レポート機能

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA Core は、特定のユーザー、プロジェクト、バージョン、または 課題の情報の統計を示すレポートを提供します。

このドキュメントでは、JIRA Core でレポートを設定して利用する方法を説明します。

'レポート機能' のトピックを検索する

レポートを生成する

レポートを生成するには:

  1. レポートを生成したいボードに移動してレポートをクリックします。
  2. リストからレポートを選択します。各レポートの詳細については、以下の「レポート」のセクションを参照してください。

レポート

チャート 目的
平均日数レポート プロジェクトまたはフィルタの未解決の課題が作成されてからの経過時間の平均が表示されます。これにより、バックログが最新かどうか確認することができます。
作成済み課題 vs 解決済み課題レポート

時間ごとの作成した課題と解決した課題の相関を表示します。これにより、バックログが拡大傾向なのか縮小傾向なのかが分かります。

注意...
  • チャートを見る ー 赤色の領域は、解決された課題よりも作成された課題のほうが多い期間を示しています。緑色の領域は、作成された課題よりも解決された課題のほうが多い期間を示しています。
円グラフレポート

指定されたフィールドでグループ化されたプロジェクトまたはフィルタの課題を円グラフで表示します。これにより、複数の課題の内訳をひと目で確認できます。

たとえば、(フィルタを使用して)プロジェクト内の特定のバージョンの課題を担当者別にしたグラフを作成することができます。

最近作成された課題レポート 

特定の時間帯に作成された課題の数と解決された課題の数を表示します。これにより、新規に作成される作業を把握することができます。

注意...
  • グラフの表示 — 棒グラフの緑色の部分は、作成された課題のうちの解決済み課題を示します。赤色の部分は、作成された課題のうちの未解決の課題を示します
解決時間レポート プロジェクトまたはフィルターの課題を解決するまでに要した時間を表示します。これにより、調査が必要になりそうなトレンドや出来事を特定することができます。
単一レベル グループレポート 

フィルター用に特定のフィールド別に分類された課題を表示します。これにより、検索結果をフィールド別に分類して、各グループの全体のステータスを確認できます。

たとえば、プロジェクトのあるバージョン内の課題を担当者ごとに表示することができます。

課題の経過時間レポート  日付フィールドとプロジェクトまたはフィルターの場合、フィールドが設定された日付に対して課題をマッピングします。これは、一定期間中に作成された課題の数や更新された課題の数などを追跡するのに役立ちます。
時間管理レポート

プロジェクトの特定のバージョンに関する課題の時間管理情報を示します。

注意...

レポートの表はバージョン内の課題を示します。

  • 時間管理フィールドは次のように4つあります。
    • 初期見積 - この課題の完了にかかる合計時間の初期見積。
    • 残りの見積時間- この課題の完了にかかる残りの時間の現時点での見積。
    • 消費時間- 課題に要した消費時間。これは、この課題に対して記録された時間の総計です。
    • 精度- 課題の初期見積と現在の見積を比較した精度。これが経過時間残見積もり時間フィールドの合計と、初期見積もりフィールドの合計の差異です。
  • サブタスクが有効化されている場合、フィールドの右側の 「∑」列は各「親」課題に関するタイム トラッキング情報の集計 (課題独自の値 + サブタスクの値の合計) を示します。
  • 表の最後の行は、バージョン全体の時間管理情報の集計を示します。

また、レポートにはバージョンのタイム トラッキング情報の集計を示す、2つの棒グラフが含まれます (表の上)。

  • 最初の棒グラフ("進捗")は、このバージョンでの完成した課題 (緑) と未完了の課題 (オレンジ) の割合を示します。
  • 2 つ目の棒グラフ (「精度」 -青) は、初期見積の精度を示します。

精度バーと進捗バーの差異により、このバージョンの課題が計画より早いか遅いかを示します。3つのケースがあります:

  1. The issues are on schedule with the original estimate.
    The Accuracy bar is completely blue and is the same length as the Progress bar above it.
  2. The issues are behind the original estimate (i.e. will take longer than originally estimated).
    The Progress graph is longer than the Accuracy graph. The blue region represents the original estimated time, and the light-grey region is the amount of time by which issues are behind. 
  3. The issues are ahead of the original estimate (i.e. will take less time than originally estimated).
    The Accuracy graph is longer than the Progress graph. The blue bar represents the original estimated time, and the light-grey region represents the amount of time by which the original estimates were overestimated.

タイム トラッキング レポートを生成する場合は、以下の設定を考慮してください。

  1. 修正バージョンで、レポートを作成したいバージョンを選択します。レポートにはバージョンに属するすべての課題が含まれます。つまり、「修正バージョン」がこのバージョンのすべての課題です。
  2. 並べ替え で、レポートの課題の並べ替え方法を選択します。
    • 完了度合いの低い課題順: 残りの見積時間が最も多い課題を最初に表示します。
    • 完了度合いの高い課題順: 残りの見積時間が最も少ない課題を最初に表示します。
  3. 課題 で、レポートに含める課題を選択します。
    • すべて — このバージョンに割り当てられたすべての課題を含めます。
    • 未完了の課題のみ: 完了済み (例: 残りの見積時間がゼロ) または時間管理の対象でない (例: 初期見積がない) 課題を除外します。
      課題ステータスは、どの課題を表示するかには影響しません。
  4. サブタスクの取り込みの場合 (注: サブタスクが有効化されている場合にのみ表示されます)、このバージョンに属するすべての親課題に対し、レポートに含めるサブタスクを選択します。
    • 選択したバージョンのサブタスクのみを含める — サブタスクが課題と同じバージョンに属している場合に課題のサブタスクを含める
    • バージョンセットのないサブタスクも含める — サブタスクが課題と同じバージョンに属していてても、バージョンに属していない場合も課題のサブセットを含める
    • すべてのサブタスクを含める — サブタスクが同じバージョン/別のバージョンに属しているか、またはバージョンに属していないかに関わらず、課題のすべてのサブタスクを含めます。
      サブタスクはこのバージョンに属していて、親課題がこのバージョンに属していない場合、素のサブタスクは常にレポートに含まれます。
ユーザー負荷レポート 

ユーザーが割り振られた作業量と、その所要時間を示します。

指定したユーザーについて、割り当て済みの未解決の課題数、および残りの作業負荷をプロジェクトごとに表示できます。

バージョン負荷レポート

特定バージョンが完了ために処理する作業がどのくらい残っているかをユーザー別および課題別に示します。

指定したバージョンについて、各ユーザーに割り当てられた未解決の課題、各ユーザーの作業負荷、およびバージョンの合計残余作業負荷のサマリをリストで表示できます。

作業負荷円グラフレポート 特定のプロジェクトまたはフィルターの課題の担当者に関連する作業負荷を示します。

* JIRA 管理者がタイム トラッキングを有効にした場合にのみ利用可能です。

Confluence で利用可能なレポート

JIRA と Confluence を連携している場合、Confluence 上で以下のレポートを作成することができます。 

チャート 目的
変更履歴 JIRA の課題一覧を表示します。このリストは静的にもできるし、JIRA における課題のステータスの変更を自動的に反映させることもできます。 
ステータスレポート ステータスレポートは、JIRA プロジェクトと修正バージョンの進捗状況をステータス、優先度、コンポーネントおよび課題タイプ別に円グラフで表示します。ステータスレポートは JIRA グラフ マクロを動的に使用します。

その他のレポート

 

最終更新日 2018 年 7 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.