Jira パフォーマンス テスト - 利用可能なツール

アプリケーション/サーバーに負荷をかけるためには、多数のツールを利用できます。中には、Jira のテストに特に適したものもあります。以下は、独自のパフォーマンス テストで利用可能ないくつかのツールの一覧です。


名前タイプメリットデメリット
Gatlingオープン ソース ソフトウェア

(plus) 細かく整備されている最新のドキュメント

(plus) 包括的なレポート

(minus) GUI はレコーダーのみ

(minus)スクリプトを作成するには Scala のスキルが必要 (Scala DSL)

nGrinderオープン ソース ソフトウェア

(plus) さまざまなオンライン ドキュメントとチュートリアル

(plus)過去の Jira バージョンで同様のテストを実施するために使用していた

(minus) Atlassian は nGrinder 用の新規スクリプトの提供を中止している

JMeterApache Foundation (無料で使用可能)

(plus) さまざまなオンライン ドキュメントとチュートリアル。

(plus)過去の Jira バージョンで同様のテストを実施するために使用していた

(minus)Atlassian は JMeter での新規スクリプトの提供を中止している
Jira Performance Tests (JPT)オープン ソース ソフトウェア (無料で使用可能)

(plus) アトラシアンの開発者が各 Jira リリースをベンチマークするために作成した製品です。

(plus) 柔軟で容易にカスタマイズできる、完全なコード ベースのソリューション。

(minus) JPS はまだ Early Access ステータスであり、公式にサポートされていません。

Jira インスタンスのテストを行う際には、独自に調査を行って使用するツールを決定することをお勧めします。実験の設計や必要な結果に応じて、最適なツールは異なります。Atlassian では総合的には、パフォーマンス テストの評価に優れたツールとして Gatling をお勧めします。Gatling は豊富なドキュメントとチュートリアル、包括的なレポートを提供し、他のツールよりもシンプルです。また、Gatling は、Atlassian Summit プレゼンテーションで Jira のパフォーマンス テストに関連して JP Morgan Chase が紹介したツールの 1 つでもあります。


上記のガイダンスは現状ベースで提示され、Atlassian がこれらのツールの使用についてお客様をサポートするということを示すものではありません。Atlassian 製品の負荷やストレス テストを行うにあたっての、これらのツールに対するあらゆるサポートについては、ツールのコミュニティやツールのベンダーをご利用ください。

最終更新日: 2019 年 10 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.