インポートを利用して課題を作成する

課題とサブタスクを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

関連プロジェクトに関して、課題の作成のプロジェクト権限 一括変更のグローバル権限を持っている場合、コンマ区切り値 (CSV) ファイルを使用して課題を一括作成できます 。CSV ファイルは、表形式データを表すテキストファイルで、スプレッドシート (MS Excel、Numbers) やデータベースなどの表形式データを処理するほとんどのシステムでサポートされています。

CSV インポートを使用することで、表形式でデータをエクスポートできる外部システムからデータをインポートできます。また、独自の CSV ファイルを作成して、課題の一括作成および更新を実行することも可能です。

Your administrator has access to more import options. If you are planning on importing from an external system a large amount of issues, administrators have access to advanced import functionalities by following: Migrating from other issue trackers, including Importing data from CSV.

CSV インポートを利用するには2つの手順を実行します。3 番目の手順はオプションです。

  1. CSV ファイルを準備する
  2. CSV インポート ウィザードを実行します。
  3. 将来の利用のために設定を保存します。

このページの内容:

CSV ファイルを準備する

Jira インポータープラグインは、CSV ファイルがデフォルトの Microsoft Excel 形式の CSV ファイルに基づいているものと想定します。フィールドはコンマで区切られ、文字どおりに扱われる必要のあるコンテンツ (コンマや改行/「キャリッジリターン」そのもの) は、引用符で囲まれます。

(info) Microsoft Excel と OpenOffice の場合、セル内の値を引用符で囲む必要はありません。これらのアプリケーションでは、自動でこの処理が行われます。

CSV ファイルの要件

「適正に構造化されている」ことに加えて、CSV ファイルには次の要件があります。

  • 各 CSV ファイルには、要約列を持つ見出し行が存在しなければならない

CSV ファイルのインポート ウィザードは、 CSV ファイルの見出し行を使用して、CSV ファイルの 2 行目以降のデータを JIRA のフィールドにどのようにマッピングするかを決定します。

見出し行には、句読点が含まれないようにします (各列を区切るコンマは除く)。そうしないと、インポーターは正しく機能しない可能性があります。

見出し行には「要約」データの列が含まれていなければなりません。

  • コンマ (列/フィールドのセパレーターとして) は省略できない

たとえば、以下は有効です。

Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue", admin, admin, 1, ,

しかし、以下は無効です。

Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue", admin, admin, 1

CSV ファイルで Jira データ構造をカプセル化する

複数行にまたがるデータをキャプチャーする

複数行にまたがるデータを取り込むには、CSV ファイルで二重引用符 (") を使用します。たとえば、インポート時に、Jira は以下を単一レコードの有効な CSV ファイルとして扱います。

Summary, Description, Status
"Login fails", "This is on
a new line", Open

特殊文字を文字どおりに扱う

テキスト部分を二重引用符 (") で囲むと、その範囲の特殊文字を文字どおりに扱うように指定できます。このデータがインポートされると、これらの特殊文字は Jira のフィールド データの一部として保存されます。特殊文字の例としては、キャリッジ リターン / 改行文字 (上記に例示)、コンマなどがあります。

二重引用符を文字どおり扱うようにするには、もう1つ二重引用符を追加して「エスケープ」します。したがって、CSV 値は次のようになります。

  • "Clicking the ""Add"" button results in a page not found error"
    これをインポートすると、次のように Jira に保存されます。
  • Clicking the "Add" button results in a page not found error

複数の値を単一の JIRA フィールドに集約する

複数の値を受け入れる JIRA フィールド (修正対象バージョン影響バージョンコンポーネントラベルなど) には、複数の値をインポートできます。これを行うには、マッピングされる JIRA フィールドに集約する各値について、 CSV ファイルで同じ列名を指定する必要があります。指定される列名の数は、マッピングされるフィールドに集約される値の最大数と一致しなければなりません。例えば以下のようなものがあります。

IssueType, Summary, FixVersion, FixVersion, FixVersion, Component, Component
bug, "First issue", v1, , , Component1,
bug, "Second issue", v2, , , Component1, Component2
bug, "Third issue", v1, v2, v3, Component1,

上記の例では、2 番目の課題のコンポーネントフィールドと 3 番目の課題の 修正対象バージョンフィールドは、インポート時に、該当する JIRA フィールドに複数の値を生成します。

(warning) 複数の値をサポートしている JIRA フィールドは限定されているので注意してください。CSV インポートでは、単一の値のみをサポートしている JIRA フィールド上で集約したデータのインポートができません。

添付ファイルをインポートする

CSV ファイルから作成された課題には、ファイルを添付できます。これを行うには、CSV ファイル内の「添付ファイル」列で、添付ファイルの URL を指定します。

Assignee, Summary, Description, Attachment, Comment
Admin, "Issue demonstrating the CSV attachment import", "Please check the attached image below.", "https://Jira-server:8080/secure/attachment/image-name.png", "01/01/2012 10:10;Admin; This comment works"
Admin, "CSV attachment import with timestamp,author and filename", "Please check the attached image below.", "01/01/2012 13:10;Admin;image.png;file://image-name.png", "01/01/2012 10:10;Admin; This comment works"

(info) 添付ファイルの URL は HTTP と HTTPS プロトコルをサポートしており、Jira インスタンスが必ずアクセスできる場所になります。 

複数の JIRA プロジェクトに課題をインポートする

CSV ファイルのインポートを通じて、課題を CSV ファイルから様々な JIRA プロジェクトにインポートできます。この操作を行うには:

  • CSV ファイルには他に2つの列が必要です。これらの列の見出しには、プロジェクト名プロジェクト キーに類似した名前を付けます。
  • CSV ファイル内のすべての課題で、インポート先の JIRA プロジェクト用に、これらの列に適切な名前とキーが含まれていることを確認します。
    プロジェクト名およびキーのデータは、CSV ファイルから特定の JIRA プロジェクトに課題をインポートするために必要な 最小の JIRA プロジェクト データ です。(info) プロジェクト名と課題キーが、特定のプロジェクトに課題をCSVからインポートするための最小限のプロジェクトデータとなります。
IssueType, Summary, Project Name, Project Key
bug, "First issue", Sample, SAMP
bug, "Second issue", Sample, SAMP
task, "Third issue", Example, EXAM

上記の例では、最初と 2 番目の課題は「Sample」プロジェクト (プロジェクト キーは「SAMP」) にインポートされます。3 番目の課題は「Example」プロジェクト (プロジェクト キーは「EXAM」) にインポートされます。ここで、CSV ファイルインポート ウィザードの実行時に、ユーザーは CSV ファイルの「Project name」および「Project Key」フィールドをそれぞれ JIRA フィールドのプロジェクト名およびプロジェクト キーに対応付けていると仮定しています。

作業ログエントリーをインポートする

CSV ファイルには作業ログエントリを含めることができます。例:

Summary,Worklog
Only time spent (one hour),3600
With a date and an author,2012-02-10 12:30:10;wseliga;120
With an additional comment,Testing took me 3 days;2012-02-10 12:30:10;wseliga;259200

消費時間を追跡するには、秒単位を使用する必要があります。

複数選択カスタムフィールドにインポートする

CSV ファイルには、1つの複数選択カスタムフィールドの複数のエントリを含めることができます。例:

Summary,Multi Select,Multi Select,Multi Select
Sample issue,Value 1,Value 2,Value 3

これは、複数の値を持つ複数選択カスタムフィールドにデータを追加します。

カスケード選択カスタムフィールドにインポートする

次の構文を使用すると、カスケード選択カスタムフィールドに値をインポートできます。

Summary, My Cascading Custom Field
Example Summary, Parent Value -> Child Value

「->」セパレーターを使用すると、 階層をインポートできます。

注意: 現在、Jira では マルチレベルのカスケード選択フィールドの CSV インポートをサポートしていません (JRA-34202 - 課題詳細を取得する ステータス)。

CSV ファイルインポート ウィザードを実行する

はじめる前に: Jira インストールに既存のデータがある場合 — 既存の Jira データのバックアップを取得します。 

  1. 課題 > CSV から課題をインポート を選択して、 バルク作成設定 ページ を開きます。課題 > CSV から課題をインポートを選択し、一括作成設定ページを開きます。(CSV から課題をインポートオプションがない場合、JIRA 管理者は Jira インポータープラグインをバージョン 6.2.3 以上に更新する必要があります。)
  2.  設定  ページで、  CSV ソースファイルを選択します。
    設定ファイルがない場合や、新しい設定ファイルを作成したい場合は、既存の設定ファイルを使用するチェックボックスを選択しないままにします。設定ファイルは、CSV ファイルの見出し行の列名と JIRA インストールのフィールド間のマッピングを指定します。
    • このオプションを選択すると、既存の設定ファイルを指定するかどうか尋ねられます。
    • このオプションを選択しない場合、CSV ファイルインポート ウィザードの最後に、Jira は、以降の CSV インポートに使用できる設定ファイルを作成するかどうか問い合わせるメッセージを表示します。
  3. 次へボタンを押して、CSV ファイルインポートの設定手順ウィザードに進みます。必須のフィールドに入力します。
    • CSV ファイルでコンマ以外の別の区切り文字を使用する場合、CSV 区切り記号フィールドでその文字を指定します。区切り記号が「Tab」の場合、「/t」という形式を使用して入力できます。
  4. 次へボタンをクリックして、 CSV ファイルインポート ウィザードの フィールドのマッピング手順に進みます。ここで、CSV ファイルの列見出しを、選択した Jira プロジェクトのフィールドにマッピングできます。特定の CSV 値のマッピング先として、特定の Jira フィールド値を選択したい場合、 フィールド値のマッピング のチェックボックスを選択します。
    (info) 注意: CSV フィールドは、Jira の概要フィールドにマッピングする必要があります。 これにより、作成された課題は概要を持つことになります。

  5. 次へボタンをクリックして、 CSV ファイルインポート ウィザードの フィールドのマッピング手順に進みます。インポート ウィザードのこの手順で、どの特定の CSV フィールド値を、どの特定の JIRA フィールド値にマッピングするかを選択できます。たとえば、課題タイプに "Feature Request" という CSV フィールド値があり、それを JIRA 課題タイプ フィールド値 "New Feature" にマッピングすることもできます。
    (info) 注意 :

    • CSV ファイルインポート ウィザードの前の手順でフィールド値のマッピングチェックボックスが選択されたフィールドは、このページに表示されます。
    • 値を現状のままインポートしたい場合は、フィールドを空欄のままにしておくか、フィールド内のコンテンツを消去します。

    • ユーザー名ベースの CSV フィールド (報告者または担当者など) のインポートで、 このフィールドのフィールド値のマッピングチェックボックスを CSV ファイルインポート ウィザードの前の手順で選択していない場合、インポーターは、CSV ファイルからインポートされるユーザー名を (小文字で) 自動的に Jira ユーザー名にマッピングします。
      (info)フィールド値のマッピング チェックボックスを選択するかどうかにかかわらず、 Jira は、ユーザー名が JIRA で定義済みになっていない場合、CSV ファイルのデータに基づいて自動的にユーザー名を作成します 。 

  6. CSV データを Jira にインポートする準備ができたら、インポート開始ボタンをクリックします。インポーターは、インポートの進行に合わせて更新状況を示し、インポートが完了すると、正常完了したことを示すメッセージを表示します。
  7. インポートが正しく設定されたと確信したら、インポート開始ボタンをクリックします。インポートが開始され、完了すると、エラーがある場合には通知されます。先にインポートを検査しておきたい場合は、検証ボタンをクリックします。これにより、Jira はインポートを検証し、予想されるエラーまたは警告を通知します。この情報をもとに、ユーザーは設定をやり直し、修正してから、完全なインポートを実行することができます。

(info) 注意:

    • インポートで問題が生じた場合 (または関心がある場合)、詳細ログのダウンロードリンクをクリックして、CSV ファイルのインポート処理に関する詳細情報を表示します。
    • この手順を通じて使用した設定と同じ (または類似の) 設定で、別の CSV ファイルをインポートする必要がある場合は、設定を保存リンクをクリックして、CSV 設定ファイルをダウンロードします。この設定ファイルは、CSV ファイルインポート ウィザードの最初の手順で使用できます。

お疲れ様でした。CSV データが Jira に正常にインポートされました!ご不明な点や、問題が生じた場合は、Atlassian サポートにご連絡ください。

CSV データを 課題フィールドにインポートするためのヒント

データを CSV ファイルから特定の JIRA フィールドにインポートする場合に役立つヒントを以下に示します。

課題フィールド

インポート時の注意

Project

CSV データはプロジェクト単位でインポートされます。対象として既存の JIRA プロジェクトを指定できますが、指定しなくても、インポート時にインポーターが自動的に新規プロジェクトを作成します。

要約

これは唯一の必須フィールドです。

コンポーネント

単独の列に各コンポーネントを入力することで、複数のコンポーネントを持つ課題をインポートできます。

影響バージョン

単独の列に各バージョンを入力することで、複数の「影響バージョン」を持つ課題をインポートできます。

修正バージョン

単一の列に各バージョンを入力することで、複数の「修正バージョン」を持つ課題をインポートできます。

コメント本文

単独の列に各コメントを入力することで、複数のコメントを持つ課題をインポートできます。

期限

CSV インポート ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

課題タイプ

CSV で指定されていない場合、インポートされた課題は Jira のインスタンスで指定された規定の(例: 最初)の課題タイプに設定されます。詳細については、課題タイプのフィールド値を決めるをご覧ください。 

インポートの過程で、まとめて新しい値を作成することもできます。

ラベル

以下の方法で複数のラベルが付いた課題をインポートできます。

  • 各ラベルを別の列に入力する
  • すべてのラベルを 1 列内に配置し、スペースで区切る

優先度

CSV で指定されていない場合、インポートされた課題は Jira のインスタンスで指定されたデフォrとの(例: 最初)の優先度に設定されます。詳細については、優先フィールド値を決めるをご覧ください。 

インポートの過程で、まとめて新しい値を作成することもできます。

初期見積 (Original Estimate)

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

残余見積 (Remaining Estimate)

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

所要時間 (Time Spent)

このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。

ユーザー情報

担当者または報告者フィールドの値として、インポーターに Jira ユーザーを自動で作成させることも可能です。

  • ユーザーは、Jira のアクティブなアカウントとして作成されます。ユーザーは Jira への初回のログイン時にパスワードをメールで通知してもらう必要があります。
  • 実名でないユーザーは、メールアドレス (ログイン名) の "@" 文字の前の部分を Jira でのフルネームとして取得します。
  • 外部ユーザー管理 を使用している場合、 インポート処理で JIRA ユーザーは作成できません。代わりに、インポーターは作成が必要な新規ユーザーのリストを提供します。ユーザーは、インポートを開始する前に外部のユーザーリポジトリでユーザーを作成する必要があります。
  • ユーザー数制限付きライセンス(例: パーソナルライセンス)で、必要なユーザー数が制限数を超える場合、インポートは停止されます。作成できないユーザーのリストを示すページが表示されます。
  • 担当者および報告者がマッピングされない場合、ユーザー名は作成されません。

その他のフィールド

その他のフィールドをインポートする場合は、特定の Jira カスタムフィールド へのマッピングを行うことができます。JIRA にカスタムフィールドがまだ存在していない場合、インポーターは自動的にカスタムフィールドを作成します。カスタムフィールが日付フィールドの場合、CSV インポーター ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。

既知の問題

Problems populating multi-select fields

In case your issues get created but the multi-select fields are not populated, contact your administrator so that they can re-run the import using JIRA admin tools.



最終更新日 2019 年 7 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.