検索結果を使って作業する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

検索結果は課題ナビゲーターに表示されます。 課題の全リストから選別したり、1つの課題を見つけたりする必要があるかもしれません。このページでは、検索結果で行えることを説明します。課題を修正するために課題ナビゲータの表示を変更することから始めます。

このページの内容:

次のスクリーンショットは、課題ナビゲーターの主な機能の概要を示しています。

スクリーンショット: 課題ナビゲーター (詳細ビュー)

  1. Filter panel: Click << to collapse the filter panel so you can have more space in the detail view.
  2. Issue: Select an issue from this panel to see the details in the detail view window.
  3. Filters: Select a filter to see all the matching issues in the panel to the immediate right.
  4. Views: Click to switch between the detail view and list view.
  5. Detail view: Check out all the details about the selected issue in this detail view.

 

検索結果の表示を変更する

リストビュー または 詳細ビュー

ドロップダウンをクリックして、検索結果の一覧ビューと詳細ビューを切り替えます。

  • 一覧ビュー:検索結果の課題を一覧表示します。この表示は目を通しやすく、各課題の詳細が若干わかればいい場合に向いています。
  • 詳細ビュー :検索結果の課題を一覧表示し、現在選択している課題の詳細を右側のパネルに表示します。このビューは、個々の課題に関する詳細な情報が必要な場合や、(フィールドのインライン編集を使って)その場で手早く課題を編集したい場合に役立ちます。
表示順を変える

列名をクリックします。何度も同じ列名以上をクリックすると、ソート順序が昇順と降順の間で切り替わります。注意:

  • 「画像」列または サブタスク 集計列では並べ替えできません (例:「∑」で始まるすべての行)。
  • 高度な検索 からの検索結果で並べ替えた場合や、「ORDER BY」句 は JQL クエリに追加され、検索結果の課題順に反映されます。
列 - 表示/非表示と移動

自分や、特定のフィルターごとに異なる列構成を作成することができます。列の設定を切り替えるには、コラムをクリックし、次のタブから1つを選択します:

  • ユーザー規定値 :これは、検索結果のデフォルトのカラム設定です。
  • フィルタ :あなたは、フィルタの検索結果を表示している場合に有効になります。これはユーザー規定値の設定を上書きします。
  • システム (JIRA管理者に表示されます):これは、すべてのユーザーに適用される列の構成です。これは、ユーザーの規定値のカラムせ亭とフィルター固有のカラム設定によって上書きされます。

また以下の設定を変更することができます。設定したい箇所に切り替わったのを確認して、次を行ってください。

  • 列を表示/非表示する方法 : カラム をクリックして対象とする列を選択します。完了をクリックします。
  • カラム名をクリックして新しい位置へドラッグし、列順を希望にあわせて設定します。
自分の列設定に列を追加できないのはなぜですか?

列を見つけられない場合、次の制限のいずれかに該当していないか確認してください。

  • 課題フィールドの列で表示できるのは、 非表示 に設定されておらず、かつユーザーが表示 権限 を持っている列のみです。
  • 既存の カスタムフィールド を列リストに追加することは可能ですが、フィールドが表示可能で、ユーザーが適切な権限を持っている場合に限ります。
  • 一部のカスタムフィールドは、選択されてもすべての課題の課題ナビゲーターに表示されません。たとえば、プロジェクト固有のカスタムフィールドは、フィルターがそのプロジェクトに限定された場合にのみ表示されます。課題タイプのカスタムフィールドは、フィルターがその課題タイプに限定された場合にのみ表示されます。

個別の課題の作業

検索結果に表示される個々の課題を、課題ナビゲーターから直接操作できます。課題を変更したために、元の検索条件を満たさなくなった場合でも、課題の一覧は一定のままであることにご注意ください。これによって、課題をトリアージする際に作業のもとになる検索結果のセットが一定になるというメリットが得られます。

課題を見る

課題のキーまたはようやくをクリックする。

  • リストビューが表示されていれば、課題にリダイレクトされます(検索結果ページは残ります)。
  • 詳細ビューが表示されていれば、課題の詳細が右側のパネルに表示されます。
課題のアクション

課題に対してアクションを行う(例えば編集し、トランジションし、作業の記録を行う等)

  • 一覧ビューが表示されているのであれば、設定アイコン(...) をクリックして、選択肢の中からアクションを選択します。
  • 詳細ビューが表示されているのであれば、課題を選択し、詳細パネル上で課題のアクションを実行します。

また、それぞれのビューのキーボードショートカットから課題とアクションを選択することもできます。
ヒント:「j」「k」キーを使って、前の/次の課題を課題ナビゲーターで選択します。

検索結果を共有する

課題ナビゲーターにある共有をクリックし、検索結果や共有フィルターのリンクを他の JIRA ユーザー(またはメールアドレス)にメールで送信します。

  • メールの受信者は、サーチ結果へのリンクと、ノートフィールド(入力されている場合)をメールで受け取ります。メールの件名には、あなた(JIRAユーザー名)が課題をを共有していることが明記されます。
  • フィルターの結果を共有している場合、1回の検索用のリンクではなく、フィルタへのリンクが表示されます。受信者がフィルターを表示する権限を持っていない場合、フィルターURLではなく、検索結果へのリンクが表示されますのでご注意ください。

Confluence で検索結果を表示する

JIRA アプリケーションが Confluence に接続されている場合、JIRA 課題マクロを使って Confluence ページに検索結果を表示できます。手順については、JIRA 課題マクロを参照してください。

検索結果をグラフとして表示する

エクスポート > ダッシュボード グラフをクリックします。表示されたダイアログの中から希望のグラフを選択し、ダッシュボードに保存をクリックします。

グラフがダッシュボードに追加されます。各グラフに表示される内容の詳細については、レポーティングを参照してください。

検索結果をエクスポートする

CSV

エクスポート > CSV (すべてのフィールド) または エクスポート > CSV (現在のフィールド) をクリックします。

カンマ区切り値 (CSV) ファイルには、検索結果の該当するすべての課題フィールド、コメントおよび添付ファイルに値が入ったヘッダー行が含まれます。

  • CSV (すべてのフィールド): 各課題フィールド、コメントおよび添付ファイルにカンマ区切り値を作成します。課題に複数のコメントや添付ファイルがある場合、ヘッダー行の「コメント」や「添付ファイル」に複数の値が含まれる場合があります。
  • CSV (現在のフィールド): 現在表示されている課題フィールドに対する、カンマ区切り値を作成します。

大量のエクスポート (数百の課題など) は、推奨されません。エクスポートされる課題の数を変更するには、URL にあるtempMaxパラメーターの値を変更します。

Word

エクスポート > Word をクリックします。

エクスポートには、課題ナビゲーターで現在設定済みの課題フィールドだけでなく、説明、コメント、その他のすべての課題データが含まれます。注意:大量のエクスポート(数百もの課題など)は推奨されません。

XML

エクスポート > XMLをクリックします。

ConfluenceのJIRA課題マクロでXMLビューのURLを使用することができます。ただし、課題マクロではもっと取得が用意なJQLまたは発行検索のURLを、使用することができます。

To restrict which issue fields are returned in the XML export, specify the field parameter in your URL. For example, to include only the Issue key and Summary, add &field=key&field=summary to the URL. If the field parameter is not specified, the XML output will include all the issue fields. Otherwise, if one or more field parameters are specified, the XML output will contain only the Issue key plus your chosen field(s). See the "List of fields for field parameter" below.

フィールドパラメータのフィールドのリスト(XMLエクスポート):

表示する...

XML出力例

注意

title

<title>[TEST-4] This is a test</title>

 

link

<link>https://extranet.atlassian.com:443/jira/browse/TEST-4</link>

This is a 'permalink' to the issue. For links between issues, see * issuelinks * (below).

project (or pid)

<project id="10330" key="TST">Test</project>

 

description

<description>This is a detailed description of the issue.<description>

 

environment

<environment>Sydney network<environment>

 

key

<key id="22574">TEST-4</key>

 

summary

<summary>This is a test<summary>

 

type (or issuetype)

<type id="3" iconUrl="https://extranet.atlassian.com:443/jira/images/icons/task.gif">Task</type>

 

parent

<parent id="22620">TEST-5</parent>

課題がサブタスクである場合にのみ関連します。

priority

<priority id="4" iconUrl="https://extranet.atlassian.com:443/jira/images/icons/priority_minor.gif">Minor<priority>

 

status

<status id="5" iconUrl="https://extranet.atlassian.com:443/jira/images/icons/status_resolved.gif">Resolved</status>

 

resolution

<resolution id="1">Fixed</resolution>

 

labels

<labels>
<label>focus</label>
<labels>

 

assignee

<assignee username="jsmith">John Smith</assignee>

 

reporter

<assignee username="jsmith">John Smith</assignee>

 

security

<security id="10021">Private</security>

セキュリティ レベルが課題に適用されている場合にのみ関係します。

created

<created>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/created>

 

updated

<updated>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/updated>

 

resolved (or resolutiondate)

<resolved>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/resolved>

 

due (or duedate)

<due>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/due>

 

version (or versions)

<version>2.4.7</version>

 

fixfor (or fixVersions)

<fixVersion>2.6</fixVersion>

 

component (or components)

<component>Documentation</component>

 

votes

<votes>1</votes>

 

comments (or comment)

<comments>
    <comment id="39270" author="jsmith" created="Tue, 24 Feb 2009 16:45:02 -0600 (CST)">this looks familiar</comment>
    <comment id="39273" author="jbrown" created="Tue, 24 Feb 2009 16:48:16 -0600 (CST)">to me too</comment>
</comments>

 

attachments (or attachment)

<attachments>
   <attachment id="30318" name="Issue Navigator - Atlassian JIRA-2.png" size="16161" author="yoz" created="Mon, 9 Feb 2009 13:32:58 -0600 (CST)"/>
   <attachment id="30323" name="Windows XP (with Firefox 3.0).jpg" size="5802" author="vbharara" created="Tue, 10 Feb 2009 00:30:11 -0600 (CST)"/>
</attachments>

管理者が添付ファイルを有効にしている場合のみ利用可能です。

timeoriginalestimate

<timeoriginalestimate seconds="600">10 minutes</timeoriginalestimate>

JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

timeestimate

<timeestimate seconds="300">5 minutes</timeestimate>

JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

timespent

<timespent seconds="300">5 minutes</timespent>

JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

aggregatetimeoriginalestimate

<aggregatetimeoriginalestimate seconds="36000">10 hours</aggregatetimeoriginalestimate>

課題とそのサブタスクすべての時間を合計します。JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

aggregatetimeestimate

<aggregatetimeremainingestimate seconds="18000">5 hours</aggregatetimeremainingestimate>

課題とそのサブタスクすべての時間を合計します。JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

aggregatetimespent

<aggregatetimespent seconds="18000">5 hours</aggregatetimespent>

課題とそのサブタスクすべての時間を合計します。JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

timetracking

<timeoriginalestimate seconds="600">10 minutes</timeoriginalestimate>
<timeestimate seconds="300">5 minutes</timeestimate>
<timespent seconds="300">5 minutes</timespent>
<aggregatetimeoriginalestimate seconds="36000">10 hours</aggregatetimeoriginalestimate>
<aggregatetimeremainingestimate seconds="18000">5 hours</aggregatetimeremainingestimate>
<aggregatetimespent seconds="18000">5 hours</aggregatetimespent>

これは、上記の 6 つの時間管理フィールドをすべて指定するのに便利で簡単な方法です。JIRA 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

issuelinks

<issuelinks>
    <issuelinktype id="10020">
        <name>Duplicate</name>
        <inwardlinks description="is duplicated by">
            <issuelink>
                <issuekey id="22477">INTSYS-1009</issuekey>
            </issuelink>
        </inwardlinks>
    </issuelinktype>
</issuelinks>

 

subtasks (or subtask)

<subtasks>
    <subtask id="22623">TEST-8</subtask>
</subtasks>

 

customfield_xxxxx

<customfields>
    <customfield id="customfield_10112" key="com.atlassian.jira.plugin.system.customfieldtypes:select">
        <customfieldname>Department</customfieldname>
        <customfieldvalues>
            <customfieldvalue>Adminstration</customfieldvalue>
        </customfieldvalues>
    </customfield>
</customfields>

"xxxxx" is the id of a given custom field e.g. this output is the result of specifying &field=customfield_10112

allcustom

<customfields>
    <customfield id="customfield_10112" key="com.atlassian.jira.plugin.system.customfieldtypes:select">
        <customfieldname>Department</customfieldname>
        <customfieldvalues>
            <customfieldvalue>Adminstration</customfieldvalue>
        </customfieldvalues>
    </customfield>
    <customfield id="customfield_10111" key="com.atlassian.jira.plugin.system.customfieldtypes:select">
        <customfieldname>Expenditure Type</customfieldname>
        <customfieldvalues>
            <customfieldvalue>Operating</customfieldvalue>
        </customfieldvalues>
    </customfield>
</customfields>

印刷用ビュー

印刷用

エクスポート > 印刷用をクリックします。

「横」向きに印刷可能な検索結果のビューをブラウザー内に作成します。このビューには、課題タイプ、キー、サマリー、担当者、レポーター、優先度、ステータス、解決策、作成日、更新日、および期日のみが含まれます。

フル コンテンツ

エクスポート > フル コンテンツをクリックします。

印刷可能な検索結果のビューをブラウザー内に作成します。このビューには、検索で返されたすべての課題に対するすべての課題フィールド、コメント、および添付ファイルのリスト (プレビューなし) が含まれます。

サーチ結果の配信

検索結果の配信登録を行い、検索によって返されるすべての課題を定期的にメールで通知することができます特定の課題の変更について通知を受け取りたい場合は、課題のウォッチを行ってください。

メール アドレス

メールで配信を行いたい場合、検索はフィルターとして保存する必要があります。自分や他のユーザーに対してあらゆる頻度で配信することができます。フィルターの最初の 200結果だけが、送信されることに注意してください。

  1. 配信したいフィルターを実行し、詳細(フィルター名の隣)をクリックします。
  2. 「フィルターの配信登録」に記入し、配信をクリックします。

詳細情報:

  • スケジュールで詳細設定を選択した場合、このページがクローン(cron)表記を記述するのに役に立ちます。
  • グループを受信者として指定できますが、選択できるのは自分がメンバーとして属しているグループのみです:
    • グループフィルターサブスクリプションの管理" 権限を持つ必要があります。
    • Be aware that the emailed filter results will be specific to each recipient. For example, if the filter uses the currentUser()  function, the search results will be evaluated with the recipient as the current user. This does not apply to distribution lists (group email aliases).
    • 多くのメンバーがいるグループに配信を共有することは、以下の点で注意してください。個別のユーザーに対して検索が実行されるため(前述の通り)、配信メールの生成に時間がかかります。
RSS

エクスポート > RSS (課題)またはエクスポート > RSS (コメント)をクリックします。ページに表示されるURLをRSSリーダーのフィードURLとして利用できます。

ヒント:

  • エクスポートされる課題の数を変更するには、URL にあるtempMaxパラメーターの値を変更します。
  • 現在のコメントのみを RSS フィードに受信したい場合、検索時に「更新日」フィールドを使用します。たとえば、先週作成されたコメントのみを受信するには、「更新日」フィールドを追加し、1 週間以内の更新に設定します。
  • You may need to log into your JIRA applications to view restricted data in your feed. If so, you can add os_authType=basic to the feed URL
    (e.g. http://mycompany.com/anypage?os_authType=basic) to show a login dialog when viewing the feed.

サーチ結果の一括修正

一括操作は、一度に複数の課題に対してアクションすることができます。これらのアクションとしては、課題のトランジション、削除、移動、ウォッチ・ウォッチ解除があります。

ツール > 一括変更: 全 <N> 件の課題をクリックし、一括操作のウィザードに従います。

詳細については、「複数課題を同時に編集する」を参照してください。

次のステップ

関連トピックをご確認ください。

最終更新日 2018 年 7 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.