Jira Software のカスタム フィールドのロックを解除する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

この KB 記事ではアトラシアン サポートのスコープ外の変更について説明しています。このため、このページの内容は記載内容のまま提供されます。ここで案内している手順は Jira Software 内の問題を修正することのみを意図しており、他のロック済みフィールドに対して使用することは想定されていません。このページの手順を行う前にアトラシアン サポートにご相談ください。この手順によって、デフォルト フィールドに予期しない変更を加えた場合 (例: 既定で翻訳が許可されないフィールドに翻訳テキストを追加)、課題の作成時にフィールドに事前入力できなくなるなど、Jira 内で意図しない影響が発生する場合があります。


症状

Jira Software のロックされたフィールドのロックを解除する必要がある場合があります。

原因

フィールドは、Jira Software を破壊してしまうような意図せぬ変更を防止するためにロックされています。Jira Software の特定の問題により、フィールドを調整するために手動でロック解除する必要がある場合があります。

ソリューション

データベースの変更を行う場合は必ず事前にバックアップを取得してください。可能な場合は、まずステージング サーバーで SQL コマンドの変更、挿入、更新、または削除を行うようにします。

  1. データベースに対して次のクエリを実行し、Jira Software のカスタム フィールド ID を確認します。

    SELECT id,customfieldtypekey,cfname from customfield where customfieldtypekey like 'com.pyxis.greenhopper.jira%';

    次のような結果が返されます。

      id   |                         customfieldtypekey                         |         cfname
    -------+--------------------------------------------------------------------+-------------------------
     10204 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-global-rank                          | Rank
     10205 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-sprint                               | Sprint
     10206 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-link                            | Epic Link
     10207 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-label                           | Epic Name
     10208 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-status                          | Epic Status
     10209 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-color                           | Epic Colour
     10211 | com.pyxis.greenhopper.jira:greenhopper-releasedmultiversionhistory | Release Version History
  2. managedconfigurationitem テーブルの item_id コラムの該当するエントリを参照し、ロックを解除したいフィールドの id を一致させる必要があります。

    SELECT * from managedconfigurationitem;
      id   |      item_id      |  item_type   | managed | access_level |                       source                       |      description_key
    -------+-------------------+--------------+---------+--------------+----------------------------------------------------+----------------------------
     10000 | customfield_10204 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
     10001 | customfield_10205 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
     10002 | customfield_10206 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
     10003 | customfield_10207 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
     10004 | customfield_10208 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
     10005 | customfield_10209 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
  3. ロックを解除したいすべてのフィールドの managed 列を false に設定する必要があります。たとえば、次の例は Epic Status と Epic Colour をアンロックします。

    UPDATE managedconfigurationitem set managed='false' where item_id in ('customfield_10208','customfield_10209');

    注: 上述の変更のあと、"access_level" 列は "LOCKED" 値のままになりますが、カスタム フィールドは UI でロック解除されます。

    Oracle データベースを使用している場合、変更をコミットするのを忘れないようにします。

  4. フィールドに必要な変更を加えます。
  5. managed 列を true に設定して、ロックを解除したフィールドをロックします。たとえば、次の例は Epic Status と Epic Colour をロックします。

     UPDATE managedconfigurationitem set managed='true' where item_id in ('customfield_10208','customfield_10209');

    Oracle データベースを使用している場合、変更をコミットするのを忘れないようにします。

これらのフィールドは起動時に、プラグイン内の自動タスクによって再びロックされます。

説明Jira Software のロックされたフィールドのロックを解除する必要がある場合があります。フィールドは、Jira Software を破壊してしまうような意図せぬ変更を防止するためにロックされています。Jira Software の特定の問題により、フィールドを調整するために手動でロック解除する必要がある場合があります。
製品Jira
プラットフォームサーバー
最終更新日 2021 年 7 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.