Confluence セットアップガイド

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下に説明するように、Confluence のセットアップウィザードを開始する前に、Confluence インストールガイドを完了しておく必要があります。

ユーザーのウェブブラウザーから Confluence に初めてアクセスすると、Confluence セットアップウィザードが開始されます。これは、ユーザーサイトの Confluence に必要な設定を行うための一連の画面です。また、以前にインストールした Confluence からのデータの取得や復元を簡便に行う手段も提供します。また、以前にインストールした Confluence からのデータの取得や復元を簡便に行う手段も提供します。

1. セットアップウィザードの開始

  1. Confluence まだ実行していない場合は開始します。
    Windows の場合、[スタート] > [すべてのプログラム] > [Confluence] > [Confluence サーバーを開始する] に進みます。
    または、インストール ディレクトリの bin フォルダで次の起動スクリプトを実行します。
    • start-confluence.bat (Windows)。
    • start-confluence.sh (Linux ベースのシステム)。
  2. ご使用のブラウザで http://localhost:8090/ に移動し、
    インストール時に別のポートを選択した場合は、 「8090」を指定したポートに変更します。
    エラーになる場合、インストール時に指定したポートをしているかどうかを確認します。

このページの内容:

2. インストールのタイプとアドオンの選択

このステップでは、トライアル版のインストールまたは本番環境インストールのいずれかを選択します。

  • トライアル版のインストール
    組み込みの H2 データベース、既定の設定およびサンプル コンテンツを使用して Confluence をセットアップし、開始します。
    本番環境のシステムとして Confluence を使用する前に、サポートされている外部データベースへの移行が必要となります。このオプションは、テスト運転用に Confluence を使用する場合にお勧めします。
     
  • 本番環境インストール
    独自の外部データベースを使用して Confluence をセットアップします。このオプションは、本番環境で Confluence を設定する場合にお勧めします。   

Questions または Team Calendars for Confluence が含まれるライセンス バンドルを購入した場合 (またはこれらのアドオンを試したい場合)、セットアップウィザードでこれらのアドオンを自動的にインストールすることができます。自動でインストールしたいアドオンを選択してください。

3. ライセンスキーの入力 

プロンプトに従って評価版ライセンスを生成するか、既存のライセンスキーを入力します。既存のライセンスキーを取得するには、my.atlassian.com に進みます。新しい商用ライセンスを購入するには、my.atlassian.com/purchase に進みます。

前のステップで 試用版のインストール を選択した場合、Confluence はライセンスを生成した後、組み込みのデータベースを作成します。この処理には数分かかります。完了したら、下記の ステップ 8 に進みます。    

本番環境インストールを選択した場合、次のステップに進み、外部データベースを設定します。 

4. 本番環境インストール: データベースの設定

次は、データベースの設定です。以下に考慮事項を挙げます。

  • サポート対象プラットフォーム 一覧をチェックして、 選択したデータベースとバージョンがサポート対象であることを確認します。
  • UTF-8 文字エンコード要件など、データベースの設定に関する情報は、データベース設定 を参照してください。 
  • 本番環境システムとして Confluence を使用する場合、外部データベースを使用する必要があります。 
  • 組み込みの H2 データベース オプションは、Confluence の評価またはデモンストレーションのために利用できますが、本番環境では使用できません。このオプションを選択する場合、後で外部データベースに移行する必要があります。 

スクリーンショット: データベースの設定


5. 本番環境インストール: 外部データベース

作業を開始する前に

  • 文字のエンコード:
    • 文字のエンコードは、データベース、アプリケーションサーバー、ウェブアプリケーション間で統一し、かつ UTF-8 を使用することを強く推奨します。
    • データベースの設定を行う前に、 文字エンコードの設定についてをお読みください。
  • データベース名: 新しい外部データベースを作成するときは、名前を 'confluence' としてください。

Confluence とデータベースを接続する方法として、 JDBC 直接接続とサーバー管理データソース接続のいずれかを選択します。

スクリーンショット: 接続オプション

直接 JDBC

標準の JDBC データベース接続を使用します。接続プールは Confluence 内で管理します。

  • ドライバー クラス名 – 使用するデータベースドライバーの Java クラス名です。これは使用する JDBC ドライバーに依存しますので、データベースの説明書で確認してください。なお、 Confluence にもいくつかのデータベースドライバーが組み込まれていますが、組み込まれていないドライバーはユーザー自身でインストールする必要があります。詳細は「 データベース JDBC ドライバー 」をご覧ください。
  • データベース URL – 接続先データベースの JDBC URL です。これは使用する JDBC ドライバーに依存しますので、データベースの説明書で確認してください。
  • ユーザー名およびパスワード – Confluence がユーザーのデータベースにアクセスするために使用できる有効なユーザー名とパスワードです。

以下の情報も必要になります:

    • Confluence が管理する接続プールのサイズ。不明な場合は標準値を使用してください。
    • 接続先データベースの種類。これによって Confluence が使用する言語を指定します。

データソース

これは、アプリケーションサーバー (Tomcat) を経由してデータベースに接続する方法です。アプリケーションサーバーのデータソースはあらかじめ設定しておく必要があります。外部データベースの設定については、「データベース設定」を参照してください。

  • データソース名 - アプリケーション サーバーで設定されている、データソースの JNDI 名です。
    注意: jdbc/datasourcename などの JNDI 名を持つサーバーも、 java:comp/env/jdbc/datasourcename などを持つサーバーもあります。アプリケーション サーバーのドキュメントをご確認ください。

以下の情報も必要になります:

  • 接続先データベースの種類。これによって Confluence が使用する言語を指定します。

6. 本番環境インストール: コンテンツの読み込み

用意されているいくつかのデモンストレーション コンテンツを使用すると、新しい Confluence サイトの開始に役立ちます (これらのコンテンツは稼働開始後に削除できます)。または、空のサイトで続行してもかまいません。コンテンツを追加できるようにするには、まず、新しいサイトにスペースを作成する必要があります。 

別の Confluence インストール環境から移行する場合は、バックアップから復元を選択して、既存の Confluence データをインポートします。 

7. 本番環境インストール: バックアップからのデータの復元

このオプションを利用すれば、セットアップ プロセスの過程で、既存の Confluence インストールからデータをインポートできます。 この操作を行うには、既存の Confluence インストールの マニュアル バックアップ ファイルが必要となります(既存の Confluence サイトの管理コンソール内の バックアップと復元 に移動します)。 

スクリーンショット:データオプションの復元

データの復元方法は 2 通りあります - ファイルをアップロードする、または、ご利用のファイルシステムから復元する。 

  • バックアップファイルをアップロード

    このオプションでは、zip形式のバックアップファイルからデータをロードします。バックアップファイルのサイズが非常に大きい場合は、ファイルシステムから復元することをすすめします。プロンプトにしたがってバックアップファイルを開きます。検索インデックスを生成するため、確実に インデックスを作成 を選択してください。 

  • ファイルシステムからバックアップファイルを復元
    バックアップファイルが非常に大きい場合(100 mb 以上)または、バックアップファイルがすでに同じサーバー内に存在する場合は、このオプションの選択を推奨します。 

    XML バックアップ ファイルを <confluence-home>/restore ディレクトリにコピーします。バックアップ ファイルが一覧に表示されます。プロンプトにしたがってバックアップを復元します。検索インデックスを生成するため、[インデックスを作成] を選択するようにします。 

復元処理が完了すると、Confluence にログインできるようになります。以前にインストールした Confluence から、システム管理者のアカウント情報をはじめとするすべてのユーザーデータとコンテンツのインポートが完了します。 

8. ユーザー管理の設定 

Confluence のユーザーおよびグループは、Confluence 内部か、Jira Software や Jira Service Desk などの Jira アプリケーションで管理できます。

  • Jira アプリケーションをインストールしていなかったり、後で外部のユーザー管理を設定したい場合は、Confluence のユーザーとグループの管理を選択します。
  • Jira アプリケーションをインストール済みの場合、セットアップウィザードで Jira 接続を自動設定する機会があります。これは、ほとんどのオプションを標準条件とした状態で Jira との連携を設定するためのものです。Jira のユーザーディレクトリが Confluence で使用できるように構成され、Jira と Confluence の間で相互にアプリケーション リンクが設定されるため、データを容易に共有できます。Jira に接続 を選択してください。

9. Jira アプリケーションへの接続

以下の情報を入力します:

  • Jira ベース URL - ご使用の Jira サーバーのアドレス。例: http://www.example.com:8080/jira/http://jira.example.com

  • Jira 管理者ログイン- ご使用の Jira アプリケーションで Jira システム管理者グローバル権限を持つユーザーアカウントのユーザー名とパスワード。

    Confluence は、このユーザー名とパスワードを使用してローカル管理者アカウントも作成します。Jira が使用できない場合でもこのアカウントで Confluence にアクセスできます。このシングルアカウントは、Confluence の内部ユーザー ディレクトリに保管されるため、Jira でパスワードを変更しても、Confluence 側で自動的に更新されることはありません。
  • Confluence ベース URL - この URL を使用して、Jira はご使用の Confluence サーバーにアクセスします。ここで指定する URL は、Jira アプリケーションに接続するために、Confluence で指定されたベース URL をオーバーライドします。
  • ユーザー グループ - これらの Jira グループのメンバーには、Confluence の使用が許可されることになります。これらのグループのメンバーは、Confluence の「使用可」権限を付与され、Confluence ライセンスでカウントされます。既定のユーザー グループ名は、次のように Jira バージョンによって異なります。
    • Jira 6.4 以前: jira-users 
    • Jira Software 7.x 以降: jira-software-users
    • Jira Core 7.x 以降: jira-core-users
    • Jira Service Desk 3.x 以降: jira-servicedesk-users
  • 管理グループ – Confluence への管理アクセス権を持つメンバーを含む Jira グループを 1 つ以上指定します。既定のグループは jira-administrators です。これらのグループは、Confluence でシステム管理者および Confluence 管理者のグローバル権限を付与されます。

詳細説明とトラブルシューティングについては、セットアップウィザードでJira統合の構成をご覧ください。

10. システム管理者アカウントの設定

システム管理者は Confluence インスタンスに関するすべての管理権限を持ちます。システム管理者は、ユーザーの追加、スペースの作成、Confluence に追加のオプション設定を行うことができます。詳細情報は、グローバル権限の概要参照してください。

tip/resting Sketch で作成されました。 ヒント: Confluence の評価を行う場合は、自分自身を管理者にします。 

Jira アプリケーションにユーザー管理を代行させた場合、アトラシアンは、ユーザーが指定した Jira システム管理者アカウントを Confluence のシステム管理者アカウントとして使用します。 

11. 設定完了

Confluence が利用できるようになりました。 スタート をクリックし、Confluence を開きます。

管理コンソールに直接アクセスしてメールサーバーの設定、ユーザーの追加、ベース URL の変更、その他の管理者タスクを行う場合は、詳細設定 を選択します。 

最終更新日 2018 年 3 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.