ファイルを編集する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このコンテンツは両方のエディタに適用されますが、多少の違いがあります。


Confluence ページにファイルを挿入すると、ファイルはそのページに添付されます。Companion アプリを使用すると、ネイティブのデスクトップ アプリケーションでファイルを編集したり、Confluence で使用されるファイルを更新したりすることができます。

これらのファイルは次の方法で編集できます。


Companion アプリとのブラウザーの互換性

以下のブラウザーを使用する場合、Companion アプリ使用時に問題が生じる可能性が高くなります。

  • Internet Explorer 11
  • Edge
  • Safari
  • バージョン 55 以前の Firefox

公開済みのページからファイルを編集する

従来のエディタでファイルを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 編集するファイルを含むページに移動します。

  2. ファイルのサムネイルまたはファイルへのリンクを見つけます。




  3. ファイルがサムネイルとして表示される場合は [ファイルの編集] をクリックし、ファイルがリンクとして表示される場合はそのリンクをクリックします。ファイル ビューアーが表示されます。



  4. [編集方法] をクリックしてから、アプリ名を選択します。この操作を最初に行うときに、Atlassian Companion アプリをダウンロードするよう求められます。

  5. ファイルを適切なデスクトップ アプリで編集して保存します。

  6. Confluence に戻って [更新] をクリックし、変更をファイルの新しいバージョンとして保存することを確認します。


ページでのファイルの表示方法は、編集されたページにあるマクロによって決まります。


添付ファイル ページからファイルを編集する

従来のエディタまたは新しいエディタでファイルを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 編集する添付ファイルを含むページに移動します。
  2. [•••] > [添付ファイル] の順にクリックします。添付ファイル ページが表示されます。



  3. ファイルをファイル ビューアーで開くには、ファイルの [ファイルの編集] をクリックします。ファイル ビューアーが表示されます。
  4. [Edit with] を選択してから、アプリ名を選択します。この操作を最初に行うときに、Atlassian Companion アプリをダウンロードするよう求められます。
  5. ファイルを適切なデスクトップ アプリで編集して保存します。

  6. Confluence に戻って [更新] をクリックし、変更をファイルの新しいバージョンとして保存することを確認します。

添付ファイル マクロからファイルを編集する

従来のエディタまたは新しいエディタでファイルを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 編集するファイルを含むページに移動します。

  2. ページで、マクロを使用して追加された添付ファイルのセクションを探し、ファイルの詳細を展開します。




  3. ファイルをファイル ビューアーで開くには、[ファイルの編集] をクリックします。ファイル ビューアーが表示されます。

  4. [編集方法] をクリックしてから、アプリ名を選択します。この操作を最初に行うときに、Atlassian Companion アプリをダウンロードするよう求められます。

  5. ファイルを適切なデスクトップ アプリで編集して保存します。

  6. Confluence に戻って [更新] をクリックし、変更をファイルの新しいバージョンとして保存することを確認します。

Atlassian Companion アプリ

Atlassian Companion アプリは、ユーザーが編集するファイルのダウンロードと再アップロードを管理します。このアプリは Confluence Cloud からダウンロードできます。上記のように [編集方法] をクリックすると、ダウンロードのプロンプトが表示されます。


最新の Companion バージョンをダウンロード

Mac または Windows 向けの Atlassian Companion アプリをダウンロードしてください。




ダウンロードが完了すると Companion アプリによって、そのファイル タイプに指定されたデフォルトのデスクトップ アプリで、編集するファイルが開かれます。ファイルを別のアプリで開くには、そのファイル タイプに使用するデフォルトのアプリを変更します。

Companion アプリのアイコンがシステムのツールバーに追加されます (例: )。Companion アプリを使用すると、いつでも Confluence でファイルを編集できます。このアプリを選択してコンピューターの起動時に開始するように設定することをおすすめします。


一部のアプリは、保存時にファイル形式を変更しようとしますしようとします (例: .docx から .odt)。アプリがデフォルトと同じ形式を使用せず、変更しようとした場合、これによって Atlassian Companion アプリに混乱が生じ、ファイルは自動では再アップロードされません。アプリでの編集は、Confluence で保存したときと同じ形式でファイルを保存する際に機能します。

最終更新日: 2020 年 10 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.