Jira パフォーマンス テスト - 利用可能なツール

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

アプリケーション/サーバーに負荷をかけるためには、多数のツールを利用できます。中には、Jira のテストに特に適したものもあります。以下は、独自のパフォーマンス テストで利用可能ないくつかのツールの一覧です。


名前 タイプ メリット デメリット
Gatling オープン ソース ソフトウェア

(plus) 細かく整備されている最新のドキュメント

(plus) 包括的なレポート

(minus) GUI はレコーダーのみ

(minus)スクリプトを作成するには Scala のスキルが必要 (Scala DSL)

nGrinder オープン ソース ソフトウェア

(plus) さまざまなオンライン ドキュメントとチュートリアル

(plus)過去の Jira バージョンで同様のテストを実施するために使用していた

(minus) Atlassian は nGrinder 用の新規スクリプトの提供を中止している

JMeter Apache Foundation (無料で使用可能)

(plus) さまざまなオンライン ドキュメントとチュートリアル。

(plus)過去の Jira バージョンで同様のテストを実施するために使用していた

(minus)Atlassian は JMeter での新規スクリプトの提供を中止している

Jira インスタンスのテストを行う際には、独自に調査を行って使用するツールを決定することをお勧めします。実験の設計や必要な結果に応じて、最適なツールは異なります。Atlassian では総合的には、パフォーマンス テストの評価に優れたツールとして Gatling をお勧めします。Gatling は豊富なドキュメントとチュートリアル、包括的なレポートを提供し、他のツールよりもシンプルです。また、Gatling は、Atlassian Summit プレゼンテーションで Jira のパフォーマンス テストに関連して JP Morgan Chase が紹介したツールの 1 つでもあります。


上記のガイダンスは現状ベースで提示され、Atlassian がこれらのツールの使用についてお客様をサポートするということを示すものではありません。Atlassian 製品の負荷やストレス テストを行うにあたっての、これらのツールに対するあらゆるサポートについては、ツールのコミュニティやツールのベンダーをご利用ください。

最終更新日 2018 年 8 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.