ダウンタイムなしで API によって Confluence クラスタをアップグレード

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このドキュメントでは、API 呼び出しを使用してローリング アップグレードを開始および確定する方法について説明します。このアップグレード方法は、メンテナンス タスク (アップグレードなど) を調整するためのスキルと自動化ツールを持つ管理者に適しています。

ローリング アップグレードの概要 (計画および準備情報を含む) については、ダウンタイムなしで Confluence をアップグレードを参照してください。 

API のリファレンス

ローリング アップグレード プロセス全体は、次の API によって管理されます。

http://<host>:<port>/rest/zdu/cluster/zdu/

この API では、次の呼び出しを使用します。

クラスタのステータスの概要を確認します。
アップグレード モードを有効化します。
クラスタのステータスを取得します。 
実行中のタスクの数を含む、ノードのステータスの概要を取得します。
アップグレード モードを無効化します。このコールは、アップグレードの進捗が MIXED でない場合にのみ使用できます。
すべてのノードがアップグレードされたら、ローリング アップグレードを終了します。これにより、アップグレード モードが無効化されます。

各 API 呼び出しの詳細については、Confluence REST API ドキュメントを参照してください。

ローリング アップグレードの開始

ローリング アップグレードを開始するには、最初にローリングアップ グレードを有効にします。これを行うには、次のものを使用します。

http://<host>:<port>/rest/zdu/cluster/zdu/start

アップグレード モードを有効にすると、クラスタは、新しいバグ修正バージョンを実行しているノードを受け入れることができます。これにより、1 つのノードをアップグレードし、そのノードを (アップグレードされていない他のノードとともに) クラスタに再追加できます。アップグレードされたアクティブ ノードとアップグレードされていないアクティブ ノードの両方が連携して、Confluence をすべてのユーザーが使用できるようにします。

まだノードをアップグレードしていない場合、アップグレード モードを無効化できます。

各ノード個別アップグレード

ノードをアップグレードする前に、そのノードの Confluence をグレースフル シャットダウンする必要があります。これを行うには、オペレーティング システムと設定に対応する停止スクリプトを実行します。グレースフル Confluence シャットダウンの詳細については、こちらをご覧ください

たとえば、Linux に Confluence をサービスとしてインストールしている場合は、次のコマンドを実行します。

$ sudo /etc/init.d/confluence stop

ノードで Confluence をアップグレードした後、ノードが Active ステータスに移行するまで待ってから、別のノードをアップグレードします。

ノード ステータス

ノードのステータスを取得するには、次のものを使用します。

http://<host>:<port>/rest/zdu/cluster/zdu/nodes/<nodeID>

ACTIVEConfluence はクラスタに接続され、エラーなしで実行されます。 
STARTINGConfluence はまだロード中であり、完了したら Active に移行する必要があります。
TERMINATINGConfluence がグレースフル シャットダウンされ、完了したら Offline に移行する必要があります。
OFFLINEConfluence がどのノードでも応答していません。アップグレード モードが無効になった後もオフラインのままであれば、このノードはクラスタから完全に削除されます。
エラーノード上の Confluence で何か問題ありました。

クラスタ ステータス

クラスタのステータスを取得するには、次のものを使用します。

http://<host>:<port>/rest/zdu/cluster/zdu/state

STABLEアップグレード モードをオンにできます。 
READY_TO_UPGRADE

アップグレード モードは有効ですが、まだアップグレードされたノードはありません。最初のノードのアップグレードを開始できます。 

mixed少なくとも 1 つのノードがアップグレードされていますが、アップグレードが完了していないノードがあります。クラスタに、異なる Confluence バージョンを実行しているノードがあります。次のステータス (READY_TO_RUN_UPGRADE_TASKS) に移行するには、すべてのノードを同じバグ修正バージョンにアップグレードする必要があります。
READY_TO_RUN_UPGRADE_TASKS

すべてのノードがアップグレード済みです。ローリング アップグレードを完了できます。

http://<host>:<port>/rest/zdu/cluster/zdu/approve

アップグレード モードを有効化または無効化する

すべてのノードが以下に場合、アップグレード モードを無効化できます。
  • まだアップグレードされていない
  • エラー状態になっている

アップグレードされたノードがクラスタに参加するか、ノードがエラー状態になると、クラスタのステータスは Mixed に変わります。 

アップグレード モードが無効になっている Mixed ステータス

アップグレード モードが無効のノードが Error 状態の場合、アップグレード モードを有効にすることはできません。問題を修正するか、クラスタからノードを削除して、アップグレード モードを有効にします。 

トラブルシューティング

ローリング アップグレード中のノード エラー

ノードのステータスが Error になった場合、アップグレード中に問題が発生しています。いずれかのノードが Error ステータスの場合、ローリング アップグレードを完了できません。ただし、クラスタ ステータスが Ready to upgrade である場合、アップグレード モードを無効化できます。

対処方法はいくつかあります。

  • ノードで Confluence をグレースフル シャットダウンします。これにより、ノードがクラスタから切断され、ノードが Offline ステータスにトランジションできるようになります。

  • Confluence を正常にシャットダウンできない場合は、ノードを完全にシャットダウンしてください。

すべてのアクティブ ノードがアップグレードされたら、ローリング アップグレードを完了できます。問題のあるノードの問題を後で調査し、エラーに対処したら、クラスタに再接続できます。

ロード バランサーを使用してクラスタからノードを切断する

ノード エラーによって Confluence をグレースフル シャットダウンできない場合は、ロード バランサーを使用してクラスタからノードを切断してみてください。次の表に、一般的なロード バランサーでこれを行う方法を示します。

NGINX

NGINX は、アップストリーム ディレクティブを介してクラスタ ノードのグループを定義します。ロード バランサーがノードに接続できないようにするには、対応するアップストリーム グループからノードのエントリを削除します。ngx_http_upstream_module モジュールのアップストリーム ディレクティブの詳細をご確認ください。

HAProxy

HAProxy で、ノードへのトラフィックをすべて無効にするには、maint 状態にします。

set server <node IP or hostname> state maint

サーバーの管理状態の強制の詳細をご確認ください。

apache

ノード (または「ワーカー)」 を無効にするには、そのアクティブ化メンバー属性を disabled に設定します。Apache における高度なロード バランサー ワーカー プロパティの詳細をご確認ください。

Azure アプリケーション ゲートウェイAzure の Confluence Data Center 用のデプロイ テンプレートを提供しています。このテンプレートは、ロード バランサーとして Azure Application Gateway を使用しています。Azure Application Gateway は、各ノードをバックエンド プール内のターゲットとして定義しています。ノードの対応するエントリを削除するには、バックエンド プール編集インターフェイスを使用します。バックエンド プールからのターゲットの追加 (および削除) の詳細をご確認ください

アップグレード中またはアップグレード後にトラフィックが不均一に分散しています

ロード バランサーによっては、新しくアップグレードされたノードに、不均一な数のアクティブ ユーザーを送信する方法が採用される場合があります。この場合、ノードが過負荷になり、ノードにログインしているすべてのユーザーの Confluence が遅くなる可能性があります。

この問題に対処するには、ノードをクラスタから一時的に切断することもできます。これにより、ロード バランサーは、他のすべての利用可能なノード間でアクティブなユーザーを再分配します。その後、クラスタにノードを再度追加できます。

ノードが起動しません 

ノードの Offline または Starting 状態が長すぎる場合は、ノード上で Confluence を直接トラブルシューティングする必要があります。関連情報については、Confluence の起動の問題のトラブルシューティング を参照してください。

最終更新日: 2020 年 12 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.