ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

スプリントの終了後、あなたとチームはスプリントの振り返りをこなうことができます。スプリントの振り返りは、チームでの成功ポイントと改善が必要な部分を判別するのに役立ちます。チームがスプリントを完了させるほど、大幅な改善を行える領域を見つけるためのデータを利用できるようになります。

スプリントの終了

スプリント内のいくつかの課題が未完了であっても、スプリントの終了日になったらスプリントを完了させる必要があります。

  1. Teams in Space ボードで [アクティブ スプリント] をクリックします。
  2. [アクティブ スプリント] ドロップダウンから [Spring Cleanup] を選択します。
  3. Click Complete Sprint. The Complete Sprint dialog box will be displayed, showing the number of issues that are completed in the sprint, and the number of issues that were not completed. 

未完了の課題はバックログまたは新しいスプリントに移動できます。複数のスプリントを計画済みの場合、予定されている次のスプリントに課題を移動することもできます。バックログに移動された課題は、あとからいつでも別のスプリントに追加できます。

スプリント レポートの表示

スプリント完了後、チームで振り返りミーティングを持つことができます。スプリントでの成功ポイントと、将来のスプリントで取り組むべき改善点を洗い出すことができます。スプリントの振り返りミーティングではスプリント レポートを利用できます。

スプリント レポートは、それぞれのスプリントの課題のステータスの一覧を表示します。また、それぞれの課題について、進捗、ステータス、見積もりのブレイクダウンも表示します。スプリント レポートは、スプリント期間中に進捗確認を行うのにも利用できます。



他にもレポートをお探しですか?

チームで利用できるさまざまなレポートがレポート ページに用意されています。自身のレポートを作成したり Atlassian Marketplace にあるレポートを利用したりすることもできます。

  1. Teams in Space ボードで [レポート] をクリックします。
  2. [レポート] ドロップダウンから [スプリントレポート] を選択します。
  3. Sprint 1をスプリントのレポートのドロップダウンから選択します。

使用可能なその他のツール

他の便利なツールを使用して改善が必要な領域を可視化できます。さらに重要なことに、これらのツールは、チームでこれらの領域のアクションプランを見つけ出すのに役立ちます。このチュートリアルでは、次のようなツールを活用できます。

  • ベロシティ チャート
  • リリース ハブ

ベロシティ チャート

ベロシティ チャートを使用して、各スプリントでチームが完了する作業量をトラッキングできます。 ベロシティ チャートを使用すれば、チームが今後のスプリントでコミット可能な作業量をより現実的に予測できます。

  1. Teams in Space ボードで [レポート] をクリックします。
  2. レポートのドロップダウンからベロシティチャート を選択します。

リリース ハブ

(スプリント レポートやベロシティ チャートなどの)レポートを使用する以外にも、スプリントが完了した後で、バージョンの進行状況を監視することができます。バージョンの進行状況を監視することにより、早期に問題を発見するだけでなく、予定どおりバージョンをリリースできる可能性を見きわめるのにも役立ちます。


最後に、Jira Software を最大限に活用するために役立つヒントについてご案内します。

  • ラベルなし