非クラスターインストールへの移行

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、クラスター化された Confluence デプロイから非クラスターデプロイに切り替える方法について説明します。この手順では、既存のクラスタノードの 1 つをクラスタ化されていない新しいインストールとして使用することを前提としています。 

有効なサーバーライセンスをお持ちで、Data Center からサーバーに移行する場合は、Data Center からサーバーへの移行を参照してください

1 つのノードを持つクラスターで Confluence を実行する

高可用性や負荷の管理のためにクラスタリングが不要になった場合は、クラスター内のアプリケーションノードの数を 1 つに減らすことができます。この設定プロジェクトに利点があります。将来必要であればノードを追加するのは非常に簡単ですが、Confluence はクラスターとして動作するため、パフォーマンスのオーバーヘッドは小さくなります。 

非クラスターインストールへの移行

クラスタリングが不要でと 1 つのノードだけでクラスタを実行することによるオーバーヘッドを回避したい場合は、クラスタ化されていない(スタンドアロンとも呼ばれます)Data Center インストールに戻ることができます。

ここでは、既存のクラスター ノードのひとつを新しい非クラスター化のインストールに使用するものと仮定して説明します。 切り替えの一環として、一部のインフラストラクチャに変更を加える必要があります。 このプロセスをステージング環境で完了し、一連の機能テスト、連携テスト、およびパフォーマンス テストを実行してから、本番環境に変更を加えることをおすすめします。

用語

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ - Confluence をインストールしたディレクトリ。
  • ローカルのホーム ディレクトリ - 各クラスタ ノードにローカルで保存されているホームまたはデータ ディレクトリ (Confluence がクラスタで実行されていない場合は単に "ホーム ディレクトリ")。
  • 共有ホームディレクトリ - 作成したディレクトリで、クラスタの同一パスを経由してすべてのノードにアクセス可能なディレクトリ。

1. Confluence をシャットダウンします。

読み取り専用モードがオフになっていることを確認次に続行する前にすべてのクラスターノードで Confluence を停止します。

2. ロード バランサの構成

維持する予定のノードを除くすべての Confluence ノードからトラフィックをリダイレクトするようにロードバランサーを設定します。

ロード バランサが不要になった場合はこの手順で削除できます。

3. ホームで共有されているクラスタのの項目をローカルのホームに戻す 

すべてをローカルホームに戻すには:

  1. /shared-home<local home>保持する予定のノード上のディレクトリにというディレクトリを作成します(クラスタリングの設定時にこのディレクトリを削除した場合)。
  2. <shared home><local home>/shared-home次のディレクトリとファイルをディレクトリからディレクトリに移動します。
    • config
    • confluence.cfg.xml
    • dcl-document
    • dcl-document_hd
    • dcl-thumbnail
  3. <shared home> ディレクトリの残りのコンテンツを <local home> ディレクトリのルートに移します。この手順の一部として、attachments ディレクトリも移動するようにします。

この時点で、クラスタの共有ホームディレクトリが空になっているはずです。

(warning)confluence.cfg.xmlローカルホームディレクトリ内のを誤って上書きしないようにしてください。confluence.cfg.xml共有ホームディレクトリのファイルには、ローカルホームディレクトリにあるものと同じパラメータが含まれていません。

Confluence から7。12では、この手順をスキップして、既存の共有ホームディレクトリを保持するように選択できます。たとえば、<shared home>/attachmentsディレクトリに Elastic Storage を使用していて、その設定を維持したい場合に便利です。 

4. クラスタ プロパティの変更

  1. 既存の <local home>/confluence.cfg.xml のバックアップを作成します。
  2. <local home>/confluence.cfg.xml を編集します。
  3. setupTypeclusterパラメータをからに変更しますcustom

    <setupType>custom</setupType>
  4. で始まるクラスタープロパティすべてを削除confluence.cluster

    例を見る

    削除すべきクラスタ プロパティの例は次のとおりです。これらは、クラスタの構成方法によって異なります。

    confluence.cluster
    confluence.cluster.address
    confluence.cluster.home
    confluence.cluster.interface
    confluence.cluster.join.type
    confluence.cluster.name

    (warning)前の手順で共有ホームディレクトリを保持するように選択した場合は、confluence.cluster.homeプロパティを削除しないでください。そうしないと、Confluence は共有ホームまたは添付ファイルのディレクトリを見つける場所を知りません。 

  5. ファイルを保存します。

5. Confluence の起動

Confluence を再起動します。

tip/resting Created with Sketch.

スタンドアロンインストールを実行していることを確認するには、[>一般設定] に移動します。>クラスタリング

アクティブなクラスタは表示されなくなります。代わりに、クラスタの開始の詳細と、クラスタ ノードを有効化するオプションが表示されます。


Synchrony クラスターがある場合の追加手順

Synchrony クラスターも持っているが、Confluence に Synchrony を管理させたい場合は、いくつかの追加変更を加える必要があります。 

スタンドアロンの Synchrony クラスターから管理された Synchrony への移行を参照してください。このガイドでは、クラスターで Confluence を実行していることを前提としていますが、手順は非クラスターインストールの場合と同様です。 

最終更新日 2021 年 4 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.