2.2.2コラボレーションの改善

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira は最初期から分散されたチームのために構築され、多数の主要なコラボレーション機能を誇ります。

  • Commenting allows users to exchange information quickly within an issue-context so that all relevant users are kept informed. Also, mentioning another user within a comment will automatically send a notification to the person addressed.
  • Activity streams enable users of all different role types to selectively be informed about relevant updates or comments on issues. With Jira 5, the activity stream also displays the relevant updates of integrated applications (e.g. Bamboo, Fisheye, Crucible).
  • エンタープライズ チームは多くの場合、世界中のさまざまなタイム ゾーンで作業します。このため Jira では、ユーザーが課題の更新やコメントなどのローカル時間を確認できるよう、すべてのタイムスタンプがタイムゾーンに依存しています。
  • Filters, created from simple or advanced searches can be saved and shared with specific users, a user group or all the users with access to the project.
  • Jira のすべてのユーザーには、最近のアクティビティ、そのユーザーが報告した課題、およびそのユーザーに割り当てられた課題を表示するプロファイルが自動的に作成されます。
  • Complex search queries also enable users to make those tickets visible where unusual activity has taken place, such as ticket ping-pong between users or teams or work that has been stopped.
  • ソース コード レベルでは、アドオン Crucible を使用すると、開発者はコミットされたコードに対してピア レビューを実行できます。

    次の製品とのショーケース連携: Confluence (以降のユーザー向け)、アクティビティ ストリーム: Confluence、Fisheye/Crucible 、Bamgoo、Gliffy、Balsamiq

デモの手順

Commenting:

  1. 3 つのブラウザ ウィンドウを開き、ユーザー A、ユーザー B、ユーザー C として Jira にログインします。異なるブラウザを使用することも、Chrome や Firefox などの異なるユーザー プロファイルをサポートするブラウザを使用することもできます。
  2. 通知機能を示すため、各メール クライアントも開きます。
  3. ユーザー B が報告し、ユーザー A に割り当てられている課題に移動します。
  4. Let user A comment 'I'm facing a challenge here with reproducing the issue'.
  5. Show that user B has received the notification and then opens the Jira link provided in the email.
  6. Now, let user B write a comment '@User C, didn't you mention the other day that you experienced the same? Can you give us your steps to reproduce?'
  7. Show that User C, although not assigned to or watching the ticket receives a notification.

アクティビティ ストリーム:

  1. As user B, open the dashboard and add the activity stream for the project that was just edited. Show how the activity that was produced in the commenting scenario was documented. Point out the different time zones that are added to the timestamps of each update.
  2. ユーザー A の名前を選択し、対応するプロファイルを入力します。アクティビティ ストリーム、割り当てられた課題などを確認します。
  3. オプション: Confluence システムが接続されていることを確認し、コメント アクティビティのあとにユーザー B でページを作成します。この新しいページが Jira アクティビティ ストリームにどのように表示されるかを示します。

複雑なフィルターの保存と共有:

  1. Open 'issues' and select a query that shows the issues that were resolved within the last week. You can do that by entering the following JQL statement: 'resolved >= -1w'.
  2. Now, at the left of the screen, save the search as a filter and name it 'Resolved within last week'.
  3. 次に、フィルターをグループと共有します。

デモ要件

You will need to create three user accounts in your demonstration system and one ticket on which the commenting shall take place. Also, the users should have separate email inboxes through which the notification features can be demonstrated.

jira.Atlassian.com でのデモ

Jira.atlassian.com を開き、Atlassian Jira のユーザー アカウントでログインします。

Commenting:
Due to the necessity of write action, we do not recommend the demonstration of notifications on the live Jira.Atlassian.com instance. You can however, show existing discussions like the one in the following issue as an example.

アクティビティ ストリーム:

  1. http://Jira.atlassian.com を開きます。
  2. アクティビティ ストリームが Jira や 1 つ以上の Confluence システムからの更新を表示するように構成されていることを確認します。次に、アクティビティ ストリームをスクロールし、Jira 課題と Confluence ページのさまざまな更新を示します。

共有フィルター:

  1. Visit the popular filters and open the 'All Jira Issues - Needs Verification', or 'JQL Unresolved Issues' filters.

参考ドキュメント

最終更新日 2014 年 3 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.