Confluence での下書きの動作

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

目的

下書きの仕組みを理解するには、Confluence コミュニティで一般的に使用されるキーワードを理解する必要があります。

下書き - 新しく作成された公開されていないページ、または単純に、過去に一度も公開されていないページ。たとえば、新しいページを作成した場合、エディターの右下のボタンに「公開」と表示されます。

  • Shared Draft - Draft is shared with other users when collaborative editing feature is enabled.
  • 個人下書き - 共同編集機能が無効な場合、下書きは個人的に保存されます。

未公開の変更 - ページに対して行った、保存または更新されていない編集。この場合、エディターの右下のボタンに「更新」と表示されます。

下書きページブログ投稿に適用されることに注意してください。

ソリューション

Confluence バージョン 6.0 以降

共同編集機能は Confluence 6.0 で初めて導入されました。この機能がオンの場合、Confluence は下書き未公開の変更の両方を、デフォルト間隔として30秒ごとに自動保存します。Confluence エディターを中断、移動、誤って閉じた場合でも、準備ができたら編集を再開できるように、コンテンツは保持されます。下書きまたは未公開の変更を保存する場合は、エディターの右下の「閉じる」ボタンをクリックし、「下書きを保持」を選択します。

下書きまたは未公開の変更を保存すると、「最近使用したページ」の下のページ タイトルの隣に長方形があることに気付くと思います。。これは、Confluence バージョン 6.4 以上にのみ適用されます。このタブはダッシュボードの左側のパネルにあります。下書き」と「未公開の変更」の長方形は、その下書きまたは未公開の変更を編集しているユーザーにのみ表示されるため、閲覧者を混乱させる心配はありません。

共同編集機能がオフの場合、下書きの保存メカニズムは、下記のような 6.0 より前のバージョンのような以前の Confluence の動作に戻ります。

共同編集機能を無効化する前に、すべての下書きは適切に保存されていることが重要です(「下書きを維持」ボタンを押すかタブを閉じる)。そうしないと、これらの未保存の下書きまたは変更がすべて失われます。

データベース上の動作(バージョン 6.0 以降)

Every time a draft or unpublished changes is saved, a new entry is added into the CONTENT table with the following parameters.

列名
CONTENTTYPEページ
CONTENT_STATUS下書き
Confluence データベース エントリ

共同編集では、複数の編集を単一の共有下書きにマージするコンテンツを処理する Synchrony サービスが使用されます。この下書きは、以下の表のようにデータベースに保存されます。Synchrony は、別のコピーを Synchrony キャッシュにも保持します。

> SELECT * FROM CONTENT WHERE CONTENTTYPE = 'PAGE' AND CONTENT_STATUS = 'draft';
+-----------+------------------+-------------+---------------------------+---------------------------+---------+----------------------------------+---------------------+----------------------------------+---------------------+----------------+---------+----------------+--------+---------+----------------+----------+-----------+-----------+-----------+------------+-------------+---------------+-----------+------------------+-----------------+----------+
| CONTENTID | HIBERNATEVERSION | CONTENTTYPE | TITLE                     | LOWERTITLE                | VERSION | CREATOR                          | CREATIONDATE        | LASTMODIFIER                     | LASTMODDATE         | VERSIONCOMMENT | PREVVER | CONTENT_STATUS | PAGEID | SPACEID | CHILD_POSITION | PARENTID | MESSAGEID | PLUGINKEY | PLUGINVER | PARENTCCID | DRAFTPAGEID | DRAFTSPACEKEY | DRAFTTYPE | DRAFTPAGEVERSION | PARENTCOMMENTID | USERNAME |
+-----------+------------------+-------------+---------------------------+---------------------------+---------+----------------------------------+---------------------+----------------------------------+---------------------+----------------+---------+----------------+--------+---------+----------------+----------+-----------+-----------+-----------+------------+-------------+---------------+-----------+------------------+-----------------+----------+
|   1048611 |                3 | PAGE        | Collaborative Editing On  | collaborative editing on  |       1 | 2c95b0a25ea426cb015ea43397740000 | 2017-09-27 14:18:02 | 2c95b0a25ea426cb015ea43397740000 | 2017-09-27 14:18:07 |                | 1048596 | draft          |   NULL |   98306 |           NULL |     NULL | NULL      | NULL      | NULL      |       NULL | NULL        | NULL          | NULL      |             NULL |            NULL | NULL     |
+-----------+------------------+-------------+---------------------------+---------------------------+---------+----------------------------------+---------------------+----------------------------------+---------------------+----------------+---------+----------------+--------+---------+----------------+----------+-----------+-----------+-----------+------------+-------------+---------------+-----------+------------------+-----------------+----------+
1 row in set (0.01 sec)
Synchrony キャッシュ

Synchrony caches are stored under the CONTENTPROPERTIES table. Three entries are created with the relative property name e.g. shared-idsync-revsync-rev-source. If the Collaborative Editing feature is disabled, both the property sync-rev and sync-rev-source will be removed from the CONTENTPROPERTIES table.

> SELECT * FROM CONTENTPROPERTIES WHERE CONTENTID IN (SELECT CONTENTID FROM CONTENT WHERE CONTENTTYPE = 'PAGE' AND CONTENT_STATUS = 'draft');
+------------+-----------------+--------------------------------------+---------+---------+-----------+
| PROPERTYID | PROPERTYNAME    | STRINGVAL                            | LONGVAL | DATEVAL | CONTENTID |
+------------+-----------------+--------------------------------------+---------+---------+-----------+
|    1015974 | share-id        | 9e1230b3-4d0f-42bb-8257-5f070e6762fc |    NULL | NULL    |   1048611 |
|    1015977 | sync-rev        | 0.xefUXHu673S4z0mOnue4JN0.2          |    NULL | NULL    |   1048611 |
|    1015978 | sync-rev-source | synchrony                            |    NULL | NULL    |   1048611 |
+------------+-----------------+--------------------------------------+---------+---------+-----------+
3 rows in set (0.01 sec)

The Content Reconciliation Job is responsible for merging pages/drafts and making sure the database contents are in sync with the contents of Synchrony caches. The definition of the STRINGVAL value is described below.

synchrony

コンテンツが調整され、下書きはデータベースと Synchrony キャッシュ間で同期されています。

synchrony-recovery

Draft is out of sync in Synchrony cache. This forces Synchrony to fetch the latest content from the database and update its cache.

synchrony-ack

Draft is up to date and content reconciliation is not needed. This is mainly for performance improvement to avoid running Content Reconciliation on an already updated draft.

Confluence 6.0 より前

Confluence の共同編集機能は Confluence 6.0 で初めて導入されました。Confluence バージョン 6.0 より前では、下書き機能の動作が異なり、キーワードとして別の意味があります。公開されないページは自動的に新しく作成されません。ページに対して行った、保存または更新されていない編集のみが、30秒(デフォルト間隔)ごとに保存されます。これらの編集が下書き呼ばれます

Confluence バージョン 6.0 より前では、下書きの動作が異なり、キーワードとして別の意味があります。

データベース上の動作(バージョン 6.0 より前)

The draft is saved differently when the Collaborative Editing feature is disabled. The saving mechanism will be reverted and the draft will be saved as one entry under the CONTENT table with the following parameters.

CONTENTTYPE : DRAFT

CONTENT_STATUS : current

Confluence データベース エントリ

エントリはデータベース上で以下のように表示されます。

> SELECT * FROM CONTENT WHERE CONTENTTYPE = 'DRAFT';
+-----------+------------------+-------------+---------------------------+---------------------------+---------+----------------------------------+---------------------+--------------+---------------------+----------------+---------+----------------+--------+---------+----------------+----------+-----------+-----------+-----------+------------+-------------+---------------+-----------+------------------+-----------------+----------+
| CONTENTID | HIBERNATEVERSION | CONTENTTYPE | TITLE                     | LOWERTITLE                | VERSION | CREATOR                          | CREATIONDATE        | LASTMODIFIER | LASTMODDATE         | VERSIONCOMMENT | PREVVER | CONTENT_STATUS | PAGEID | SPACEID | CHILD_POSITION | PARENTID | MESSAGEID | PLUGINKEY | PLUGINVER | PARENTCCID | DRAFTPAGEID | DRAFTSPACEKEY | DRAFTTYPE | DRAFTPAGEVERSION | PARENTCOMMENTID | USERNAME |
+-----------+------------------+-------------+---------------------------+---------------------------+---------+----------------------------------+---------------------+--------------+---------------------+----------------+---------+----------------+--------+---------+----------------+----------+-----------+-----------+-----------+------------+-------------+---------------+-----------+------------------+-----------------+----------+
|   1048613 |                1 | DRAFT       | Collaborative Editing Off | collaborative editing off |       1 | 2c95b0a25ea426cb015ea43397740000 | 2017-09-27 14:57:41 | NULL         | 2017-09-27 14:57:41 |                |    NULL | current        |   NULL |    NULL |           NULL |     NULL | NULL      | NULL      | NULL      |       NULL | 1048596     | SAN           | page      |                3 |            NULL | NULL     |
+-----------+------------------+-------------+---------------------------+---------------------------+---------+----------------------------------+---------------------+--------------+---------------------+----------------+---------+----------------+--------+---------+----------------+----------+-----------+-----------+-----------+------------+-------------+---------------+-----------+------------------+-----------------+----------+
1 row in set (0.00 sec)


下書きを削除する方法

残念ながら、現時点で、Confluence 管理者はすべてのユーザーのすべての下書きを表示および削除することができません。 CONFSERVER-35921 - 課題の詳細の取得... ステータス ですでに提案が起票されています。一方、ユーザーはアプリケーションの右上隅の「プロファイル画像」をクリックして、下書きページから下書きを確認および破棄することができます。削除する下書きの隣の破棄をクリックします。

共同編集機能が有効

Only the person who originally created the shared draft can delete it. For example, if user Sean first edited a Confluence page titled 'Awesome Article' and then user Robert joined in at later time and edit the same page simultaneously. Edits made by both users are saved under the same shared draft. However, only user Sean can delete the shared draft and if he deletes it, any unpublished changes made by user Robert on the shared draft will be deleted as well.


一方、共有編集機能が無効な場合、個人下書きは各ユーザーごとに個別に保存されます。

既知のバグと改善

  1. CONFSERVER-53589 - 課題詳細を取得中... ステータス
  2. CONFSERVER-51812 - 課題詳細を取得中... ステータス


説明

下書きの仕組みを理解するには、Confluence コミュニティで一般的に使用されるキーワードを理解する必要があります。

Draft - A newly created page which has not been published, or simply a page which has never been published before. For instance, if you create a new page, the button on the bottom-right of the editor will show as 'Publish'.

製品Confluence
プラットフォームServer, Cloud
最終更新日 2019 年 9 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.