"解決状況" フィールドの使用のベスト プラクティス

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

管理者向け

以降の手順は Jira 管理者が実行することを想定しています。Jira ユーザーは、この記事で説明している管理セクションにアクセスすることはできません。

目的

"解決状況" フィールドは、Jira の重要な機能です。課題がクローズされた理由を示し、この理由を説明するために複数のステータスを用意する必要性を排除します。これによってチームに重要なデータを保持し、ワークフローの管理に必要な時間を削減します。

Jira では "解決状況" フィールドに値が含まれると、課題はライフサイクルの終端に到達したとみなされます。

"未解決" / "なし" という名前の解決状況を作成しないでください

解決状況フィールドが設定されているすべての課題は、Jira アプリケーションで "解決済み" とみなされます。課題に解決状況が設定されていない場合、課題ナビゲーターでは "未解決" と表示されます。このため、"未解決" / "なし" という名前の解決状況を追加してそれを課題に設定すると、その課題が未解決のように表示されてしまいます。これは混乱を招くため、使用しないことを強くおすすめします


Jira には、"解決状況" フィールドに依存する多数のネイティブ機能があります。次のようなものがあります。

  • ボードでの課題キーの取り消し線表示
  • 課題のレポート (例: 作成済 vs 解決済)
  • システム フィルター (例: オープンな課題)

チームで Jira を活用して自社の潜在能力を発揮するには、"解決状況" フィールドをベスト プラクティスに従って使用することが重要です。


チームで Jira をナビゲートしたり、Jira で作業したりするときに、不審な挙動が確認される場合があります。このようなシナリオには次のようなものがあります。

  • ボードで "進行中" 列にある課題に取り消し線が表示されている
  • "作成済 vs 解決済" レポートに期待した結果が表示されない
  • "オープンな課題" に 完了 ステータス カテゴリの課題が表示されている

このような挙動が確認された場合、ご利用の Jira Cloud インスタンスで "解決状況" フィールドがベスト プラクティスにしたがって構成されていない可能性が強く疑われます。

Jira 管理者はいくつかの JQL クエリを実行して、インスタンスで "解決状況" フィールドがベスト プラクティスにしたがって構成されているかどうかを確認できます。

すべてのプロジェクトへのアクセスを確認

ご利用の Jira Cloud インスタンスのすべてのプロジェクトでプロジェクトの参照権限を持っていることを確認します。これが未確認の場合、トラブルシューティングが必要なすべての課題に対応できない可能性があります。



解決状況を持たない、クローズ済みの課題
statuscategory = Done and resolution is EMPTY

これは、課題のライフサイクルの終端にあると見なされるステータスの課題に解決状況が設定されていないことを示します。


解決状況を持つ、進行中の課題
statuscategory != Done and resolution is not EMPTY

これは、課題のライフサイクルの途中にある課題に、解決状況がすでに関連付けられていることを示します。


ベスト プラクティスの確認

両方のクエリで結果が返されないことが理想的です。この場合、ご利用の Jira Cloud インスタンスで課題に解決状況が適切に設定されています。

いずれかのクエリで結果が表示された場合、以降のソリューションのいずれかを利用することをご検討ください。


ソリューション

以降の手順は、現在の課題に解決状況フィールドが誤って設定されるのを防ぐためのものです。

解決状況フィールドの設定は、主に 2 つの方法で行えます。
(この手順では、関連するワークフローの最後のステータスが 完了 であると見なします)

"完了" ステータスに向かうトランジションに事後操作を作成し、解決状況に値を設定する

  1. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「プロジェクト」と入力します。
  2. 関連するプロジェクトを見つけ、右側の端で [その他 •••] をクリックし、[プロジェクト設定] をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで [ワークフロー] をクリックします。
  4. 関連するワークフローを見つけ、右端の鉛筆アイコンをクリックして編集します。
  5. "完了" ステータスへのトランジションを選択します。
  6. [事後操作] をクリックします。
  7. 右端で [事後操作を追加] をクリックします。
  8. [課題フィールドの更新] を選択し、[追加] をクリックします。
  9. [課題フィールド] で [解決状況] を選択します。
  10. 関連する [フィールド値] を選択し、[追加] をクリックします。
    1. "完了" ステータスに到達するすべてのトランジションでステップ 5 から 10 を繰り返す必要があります。
  11. ワークフローの下書きを公開します。

解決状況フィールドを持つ画面を作成し、その画面を "完了" ステータスへのトランジションにマッピングする

  1. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「画面」と入力します。
  2. 右上の [画面を追加] をクリックします。
  3. 画面に名前を設定し、[追加] をクリックします。
  4. [フィールドの選択...] ドロップダウン メニューをクリックして [解決状況] を選択します。
  5. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「プロジェクト」と入力します。
  6. 関連するプロジェクトを見つけ、右側の端で [その他 •••] をクリックし、[プロジェクト設定] をクリックします。
  7. 左側のサイドバーで [ワークフロー] をクリックします。
  8. 関連するワークフローを見つけ、右端の鉛筆アイコンをクリックして編集します。
  9. "完了" ステータスへのトランジションを選択し、[編集] をクリックします。
  10. [画面] セクションで、新しく作成した画面を選択し、[保存] をクリックします。
    1. "完了" ステータスに到達するすべてのトランジションでステップ 9 と 10 を繰り返す必要があります。
  11. ワークフローの下書きを公開します。
tip/resting Created with Sketch.

違いについて

これらの 2 つの方法の基本的な違いは、事後操作を使用する方法では解決状況は事前設定済みの値に自動的に設定されるが、画像の方法ではユーザーが解決状況の値を選択できることです。

再オープンのトランジションや、すべてのステータスから到達可能なステータスがあった場合、"解決状況" フィールドの値をクリアする事後操作を作成する必要があります。これを実現するには、次の手順を実行します。

  1. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「プロジェクト」と入力します。
  2. 関連するプロジェクトを見つけ、右側の端で [その他 •••] をクリックし、[プロジェクト設定] をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで [ワークフロー] をクリックします。
  4. 関連するワークフローを見つけ、右端の鉛筆アイコンをクリックして編集します。
  5. "再オープン" するトランジションを選択します。
  6. [事後操作] をクリックします。
  7. 右端で [事後操作を追加] をクリックします。
  8. [フィールド値をクリア] を選択し、[追加] をクリックします。
  9. [フィールド] で [解決状況] を選択し、[追加] をクリックします。
    1. すべての再オープン トランジションでステップ 5 から 9 を繰り返す必要があります。
  10. ワークフローの下書きを公開します。

以降の手順は、解決状況フィールドが誤って設定された過去の課題を修正するためのものです。

"クローズ済み" の課題に解決状況フィールドを設定するには、次の手順を実行します。

  1. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「プロジェクト」と入力します。
  2. 関連するプロジェクトを見つけ、右側の端で [その他 •••] をクリックし、[プロジェクト設定] をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで [ワークフロー] をクリックします。
  4. 関連するワークフローを見つけ、右端の鉛筆アイコンをクリックして編集します。
  5. [+ トランジションを追加] をクリックします。
  6. ソース ステータスを [すべてのステータス] に、ターゲット ステータスを [それ自体] に設定します。
  7. 名前を適宜設定し (例: "解決状況を設定")、[追加] をクリックします。
  8. ページを更新します
  9. 新しく作成されたトランジションを選択し、[事後操作] をクリックします。
  10. 右端で [事後操作を追加] をクリックします。
  11. [課題フィールドの更新] を選択し、[追加] をクリックします。
  12. [課題フィールド] で [解決状況] を選択します。
  13. 関連する [フィールド値] を選択し、[追加] をクリックします。
    1. このトランジションの使用は特定のユーザーに制限することをおすすめします。
  14. 新しく作成されたトランジションを選択し、[条件] をクリックします。
  15. 右側の端で [条件を追加] をクリックします。
  16. [グループに属するユーザー ] を選択し、[追加] をクリックします。
  17. 関連するグループ (例: "administrators") を選択し、[追加] をクリックします。
    1. ワークフローの下書きを公開することを忘れないようにします。

"進行中" または "To Do" の課題の解決状況フィールドをクリアするには、次の手順を実行します。

  1. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「プロジェクト」と入力します。
  2. 関連するプロジェクトを見つけ、右側の端で [その他 •••] をクリックし、[プロジェクト設定] をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで [ワークフロー] をクリックします。
  4. 関連するワークフローを見つけ、右端の鉛筆アイコンをクリックして編集します。
  5. [+ トランジションを追加] をクリックします。
  6. ソース ステータスを [すべてのステータス] に、ターゲット ステータスを [それ自体] に設定します。
  7. 名前を適宜設定し (例: "解決状況をクリア")、[追加] をクリックします。
  8. ページを更新します
  9. 新しく作成されたトランジションを選択し、[事後操作] をクリックします。
  10. 右端で [事後操作を追加] をクリックします。
  11. [フィールド値をクリア] を選択し、[追加] をクリックします。
  12. [フィールド] で [解決状況] を選択し、[追加] をクリックします。
    1. このトランジションの使用は特定のユーザーに制限することをおすすめします。
  13. 新しく作成されたトランジションを選択し、[条件] をクリックします。
  14. 右側の端で [条件を追加] をクリックします。
  15. [グループに属するユーザー ] を選択し、[追加] をクリックします。
  16. 関連するグループ (例: "administrators") を選択し、[追加] をクリックします。
    1. ワークフローの下書きを公開することを忘れないようにします。

注: "すべてのステータス" から "それ自身" へのトランジションが、ワークフローの下書きの公開後も利用できない場合があります。この状態になった場合は次の手順を実行します。

  1. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「ワークフロー」と入力します。
  2. 関連するワークフローを見つけ、それをコピーします (適宜名前を変更します)。
  3. キーボードで g キーを 2 回入力する (gg) か、ピリオド キー (.) を入力して、「ワークフロー スキーム」と入力します。
  4. 関連するワークフロー スキームを見つけ、[編集] をクリックします。
  5. [ワークフローの追加] > [既存の追加] をクリックします。
  6. 新しくコピーしたワークフローを選択し、[次へ] をクリックします。
  7. 関連する課題タイプを選択し、[終了] をクリックします。
  8. [公開] をクリックして、ワークフロー スキームの下書きを公開します。
    1. ステータスの削除は行われていないため、この変更による目に見える影響はありません。

ここから課題を一括トランジションして解決状況の値を修正できます。

一括操作の権限

一括トランジションのステップを行う前に、一括変更を実行グローバル権限が付与されていることを確認します。



最終更新日 2019 年 5 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.