スパム対策のための Captcha (キャプチャ) 設定

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence サイトを公開している(匿名ユーザーにコメント追加やページ作成などを許可している)場合、コメントや新しいページの形をとって、自動化されたスパムが追加される可能性があります。

Confluence の設定により、ユーザーが以下の操作を行う前に、人間であることを証明するよう求めることによって、自動化されたスパムを阻止できます。

  • コメントの追加。
  • ページの作成。
  • ページの編集。
  • Confluence 管理者へのリクエスト送信。

「キャプチャ」は、人間をウェブ スパイダーやロボットなどの自動エージェントと区別する一種のテストです。キャプチャが有効になっている場合、歪んだ単語の画像がユーザーに表示され、先に進むにはテキスト フィールドにその単語を入力する必要があります。 

スクリーンショット:キャプチャ テストの例

By default, Captcha is disabled.  When enabled, the default is that only anonymous users will have to perform the Captcha test when creating comments or editing pages. You can also choose to enforce Captcha for all users or members of particular groups. You can raise a support request to have Captcha turned on in your instance if you have allowed anonymous users to comment or create content in Confluence. See Compare Atlassian cloud vs server for more information.

最終更新日 2015 年 8 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.