カレンダーのウォッチ

カレンダーのウォッチは、My Calendars ページに追加することなく、カレンダーの最新の変更内容を知ることができる便利な方法です。カレンダーをウォッチすると、次のイベントのいずれかが発生した場合にメール通知を受け取ります。

  • 新しいイベントが作成される
  • 既存のイベントが編集される
  • イベントが削除される
  • カレンダー全体が削除される

Confluence スペースをウォッチすると、そのスペースのすべてのカレンダーもウォッチされるため、チームやプロジェクトのカレンダーを手動でウォッチする必要はありません。

カレンダーをウォッチする

カレンダーをウォッチするには、カレンダー名の右側にある、[ウォッチ] の順に選択します。通知がメール アドレスに送られます。

カレンダーのウォッチを中止する

カレンダーの変更に関するメール通知の受け取りを希望しない場合、カレンダーのウォッチを中止できます。

カレンダーのウォッチを中止するには、カレンダー名の右側にある、[ウォッチの中止] の順に選択します。

メニューに「ウォッチ」と表示される場合、カレンダーが組み込まれたページ、またはカレンダーに関連するスペースのいずれかをウォッチしているため、カレンダーをウォッチしていることになります。このような場合にウォッチを中止するには、カレンダーを含む関連ページやスペースのウォッチを中止する必要があります。

管理者は、カレンダーを直接視聴しているユーザーのみに通知を制限できます。 > [一般設定] > [Team Calendars] に移動し、[Don't notify space or page watchers (スペースまたはページ ウォッチャーに通知しない)] を選択します。


Team Calendars for Confluence が Confluence Data Center の一部になりました。
このページで説明する機能にアクセスするには、Confluence Data Center 7.11 以降にアップグレードしてください。アップグレードがまだできない場合、現在の Data Center のバージョンに応じて、最新バージョンのアプリをインストールすることで (
無償で) これらの機能にアクセスできます。すべての詳細については、FAQ をご覧ください。

最終更新日: 2021 年 2 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.