データベース パスワードの暗号化

Confluence Data Center および Server インスタンスのセキュリティを強化するために、confluence.cfg.xml ファイルに保存されているデータベース パスワードを暗号化できます。Base64 暗号またはアルゴリズム暗号を使用できて、独自の暗号を作成できます。   

Confluence インスタンスをデータベースに接続するには、プレーンテキスト パスワードが必要です。設定ファイルにはパスワードの復号化に必要なすべての情報が含まれているため、Confluence とデータベース サーバーへのアクセスを保護する必要があります。

パスワードを暗号化できるのは、(JNDI データ ソースではなく) JDBC 接続を使用している場合のみです。

このページの内容

基本的な暗号化

この方法では、シンプルな難読化である Base64 暗号化形式を使用します。これは、データベース パスワードをプレーンテキストで保存したくないユーザーにうってつけのソリューションです。

基本的な暗号化

高度な暗号化

この方法では、データベース パスワードを暗号化するためのアルゴリズムを選択できます。暗号化されたパスワードを設定ファイル内に保存不要なので、不正な第三者による検索や復号化が困難となってセキュリティが強化されます。

高度な暗号化

カスタム暗号化

データベース パスワードの暗号化に特別な要件がある場合は、例に基づいて独自の暗号化メカニズムを作成できます。

カスタム暗号化

Last modified on Mar 22, 2022

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.