Startup check: Starting JIRA

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

目的

Jira アプリケーションの起動/停止方法は、Jira をサービスとして実行しているかどうかによって異なります。 

Windows

Installed as a Service

JIRA をサービスとしてインストールした場合、Windows スタート メニューから JIRA サーバーの起動および JIRA サーバーの停止を実行することができます。 

You can't start or stop JIRA manually using the start-jira.bat and stop-jira.bat file.

Manual Start

Jira をサービスとしてインストールしなかった場合、Jira を手動で起動および停止する必要があります。

  • To start JIRA run <installation-directory>\bin\start-jira.bat
  • To stop JIRA run <installation-directory>\bin\stop-jira.bat

We recommend running JIRA with a dedicated user account. To do this, use usethe runas command to execute start-jira.bat.

> runas /env /user:<DOMAIN>\<jira> start-jira.bat

<DOMAIN> には自身の Windows ドメインまたはコンピュータ名を、<jira> には専用ユーザーの名前を入力します。

Manual Start with Apps disabled

From JIRA 7.3, you can start JIRA with all non-system add-ons, or a selection of these add-ons, disabled. This helps with troubleshooting when these non-system add-ons are causing issues with your JIRA instance, such as causing JIRA to fail on start up, or when the add-on is malfunctioning and can't be removed through UPM. The parameters do not persist, that is, they are applied at startup once, and if you need to restart JIRA, you need to apply them again.

The parameters should be specified at system startup when JIRA is started using the start-jira.bat file, for example:

<installation-directory>/bin/start-jira.bat /disablealladdons /disableaddons=com.atlassian.test.plugin

start-jira.bat を使用していないけれど、この機能を使用したい場合は、JIRA を実行中のサーブレット コンテナーの呼び出しに次の JVM パラメーターを追加できます。

-Datlassian.plugins.startup.options="/disablealladdons /disableaddons=com.atlassian.test.plugin"

To disable multiple plugins, use a colon-separated list of plugins. Regex/wildcards are not permitted, the full key of the plugin must be provided, for example:

-Datlassian.plugins.startup.options="/disablealladdons /disableaddons=com.atlassian.test.plugin:com.atlassian.another.test.plugin"

注意

  • アドオン キーにスペースが含まれている場合、この機能の無効化は動作しません。手動でアドオンを扱う必要があります。
  • この機能は JIRA Data Center では動作しません
  • これは、JIRA 起動時に致命的とみなされるアドオンを無効化するために使用でき、いずれかが無効化されると、JIRA は起動できませえん

  • This can be used to disable JIRA application OBR bundles, for example, to stop the JIRA Software add-on:

    <installation-directory>/bin/start-jira.bat /disableaddons=com.atlassian.jira.jira-software-application

Linux 

Installed as a Service

JRIA をサービスとしてインストールした場合、以下のコマンドのいずれかを使用して、JIRA を起動停止、または再起動します。

$ sudo /etc/init.d/jira start
$ sudo /etc/init.d/jira stop

You can't start or stop JIRA manually using the start-jira.sh and stop-jira.sh files.


Manual Start

Jira をサービスとしてインストールしなかった場合、Jira を手動で起動および停止する必要があります。

  • To start JIRA run <installation-directory>\bin\start-jira.sh
  • To stop JIRA run <installation-directory>\bin\stop-jira.sh


専用ユーザー アカウントで JIRA を実行することをお勧めします。

$ su -u <user>
$ ./start-jira.sh

Where <user> is the name of your dedicateduser.

Ubuntu を使用している場合は、コマンドは次のように少し異なります。

$ sudo su <user>
$ ./start-jira.sh


Manual Start with Apps disabled

From JIRA 7.3, you can start JIRA with all non-system add-ons, or a selection of these add-ons, disabled. This helps with troubleshooting when these non-system add-ons are causing issues with your JIRA instance, such as causing JIRA to fail onstart up, or when the add-on is malfunctioning and can't be removed through UPM. The parameters do not persist, that is, they are applied at startup once, and if you need to restart JIRA, you need to apply them again.

The parameters should be specified at system startup when JIRA is started using the start-jira.shscript, for example:

./bin/start-jira.sh --disable-all-addons --disable-addons=com.atlassian.test.plugin

JIRA のステージングには start-jira.sh を使用していないけれど、この機能を使用したい場合は、JIRA を実行中のサーブレット コンテナーの呼び出しに次の JVM パラメーターを追加できます。

-Datlassian.plugins.startup.options="--disable-all-addons --disable-addons=com.atlassian.test.plugin"

複数のプラグインを無効化するには、コロン区切りのリストを使用します。正規表現/ワイルドカードは許可されておらず、プラグインの完全なキーを指定する必要があります。例:

-Datlassian.plugins.startup.options="--disable-all-addons --disable-addons=com.atlassian.test.plugin:com.atlassian.another.test.plugin"

注意

  • --disable-addons takes a colon-separated list (chosen as a colon is the only prohibited character from a plugin key) of add-ons to be disabled. These can be system add-ons.
  • この機能は JIRA Data Center では動作しません
  • これは、JIRA 起動時に致命的とみなされるアドオンを無効化するために使用でき、いずれかが無効化されると、JIRA は起動できませえん

  • This can be to disable JIRA application OBR bundles, for example, to stop the JIRA Software add-on:

    ./bin/start-jira.sh --disable-addons=com.atlassian.jira.jira-software-application
説明This article gives instructions on how you start and stop your JIRA application . This method depends on whether you are running JIRA as a Service or starting with Apps disabled
製品Jira
プラットフォームサーバー

最終更新日: 2018 年 10 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.