ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

OAuth アクセス トークンについて

OAuth アクセス トークンによって、次のことが可能になります:

  • 外部の OAuth 準拠の Web アプリケーションまたは Web サイト (別称「コンシューマー」) で Jira ガジェットを使用すること
  • ガジェットに対し、ユーザーと同じ Jira データにアクセスできるよう、アクセス権を供与する。

はじめる前に

Jira 管理者はアプリケーション リンクまたはインスタンスを使用して、Jira と コンシューマーをリンクさせる必要があります。たとえば、Jira ガジェットを Bamboo ホームページに追加するには、まず、Jira 管理者が Bamboo を OAuth コンシューマーとして承認する必要があります。 

このページの内容:

OAuth アクセス トークンの発行

ガジェットがユーザーと同じ Jira データにアクセスできるよう、Jira は OAuth アクセス トークンを発行します。OAuth トークンはガジェット固有です。

  1. コンシューマー上 (Bamboo など) で Jira ガジェットを使用していて、このガジェットによる専用の Jira データへのアクセスが必要な場合、まず Jira にログインするように求められます (まだ Jira にログインしてない場合)。
  2. Jira にログインすると、アクセスのリクエスト メッセージが表示されます。  
  3. OAuth トークンを発行し、ガジェットに Jira データへのアクセス権を供与するには、許可 をクリックします。ガジェットは、トークンを取り消すまで Jira データへアクセスできます。 
  4. To view tokens you have issued, go to your Profile > Tools > View OAuth Access Tokens:

OAuth アクセス トークンの取り消し

OAuth アクセス トークンを取り消して、Jiraデータへの Jira ガジェットのアクセスを拒否できます。アクセスを取り消すと、ガジェットは Jira インスタンス内の公開データへのみアクセスできます。

  1. 発行したトークンを確認するには、[プロファイル] > [ツール] > [OAuth アクセス トークンの表示] に移動します。
  2. OAuth アクセスを取り消したいアプリケーションの隣で、アクセスを取り消す をクリックします。
  3. この操作について確認を求められる場合があります。その場合は、OK をクリックします。  
  4. ガジェットのアクセス トークンは取り消され、Jira ガジェットは Jira の公開データにのみアクセスできます。
  • ラベルなし