2.2.1Agile プロジェクト管理を促進する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

過去 10 年間にわたり、アジャイル プラクティスはさまざまな業界で人気を集めています。Jira Software は、アジャイル チームの作業の計画、実行、進捗状況の報告を支援します。Jira Software は、Jira のカスタマイズ可能な課題と柔軟なワークフローを活用し、アジャイル チームやプロセスの進化に合わせて適応します。

Jira Software は、スプリント計画を実施するスクラム チームと、業務の流れの管理に重点を置くカンバン チームを対象としています。管理オーバーヘッドを最小限に抑えながらワークフローを視覚化できます。

たとえば、Scrum Master は、ドラッグ アンド ドロップを使用してプロジェクトのバックログ (ユーザー ストーリー、バグなど) を並べ替えることができます。スプリント マーカーを使用すると、チームのベロシティを超えない将来のスプリントを計画できます。

Jira Software は、見積もりセッションで使用され、セッション全体を通じて Planning Poker の結果が各ストーリーにストーリー ポイントとして追加されます。ユーザー ストーリーを技術的なタスクにすばやく分解できます。イテレーション内では、開発者はドラッグ アンド ドロップだけで、取り組んでいるストーリーのステータスを変更できます。
スイムレーンを使用すると、優先度の高い課題を目立たせることができます。列の制約を使用して、進行中の作業の量を制限することもできます。これらの機能はいずれも、カンバン / リーン メソッドの鍵です。

最後に、さまざまなレポートと視覚化ガジェットを使用して、個人によるレビューや情報ラジエーターでの表示で、イテレーションやバックログを追跡できます。

デモの手順

Jira Software のデモンストレーションを実施する最適の方法は、プレゼンテーション中に小さなプロジェクトをセットアップすることです。これにより、強力な視覚化オプションを示しながら、ツールがチームに提供する優れた生産性を実証することができます。

  1. Jira Software を開き、製品のメリットをデモンストレーションするためのプロジェクトを作成または選択します。
  2. 一番上のメニューで、[ボード] をクリックします。
  3. 新しいラピッド ボードを作成して名前を付けます。
  4. ユーザー ストーリーの例のインデックス カードの作成を開始し、さまざまなストーリー ポイントを設定します。
  5. スプリント マーカーを引き下げて、スプリントのストーリー ポイントの合計が自動的に増加する様子を確認します。このスプリントのストーリー ポイントに上限例を設定し、[スプリントを開始] をクリックします。
  6. 右上で作業モードに切り替え、2 枚のインデックス カードを "ToDo" から "In Progress" にドラッグします。
  7. 任意: "Scrum Master"、"QA Lead"、"Developer" などのサンプル ユーザーを含め、プロセスにどのように関与しているかを示します。各フェーズにデフォルトの担当者を定義できます (例: 課題が "In Progress" から "Done" に移動したら、QA Lead を自動的に担当者にする)。

デモ要件

Jira Software のトライアル版と、アジャイル テンプレートが有効化されたプロジェクトが 1 つ以上必要です。また、最初のスプリントには多数の課題を作成する必要があります。

jira.Atlassian.com でのデモ

まず自身で製品を試す発想のもと、アトラシアンではスクラムおよびカンバン メソッドを使用して多数の製品を開発しました。プロジェクトには多数のインデックス カードやレポートがあり、デモンストレーションの出発点に最適です。

  1. http://jira.atlassian.com を開き、トップ メニューの [Board] を選択します。
  2. プロジェクトを選択するか、既存のラピッド ボードを開くかを確認する画面が表示されます。[Open an existing Rapid Board] を選択します。
  3. [Jira Agile Team Scrum] ラピッド ボードを開き、Jira Agile 開発チームが現在取り組んでいる実際の課題が、SCRUM のさまざまなフェーズに分散されている様子を示します (To Do、In Progress、Awaiting QA、QA、Done)。
  4. ウィンドウの右上に、[Work | Report] という 2 つのメニューが表示されます。[Report] をクリックしてからコントロール図を選択します。先週の課題が視覚化され、平均サイクル時間 ("In Progress" で費やされた時間) を測定し、外れ値を特定できるようになりました。
  5. [Board] のトップ メニュー (単語の右側にある下向きの三角形をクリック) で、[Planning Board] オプションを選択します。Jira Software が選択されていない場合、アトラシアン アイコンの右にあるプロジェクト セレクタで選択します。
  6. バックログの現在の状態を確認します。一覧の最上位にある課題がもっとも優先され、一番下にある課題の緊急度 / 重大度は低くなります。
最終更新日 2018 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.